【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

「アプリケーションの運用をスムーズに行いたい」などとお考えではないでしょうか。アプリケーションやシステムの運用は企業にとって欠かせないものであり、不具合を防ぎたいところです。

そこで本記事ではAPMに関する基本知識やツールの選び方などをご説明します。アプリケーションを効率的に運用したい場合は、ぜひご覧ください。

APMとは

APMとは「Application Performance Management」の頭文字をとった略語です。日本語ではアプリケーションパフォーマンスマネジメントなどと呼びます。アプリケーションやシステムの機能を管理・監視することを意味します。

近年、多くの企業でデジタル化が進んでおり、複数のアプリケーションやシステムを導入しています。作業効率や顧客満足度を低下させないように、一定のパフォーマンスの維持が必要となりAPMに注目が集まりました。

APMの重要性

近年、APMの重要性が高まっています。先述のとおり、多くの企業がデジタル化に着手していますが、複数のアプリケーションを稼働させるとシステムのトランザクションが複雑化します。

結果として大きな負荷がかかり、不具合が生じるケースがあるのです。アプリケーションに不具合が生じると、作業効率や顧客満足度の低下を引き起こします。最終的には企業の利益を損なうことが考えられます。

しかしながら、システムやアプリケーションを個別に管理すると、特に問題がないケースがあります。原因の解明が難しい場合があり、APMツールを活用するケースが増えたのです。

APMツールのメリット・デメリット

ここからはAPMの特徴を踏まえてメリットやデメリットをご紹介します。

メリット

APMツールを使うことでアプリケーションのパフォーマンス低下を防ぎます。Webサイトの運用ならば表示速度が遅いとユーザビリティが低下して、Googleから評価されなくなります。ページの表示速度の速さは顧客満足度につながることから、ツールを使って改善することが有効なのです。

また、アプリケーションに不具合が生じたときにも迅速に対応できます。APMツールはシステムやアプリケーションを継続的に監視するため、問題が発生するとスムーズに原因究明ができるのです。

デメリット

APMツールは運用のための知識が必要です。APMツールはあくまでもデータを表示するだけで、不具合を直接的に解決するわけではありません。

APMツールから得たデータを分析するには、アプリケーションやシステムの知識が必要です。アプリケーションの運用担当者の知識がなければ、ツールを導入しても十分な機能を果たせない場合があります。

また、ツールの導入には費用がかかります。機能性などによって費用が変わるため、予算に応じて選ぶ必要があります。

APMツールの選び方

APMツールを選ぶときは、以下の4点に着目してみましょう。

必要な機能が備わっているか

大前提として自社のアプリケーションやシステムをアンリするために必要な機能が備わっているかが重要です。安価だからと言って導入しても必要な機能がなければ意味をなしません。課題を解決できる機能があるかどうかを中心に見極めていきましょう。

費用面

APMツールの導入には費用がかかります。特にAPMツールは継続利用が前提ですので、中長期的な視点でランニングコストを検討する必要があります。機能面と予算の両面から複数のツールを比較・検討してください。

使いやすさ

ツールによってUIもさまざまです。ただし、操作が難しいツールを選んでしまうと、効果的な運用ができないでしょう。実際にツールを使う担当者の意見を聞きながら、できるだけ使いやすいツールを選んでください。

サポート体制

APMツールは導入して終わりではありません。継続的に運用をしていく必要があります。そのため、トラブルが発生したときのサポート体制も確認したいところです。困ったことにスムーズに対応してくれるツールであれば、安心して運用ができます。

APMツールおすすめ5選

APMツールは多岐にわたりますが、おすすめのツールを5つご紹介します。

JENNIFER

JENNIFERは、国内外問わず導入実績が豊富なツールです。リアルタイムモニタリングや個別トランザクション分析などの機能があります。リアルタイムモニタリングでは、画面ひとつで全体の状況が確認できます。

JENNIFERはこちら

New Relic

New Relicは、オンプレミスからクラウドまでのあらゆるデータを1つに統合してデータを可視化できます。リアルタイムモニタリング、リアルタイムアラートなどの機能があります。リアルタイムの情報を取得したい場合には向いているでしょう。

New Relicはこちら

Site24×7

Site24×7は、SaaS型のオールインワン監視ツールとして、Webサイト監視やアプリケーション監視に強みがあります。ネットワーク監視なども可能です。スモールスタートで導入したい場合に適するツールです。

Site24×7はこちら

Dynatrace

Dynatraceは、HITACHIやJTBなど国内の有名企業が導入しているツールです。AI分析、ログ解析、ユーザー行動解析などができます。従来のツールとは異なり、フルスペックのアプリケーション機能管理などを実現しています。

Dynatraceはこちら

Amazon CloudWatch

Amazon CloudWatchは、AWS(アマゾンウェブサービス)が提供するツールです。重要なメトリクスとログの監視、機械学習による異常検知などができます。スタック全体のモニタリングができて、自動アクションもできます。

Amazon CloudWatchはこちら

APMを理解しよう

アプリケーションやシステムの運用でトラブルを防ぎたいときは、APMツールの導入をご検討ください。自社に必要な機能を見極め、予算も踏まえて最適なツールを選びましょう。本記事でご紹介したツールも視野に入れてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?