【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

インターネットの世界では検索行動が当たり前になっています。分からないことがあれば「とりあえず検索する」という時代です。そのため、オンライン上でのSEO対策は企業にとって欠かせません。

それに、ここ最近は、動画広告に力を入れる企業が増加しておりSEOだけではなくVSEOが重要視されています。

今回はVSEOの意味からやり方まで細かく説明していきます。

1.VSEOとはなにか?

インターネット集客に欠かせないSEOは「Search Engine Optimization」の略称ですが、それに対してVSEOは「Video Search Engine Optimization」を縮めた呼び名です。つまりVSEOとは「動画における検索エンジンの最適化」です。

SEOの概要に準じ、「動画広告の露出を増やすための施策」と考えるとわかりやすいかもしれません。

2.VSEOの重要性とは

SEOとともに、今後はVSEOも重要度の高い取り組みになっていくでしょう。この章では、VSEOの重要性について解説をします。

2-1.動画広告は「見られやすく効果的」であるため

静止画やテキストの広告と比較し、動画広告は短くてもより多くの情報量を盛り込めるのが最大の特徴です。そのためCVにもつながりやすくなります。だからこそ動画コンテンツの普及とともに企業も動画広告への参入に積極的になっています。

そこで、VSEOを最適化できればより多くの人に動画を届けられるため注目されているのです。

2-2.通信高速化により動画視聴がより一般化するため

2020年からスタートした高速通信の「5G」は、動画の視聴を変えると言われています。従来はモバイル通信利用において動画を非表示にするユーザーも数多くいましたが、今後は動画視聴の敷居がますます下がると考えられます。

テキストや静止画コンテンツを眺めるように、すべてのユーザーが動画を気軽に再生できる時代が訪れつつあります。それに伴い、動画広告もさらに数多く視聴される時代になるでしょう。

そこで早めにVSEOで動画の最適化を測る企業が増えているのです。

3.VSEO対策のポイント

Googleで検索結果としても表示される動画は、VSEO対策をすることで検索結果の順位も上げることができます。

動画コンテンツの中でも、YouTubeはGoogleに続く世界2位の検索エンジンであり、Googleの動画検索結果でも表示されます。そのため、YouTubeでアップロードした動画を使用するのがおすすめです。理由は、ご存知のようにYouTubeはGoogleのグループ会社です。相関性も非常に高く認識されやすいからです。

動画コンテンツを使用する際は、一度Youtube内にアップ(公開)し、その動画リンクなどをコンテンツ内に表示させておくのがいいでしょう。

この章ではVSEOの具体的な対策について紹介をします。

3-1.目的を明確にする

動画に限らず言えることですが、この動画を見てもらう目的を明確にする必要があります。

何のために動画を作成し、どんなユーザ―に何を伝えたいのかまで明確に設定してから制作をしましょう。

3-2.タイトルにキーワードを入れる

SEOと同じ方法ですが、動画コンテンツでもキーワードは非常に重要です。

ユーザーが検索に使用するキーワードがタイトルに入っていることで表示されるようになるため、検索ユーザーの求めているキーワードを設定する必要があります。

3-3.説明文・タグにキーワードを入れる

また、タイトルだけでなく動画の説明文にもキーワードを入れてください。

動画はタグでまとめることができるため、タグを利用してサイト内検索での発見されやすくしたり、過去の動画を視聴しやすい環境を作りましょう。

特にYouTubeに動画をアップするときにタグを入れないと発見されることはほぼありませんので忘れずに入れておきましょう。

3-4.動画の最後は行動を促す

動画の最後は、「今すぐ注文する」「電話する」などアクションを起こさせるようなシナリオにしましょう。

アクションがないとCVRの向上に繋がらず目的を達成できない可能性が高くなります。ですので、最後も問い合わせ先の電話番号の表示やリンク先を張って視聴者がすぐにアクションできるようにしましょう。

4.VSEOの成功事例

この章では実際にVSEOに成功した事例を紹介します。自社で動画をアップしているけど効果が低いという担当者は参考にしてみてください。

4-1.YAMAHA「ぷりんと楽譜チャンネル」

YouTubeチャンネルのVSEO成功例として、YAMAHAの「ぷりんと楽譜チャンネル」が挙げられます。

このチャンネルは、自社の商品である楽譜を楽器で演奏し、概要欄からそのまま販売ページに飛ぶことができます。このように概要欄などに販売ページを貼ることで、ユーザーの動画視聴後の行動を促すことができ、販売促進に効果的です。

・YAMAHAのYouTubeチャンネル「ぷりんと楽譜チャンネル」

https://www.youtube.com/user/PRINTGAKUFU/

4-2.GoPro

海外のYouTubeチャンネル成功例としては「GoPro」があります。

このチャンネルでは自社の商品であるGoProで、実際に撮影した映像をユーザーに発信することで、ユーザーの購入意欲を増加させるのが狙いです。

また総額100万ドルの賞金を提示した、キャンペーンを開催するなど、ユーザーに魅力的な内容を発信しているため、販売促進に効果的な施策も打って成功に導いています。

・GoProのYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/GoProCamera/

5.まとめ

動画市場が拡大していく中で、企業やサービスは今後さらに動画コンテンツに力を注ぐことでユーザーを獲得しやすくなります。そのためにもVSEO対策を行うことは重要であり、ユーザーにとって有益な動画制作が必要です。

SEOと同様に、ユーザーファーストであることを忘れずに対策を行い、ユーザー目線から動画コンテンツを見直して制作をしてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?