【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

2022年6月、Twitterは共通のトピックに興味のあるユーザーとグループを作成・参加できる機能である「Twitterコミュニティ」のタイムラインに新機能を追加する予定であることを発表しました。

《コミュニティのタイムラインをより自分にとってよりわかりやすく、そして多くの会話についていけるようにオプションを用意しました!「最新」にするか「おすすめ」にするか自分で選ぶことができます。ただいまテスト中です。》

上記のツイートによると現在テスト中とのこと。どのような形になるのかご紹介します。

1.Twitterコミュニティで[最新][おすすめ]を切り替え可能に

このテストはコミュニティーの中で「最新」と「おすすめ」のタイムラインを切り替えて表示するオプションとなります(iOS、Android、ウェブ全てにおいて適用)。

 

 限られたグループでのテストとなり、そこからフィードバックを収集しコミュニティーでの体験を改善できるように取り組むそうです。

 

 またコミュニティーでのツイートを固定する機能(ウェブ)、コミュニティー内での検索(ウェブおよびiOS)、管理者のメンバー削除(ウェブおよびAndroid)、メンバー検索(すべてのプラットフォーム)など、さまざまな改良を実施したと発表しています。

 

 Twitterコミュニティーは同じ興味関心を持つ人が集まり会話を楽しむ場所です。BTSのファン、グルメ愛好家など、コミュニティー内の会話、特にアクティビティーの多い会話によりついて行きやすくするために、コミュニティーのタイムラインをパーソナライズし、最も関心のある会話を聞き逃さないようにすることができる機能となっています。

現在は英語圏のみですが、日本国内でもテストが開始されるでしょう。

2.Twitterのコミュニティとは?

witterのコミュニティ機能とは、1つのトピックに対して関心のあるユーザーとグループを作成・参加できる機能を指します。

コミュニティを利用することで、共通の趣味や関心事を持つユーザー達と自由にコミュニケーションを図ることが可能になりました。

Twitterの強みとしては、「情報の拡散スピード」や「幅広い情報共有が可能」という点が挙げられます。

しかしその反面、共通の趣向を持つユーザーを見つける機能や、特定のユーザー間で楽しめるコミュニティスペースがないという欠点を抱えていました。

しかし「コミュニティ」機能を実装することで、上記の欠点を補うことができるようになったのです。

2-1.コミュニティのメリット

コミュニティを利用するメリットとしては、

  • ツイートごとに発信したいコミュニティを選択できる
  • 趣向ごとに分けた複数のアカウントを作る必要がなくなる
  • フォロワーのニーズとマッチした投稿ができるため、フォロワー離れを防ぐことができる

上記の3点が挙げられます。

〇ツイートごとに発信したいコミュニティを選択できる

通常のツイートでは、全フォロワーもしくは不特定多数のユーザーのタイムラインに発信されますが、コミュニティ機能を使えば、ツイートしたい内容に合わせたコミュニティを選ぶことができます。

内容的に全フォロワーのタイムラインには発信したくない場合や、共通の話題でユーザーのエンゲージメントを高めたい場合は、コミュニティ機能を利用するのが効果的です。

〇趣向ごとに分けた複数のアカウントを作る必要がなくなる

今までは、自分の趣味・嗜好ごとに複数のアカウントを使い分けていたユーザーも多いのではないでしょうか。

コミュニティ機能を使えば、アカウントを切り替えることなくコミュニティを使い分けることで複数アカウントの管理の手間を省くことができます。

〇フォロワーのニーズとマッチした投稿ができるため、フォロワー離れを防ぐことができる

例えば、1つのトピックに関するコアなツイートをした際、通常のフォロワーのニーズにそぐわない内容であった場合、フォロワーが離れてしまう原因になることがあります。

しかし、内容とマッチしたコミュニティでツイートすれば、ユーザーのニーズとマッチしているため逆にエンゲージメントを高めることができるのです。

同じコミュニティに所属するユーザーにアクション(いいね、リツイートなど)してもらうことで、不特定多数のユーザーのタイムラインに自分のツイートが表示されることもあるため、新たなフォロワー獲得に繋がる可能性もあります。

2-2.コミュニティの表示場所

コミュニティの表示場所は通常、画面下の真ん中に表示される人型アイコンをタップすることで移動できます。

しかし、コミュニティに参加したことがないユーザーにはこの人型アイコンは表示されません。

コミュニティ機能を利用するにはまず、どこかのコミュニティに参加する必要があります。

2-3.コミュニティに参加するには

前述したように、コミュニティに参加したことがないユーザーはコミュニティ機能を利用することができません。

では、どうしたらコミュニティに参加することができるのでしょうか。

コミュニティに参加する方法を解説していきます。

〇初めてコミュニティに参加する方法

初めてコミュニティに参加する方法は、

  • キーワード検索からコミュニティを見つける
  • 友達にコミュニティへ招待してもらう

上記の2通りがあります。

 〇キーワード検索からコミュニティを見つける

画面下の虫眼鏡アイコンをタップし、検索画面に「url:twitter.com/i/communities」と検索します。

上記で検索をすることで、全てのコミュニティを検索することが可能です。

また、特定のテーマがある場合は関連性の高いキーワード検索でもコミュニティを発見することができます。

〇友達にコミュニティへ招待してもらう

コミュニティに参加・作成している友達にコミュニティへ招待してもらう方法もあります。

招待は、

  • ダイレクトメッセージ
  • 他のSNSからリンクを共有

上記の方法で届きますので、リンクにアクセスし表示された手順に従って参加をしてみましょう。

参加したいコミュニティが見つかったら、「参加する」をタップしましょう。

コミュニティのルールを一読し、「同意して参加する」をタップすると、右画面のように「参加済み」と表示されるようになります。

これでコミュニティへの参加は完了です。

〇コミュニティでツイートをする方法

コミュニティのホーム画面の右下にある「+」アイコンをタップします。

初めて利用するユーザーには、「ツイートはコミュニティ内で送信されます」と表示が出ますので「OK」をタップしてください。その後にお好きなコメントを記入し「ツイートする」をタップすれば投稿完了です。

また、コミュニティ名が表示される部分をタップすると、コミュニティ向けのツイートか、全体向けのツイートかを選んで投稿することもできます。

3.コミュニティを作成するには

コミュニティに参加することができれば、自分でコミュニティを作成することもできるようになります。

ここからは、コミュニティの作成方法について解説していきましょう。

3-1.コミュニティの作成方法

コミュニティに参加して最初のホーム画面では「作成してみましょう」ボタンからコミュニティを作成することができます。

上画像の作成画面を非表示にしてしまった方は、コミュニティホーム画面右上の「+」アイコンをタップし、コミュニティ作成画面(右画像)に移動してください。

  • コミュニティ名(必須)
  • コミュニティの目的(任意)

を入力し、作成ボタンをタップします。

コミュニティ名は3文字~30文字以内で、ハッシュタグとユーザー名を含むことはできません。コミュニティの目的はコミュニティ管理画面で後からも設定できるため、この時点では省略することができます。これでコミュニティの作成は完了です。

3-2.コミュニティの管理画面

コミュニティを作成すると、左画像のような注意書きが表示されます。

コミュニティ管理の簡単な使い方やルールがまとめられているため、一読してOKボタンをタップしましょう。

〇コミュニティチェックリスト

次に、右画像の画面が表示されますので、上部のコミュニティチェックリストで一つずつ詳細ガイドラインを確認していきます。

4項目全ての確認が終了すると、この画面は表示されなくなります。

〇管理ツールに移動

ホーム画面の「管理ツールに移動」をタップすると、右の設定画面に移動します。

設定画面では、

  • コミュニティ名の確認・変更
  • 目的の確認・変更
  • カラーテーマ設定
  • 会員資格の種類設定

上記4点を行うことができます。

コミュニティ名と目的は、コミュニティ作成時と同じ条件・手順で設定しましょう。

・カラーテーマ

カラーテーマでは、ホーム画面をお好みのカラーに設定することができます。カラーテーマはホーム画面の赤枠部分に反映されますので、色々なカラーを試しながら決定しましょう。

・会員資格の種類

会員資格の種類では、コミュニティメンバーに関する詳細設定を行うことができます。「会員資格の種類」の項目は以下の通りです。

公開:誰でもコミュニティに参加・招待できるように設定できます。気軽に参加できるオープンなコミュニティにしたい場合には、この設定をオンにしましょう。

制限付き:ユーザーがコミュニティに参加する際に、リクエストに対する管理者の承認が必要になります。つまり、管理者は参加するユーザーを任意で決定できるということです。管理者が招待したユーザーに関しては承認なしで参加が可能となっています。

すべてのメンバーに招待状の発行を許可:コミュニティに参加している全てのメンバーが、同コミュニティへの招待状を発行できる設定です。管理者のみが招待状を発行したい場合には、チェックをオフにしておきましょう。

・基本情報

ホームタブ横の「基本情報」タブでは、

  • コミュニティ情報
  • ルール
  • モデレーター

上記3点の確認が行えます。

コミュニティ情報:作成日、作成者の他、コミュニティ情報設定の「会員資格の種類」で設定した情報を確認できます。

ルール:コミュニティを利用する際の基本的なルールを確認できます。

モデレーター:コミュニティのモデレーター(コミュニティ管理者)を確認できます。

「基本情報」は、基本的なコミュニティ情報をまとめて確認したい際に便利なタブです。

・管理ツール

ホーム画面右上のアイコン(矢印先)は、コミュニティの「管理ツール」です。

「管理ツール」では、

  • 報告済みツイート
  • メンバーリクエスト
  • 現在のコミュニティメンバー
  • コミュニティルール
  • 設定
  • サポートとリソース

上記6点の編集・確認が行えます。

報告済みツイート:Twitterでは、Twitter上の攻撃的なメンバーやツイート、ダイレクトメッセージ、会話などをTwitter運営側へ報告することが可能です。「報告済みツイート」では、コミュニティ内の報告済みツイート一覧を確認できます。

メンバーリクエスト:コミュニティに参加したいユーザーが送った参加リクエストを確認・承認することができます。

メンバー:コミュニティに参加している現在のメンバー一覧を確認できます。

ルール:コミュニティ内で独自に設定したい新たなルールを設定することができます。また、基本的なコミュニティルールとして設定されている

  • 親切かつ礼儀正しい態度を取る。
  • トピックに沿ったツイートをする。
  • 探求心と分け与える精神を持つ。

上記3点も削除することが可能です。

サポートとリソース:Twitterのヘルプセンターに掲載されている「Twitterのコミュニティについて」を確認することができます。

3-3.コミュニティへ招待するには

それでは次に、コミュニティへユーザーを招待する方法をご紹介していきましょう。

招待方法は、

  • 「招待画面を表示」から招待
  • ホーム画面から共有・招待

上記の2通りがあります。

〇「招待画面を表示」から招待

コミュニティの様々な設定を行った後、ホーム画面に表示される「招待画面を表示」をタップすることでメンバー招待画面へと移動することができます。

検索窓で招待したいユーザー名を入力し、招待してみましょう。

〇ホーム画面から共有・招待

ホーム画面中央部にある共有アイコン(矢印先)をタップすると、画像のようなリストが表示されます。相応しい方法を選択してメンバー招待を行ってみましょう。

また、1つのコミュニティに招待できる人数に制限はないため、好きなだけメンバーを招待することが可能です。

3-4.コミュニティの退会方法

コミュニティを退会したい場合は、コミュニティホーム画面の「参加済み」をタップします。「参加済み」をタップすると、右画像の画面が表示されますので「このコミュニティを退会する」を選択しましょう。

ただし、コミュニティを退会しても自分が過去にコミュニティへ投稿したツイートは、コミュニティ内で引き続き表示されます。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?