【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

VR(バーチャルリアリティ)の技術はゲームを中心にエンターテインメントの分野での利用が有名ですが、ビジネスにおいても活用されています。

この記事ではVRの活用事例を中心にお伝えします。VRがどのように活用されているのか、学んでいきましょう。

 

VR(バーチャルリアリティ)とは

VRとは「Virtual Reality(バーチャルリアリティ)」の略称であり、人工現実感や仮想現実と訳します。表面的には現実世界ではないものの本質的には現実という意味が込められており、限りなく実体験に近い体験ができることを示しています。

つまり、VRを通した体験は現実であるかのように感じることができるわけです。この仮想現実を体験する際には、VRゴーグルを装着することが一般的です。VRゴーグルを装着すると視界の360度が覆われて、現実世界に近い入り込むことが可能です。

なお、現在販売されているVRゴーグルはディスプレイの液晶を左右の目に区切り、映像を分けることで立体視を可能にしています。多くのVRゴーグルはピント調節機能も備わっているため、高い没入度を感じることもできます。

 

 VR(バーチャルリアリティ)をビジネスに導入のメリット

VRは仮想現実を楽しむことが可能ですが、ビジネスに取り入れるメリットが生まれます。

 

コスト削減

VRをビジネスに導入することでコスト削減につながります。たとえば、不動産業に取り入れると物件に実際に行かなくても内覧が可能となります。それにより交通費や人件費の節約につながります。モデルルームを作成する必要もなく、大幅なコストカットができます。

さらに仮想現実により表現できると現地に行く必要がなく、即決できるためスムーズな成約につながります。

 

さまざまな制約がなくなる

VRの技術を使うと、時間的な制約、空間の制約がなくなり業務の効率化につながります。

「いつでもどこでも仮想現実を体験できる」というVRの特徴が、さまざまな制約をなくします。時間の制約がなくなれば、決断までの時間が早まることが多くため企業としては利益になりやすいです。

また、空間の制約がなくなると「家にいながら」「事務所にいながら」など手軽に現実的な世界を体験することができます。これは顧客に対して商品やサービスを購入した後の世界をみせることも可能なため、成約率にも影響を与えるでしょう。

 

VR(バーチャルリアリティ)の活用事例

ここからはVRの活用例を紹介します。以下のように多岐にわたる分野でVRの活用が可能となっています。 

医療

医療分野では、手術のシミュレーションや患者のヘルスケアにVRが利用することができます。手術のシミュレーションでは誰がどの場面で何をするか、事前の確認が可能です。

チームとしての役割をしっかりと確認することで手術成功に近づくでしょう。この模擬練習はアメリカでも試されており、成果も残しているようです。また、患者のヘルスケアでは精神疾患の患者に対して仮想現実を体験させて症状を緩和させることができます。

 

不動産

不動産業界でのVRの活用は、前述したように物件の内覧があげられます。不動産業界はVRとの相性がよく、実際に導入が進んでいます。

具体的な活用としては、不動産サイトのような媒体を通じて消費者が物件を内覧する方法があります。また、完成前の物件をVR空間上に再現すると、模型を作るよりも大幅なコストカットが可能であり、小規模な不動産屋も導入しやすいでしょう。

 

教育

教育では社会見学、世界の名勝めぐり、仮想の実験室、外国語トレーニングなど需要の拡大が見込まれています。外国語のトレーニングであれば、VRの空間上にAI講師が登場して会話のレッスンができるなど、語学教室での導入が考えられます。

苦手なシチュエーションや想定されるシチュエーションなど必要に応じて繰り返し練習できるようになると、語学の習得も効率的です。

 

研修・訓練

VRを使った研修や訓練も注目を集めています。工場、建設現場といった危険が潜む現場の研修でVRを活用すると、教材や映像以上に現実感を感じて効果的です。

ほかにも商談や接客にも活用することが可能です。クレーム対応や繁忙期の事前演習などにVRを使った研修ができます。

 

スポーツ

すでにeSportsはVRを使った競技となっていますが、さらに使用用途が広がるでしょう。たとえば、スポーツのトレーニングとしてVRの導入が考えられます。

エアロバイクやランニングマシンを利用するときにVRゴーグルを装着して、仮想現実を楽しみながら走るなど、従来よりも楽しさを感じやすいVRの利用があります。

ちなみにプロ野球球団、楽天イーグルスは2017年からVRを利用した野球トレーニングを導入し、仮想現実で対戦投手の過去の内容を体験して試合に生かしています。

 

小売

小売では仮想現実に店舗を構築して買い物で利用する動きがあります。具体的には実店舗やECサイトの機能としてVRコンテンツの提供などです。

ブラウザ上で実店舗が360度、見渡すことができて実際に仮想店舗内を歩き回ることもできます。さらに会計までできるサービスも登場しました。

またAmazonは誰でもVRコンテンツを作り出せる「Amazon Sumerian」をリリースしましたし、今後はVRをみて商品を検討する時代になるかもしれません。

まとめ

VRはエンターテイメントでの利用がメインでしたが、今後はビジネスでの活用も広がっていくでしょう。各業界がVRを導入することで企業も消費者も、これまで以上にメリットや楽しさが広がります。今後もVRについて注視していきましょう。

 

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?