【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

特定の場所を検索する際に使われるGoogle検索やGoogleマップ。その利用者が増えると同時に注目を集めたのがローカルSEOです。

今回はローカルSEOの概要からMEOとの違い、期待できる効果、対策方法をご紹介します。ローカルSEOに興味がある方はぜひチェックしてください。

1.ローカルSEOとは?

ローカルSEOは、特定の地域を指すキーワードで上位表示を目指す施策のことです。

たとえば「地域系+業種」で検索された際に、自社の「情報」を上位に表示させるように対策することを言います。通常、SEOと聞くとGoogle検索において、自社のWebサイトを上位に表示させる施策をイメージします。

ですが、ローカルSEOでは、基本的にGoogleマイビジネスを上位に表示させます。

つまり、ローカルSEOに取り組むなら、特定の地域を指すキーワードで自社のGoogleマイビジネスを上位化できるように対策していく必要があります。

2.ローカルSEOとMEOの違い

ローカルSEOと同時によく聞く施策が「MEO」です。

この二つの施策が同じような意味を指すため、混乱してしまうことは多いでしょう。

ローカルSEOはさきほどお話ししたように、Googleマイビジネスを上位に表示させる施策のことを指しますが、MEOも同じ意味です。実はMEOという言葉は日本独自のもの。海外では「ローカルSEO」と呼称されています。

よって、ローカルSEOもMEOも同じ施策だと考えておけばよいでしょう。

3.ローカルSEOのメリット・効果

ローカルSEOのメリット・効果は以下のようなことが考えられます。

  • 競合が少ない
  • 集客に直結しやすい
  • 費用対効果の高い集客ができる

ローカルSEOはSEOよりも対策の幅が狭いので、競合が少ない傾向にあります。その点でSEOに比べて集客のハードルは低くなります。低予算で始められるのも店舗オーナーにとってはメリットではないでしょうか。

このようなメリットや効果をわかっていると、より一層ローカルSEOを実践する意義が見えてくるでしょう。

3-1.競合が少ない

SEO対策は検索結果すべてに対して上位化を目指す施策ですが、ローカルSEOはローカル検索に限定されるため、競合は近郊店舗に絞られます。そのため競合性が低くなります。

そのため、競合が少ない分、対策の難易度も下がります。対策内容がローカル情報、口コミ対策、キーワード対策だけなのでSEO対策よりシンプルです。

3-2.集客に直結しやすい

特定の地域を検索するユーザーはその場所に行きたいから検索していることが多いので集客に直結しやすいといえます。

住所や店舗名、マップの他に電話ボタンがあるので、予約しやすい、つまりアクションに移りやすいのが要因といえるでしょう。

また、ローカルSEOによって自社のローカル情報が上位表示されると、ユーザーの目に触れる機会も増大します。直接的な集客ではありませんが、認知度をコツコツ高めていけば、中長期的な集客化につながります。

3-3.費用対効果の高い集客ができる

ローカル情報の情報源はGoogleマイビジネスです。したがって、Googleマイビジネスの登録は積極的行いたいものです。Googleマイビジネスの運用は無料で実施できます。(ただし、運用ツールなど利用する場合は別途費用がかかります。)

ローカル情報の精度によっては集客効果にも影響してくるため、成功すれば費用対効果の高い集客も可能となるでしょう。

4.基本的なローカルSEOの対策

では、ローカルSEO(=Googleマイビジネスの上位化)を成功させるためには、どのような対策をすればいいのでしょうか。

鍵となるのは以下の3つです。

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

この3つのポイントはGoogleが「ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み」として公開しています。つまり、Googleマイビジネスの上位化を目指すなら、「関連性」「距離」「知名度」の3つの対策をすればいいということになります。

但し、距離については検索位置と店舗の立地によって変わるシグナルのため、基本的に対策のしようがありません。しかし、関連性や知名度については、対策次第で順位決定にプラスの影響を与えるシグナルになると考えられています。

4-1.詳細かつ正確な情報を入力する

Googleマイビジネスのランキングは、検索キーワードとの関連性が高いものを上位に表示するしくみになっています。そのためGoogleマイビジネスの情報が充実していれば、関連性が高まり、良い評価を得やすくなります。

説明文をはじめ、住所、営業時間などなど、記載できる部分はすべて入力するようにしましょう。また、それらの情報を常に最新の情報にしておくことも重要です。

さらに、インターネット上に掲載されている情報と一致させることも大切になります(たとえば、媒体に掲載している住所と、Googleマイビジネスの住所が微妙に違うなどがないようにする)。

4-2.口コミの数を増やす

口コミはユーザーの意思決定を大きく左右します。ユーザーは実際に来店する店舗を決めるときに、ほかのユーザーの声を参考にする傾向にあるためです。したがって口コミが多ければ、店舗に対するユーザーの理解度が増し、集客効果を高めてくれます。

しかし口コミがもたらす働きはそれだけではありません。じつは、Googleマイビジネスの順位にも口コミは影響すると考えられているのです。特に重要になるのが口コミの数だと推測されています。

実際にGoogleも、

「Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。」引用:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

と口コミに関して言及しています。

口コミの数が多ければ、必然的に店舗に関する情報が多くなります。それが検索キーワードとの関連性を高められることにつながります。それに加え、良い口コミが多ければ、ユーザーに興味・関心を寄せてもらいやすくなり、来店を促せる効果も期待できます。

口コミを増やす方法として簡単なのは、来店してくれたお客さんに口コミの投稿を依頼する方法です。サービスの感想を求めるPOPを食卓テーブルに用意したり、会計の際にスタッフから直接、声をかけたりすれば、うまく口コミ投稿を促せるでしょう。

ローカルSEOに力を入れていくのなら、口コミも上手に活用していきましょう。

5.ローカルSEO対策の注意点

ローカルSEO対策の注意点は以下の通りです。

  • 口コミへの返信は誠意をもって行う
  • ビジネス情報の追加・修正はこまめに行う

上記2点を行う上で気を付けたいことは地道に続けることです。長期的に行うことで少しずつユーザーとGoogleからの信頼を得ることができます。

したがって、片手間ではなく、事業の一環として実践することが大切です。

5-1.口コミへの返信は誠意をもって行う

Googleマップはユーザーが感想や意見を投稿できる機能があります。店舗オーナーはGoogleマイビジネスに登録していると口コミに返信することができます。

口コミに返信すると以下のような効果があります。

  • ユーザーとのコミュニケーションが生まれる
  • ネガティブな口コミについても誠意をもって返信すると信頼を得ることができる
  • 良好な口コミが増えるとローカルSEO対策になる
  • 活発なコミュニケーションの中に顧客ニーズを察知できる

ユーザーに寄り添った誠意ある対応は、Googleのユーザーファーストの考え方と方向性が一致します。したがってGoogleに評価されるにはユーザーへの良心的な対応につきます。その一つに口コミへの返信があります。

オーナーにとって好ましくない口コミであっても、今後の改善策や努力する様子を伝えるような返信ができればユーザーへの信頼構築につながります。

信頼が高まれば、ローカルSEO対策にも発展するので、日ごろから口コミ管理を丁寧に行うことが大切です。

5-2.Googleマイビジネス情報の追加・修正はこまめに行う

Googleマイビジネス情報の追加・修正は、こまめに行うとローカルSEOの効果が高まります。

Googleマイビジネスの上位表示は、キーワードとの関連性の高さがカギです。よって、関連性のある情報をできるだけ多く記載しておく必要があります。

具体的には最新情報が出れば追記したり、住所や電話番号など微妙に表示が違うところがあれば修正したりします。

6.まとめ

Googleマイビジネスは、地域系キーワードで検索するユーザーに効果的な訴求ができるツールです。Google検索やGoogleマップで露出度を高めると、多くのユーザーに自社のサービスを知ってもらえるきっかけになります。

特定の地域を指すキーワードで検索するユーザーが自社の見込み客になる方は、ぜひローカルSEOに取り組み、自社サービスの露出度アップを目指してみてはいかがでしょうか。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?