【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

ターゲットマーケティングをご存知でしょうか。もし知っていても「マーケティング」と「ターゲットマーケティング」の違いを把握している方は少ないかもしれません。

この記事では、ターゲットマーケティングに焦点を当てて、概要や手順をご説明します。企業のマーケティング担当者や経営者は、ぜひ、参考にしてください。

ターゲットマーケティングとは?

はじめに、ターゲットマーケティングについてご説明します。

ターゲットマーケティングとは、市場を細分化して特定のターゲットを絞り効率的なマーケティングを行う戦略です。

ターゲットを細分化することはマーケティングにおいて基本的なことです。しかし、ターゲットマーケティングでは市場の細分化の時点でターゲットが決まっています。そのため、慎重かつ綿密なマーケティングが可能になります。

一般的なマーケティングの手法では、新商品やサービスの構想段階でターゲットを選定して、構想を微調整していくことが多いです。しかし、ターゲットマーケティングは、ターゲットを決めて、自社商品やサービスをターゲットに合わせて構築していきます。

そのような特徴から、ターゲットマーケティングはインフルエンサーの力を借りて幅広い層にアプローチすることは難しいです。さらに、ターゲットのニーズを満たせない場合は、マーケティング自体が失敗するリスクがあります。

マーケティングとの違い

マーケティングとは、顧客が求めるものを把握してその要望を満たす商品やサービスを作り、価値を提供することです。そのための戦略や仕組み、プロセスも含んでいます。

このマーケティングという用語は広義的な部分があり、細かくみていくとターゲットマーケティングやインフルエンサーマーケティング、マスマーケティングなどさまざまなマーケティング手法を含みます。

マスマーケティングとの違い

マーケティングにはさまざまな手法がありますが、そのひとつであるマスマーケティングについて触れておきます。

マスマーケティングは現代のように消費者のニーズが多様化する前に主流だったマーケティング手法です。歴史を振り返ると第二次世界大戦以降から使われていたマーケティングです。

特に高度経済成長期では「大量生産・大量消費」の時代であり、ターゲットを明確にしなくてもモノが売れる時期でした。そのため、企業はテレビCMなどのマスメディアを活用して大量プロモーションから、大量消費を起こそうというマーケティングを行なったわけです。

それがマスマーケティングです。

マスマーケティングは個別のターゲットを用意するわけではなく、消費者全体を対象にしているマーケティングと考えるといいでしょう。

ターゲットマーケティングの効果

ターゲットマーケティングを行うとさまざまな効果があります。

まずは顧客ニーズを捉えたきめ細やかな対応が可能となります。また、市場分析の段階で対象が絞り込まれているため、市場の特性把握を短期間で可能にします。市場をしっかりと特定することで、顧客ニーズに対して正しく対応できます。

また、競合よりも優位に立てるようになります。顧客ニーズが判明することで、商品やサービスで提供すべきことも明確になります。そのなかで競合との差別化を図り、有利な商品戦略も可能でしょう

さらに、市場を絞り込めば、照準を当てている市場にコストを集中できるため、必要以上のコストをかけずに済みます。

ターゲットマーケティングの5つ手順

ここからは、ターゲットマーケティングの具体的な手順をご説明します。

  1. ターゲットの絞り込み

ターゲットマーケティングのではターゲットの絞り込みから始めます。市場を分析して、どのターゲットにアプローチするのかを決めましょう。また、マーケティングにはコストも必要ですから、その辺りも考えてください。

ターゲットの絞り込みは、できるだけ細かく設定します。例えば、「ビジネスマン」を対象にするにも、さまざまな要素があります。

・年代

・性別

・住まい(地域)

・趣味

・年収

・未婚か既婚か

など、細かく設定するようにしましょう。

  1. ターゲットについて理解する

細かな設定でターゲットを決めたら、その人物像を深く理解しましょう。ターゲットが何を望んでいるのか、消費行動に移る前に何を調べているのか、何が契機で購入するのかなどを理解していきます。

ターゲットの行動特性も細部まで理解することが大事です。

  1. キャッチフレーズを作る

ターゲット層の印象に残るように、商品やサービスのキャッチフレーズをつくってみましょう。できるだけシンプルなキャッチフレーズを作ると、自社の知名度も向上するでしょう。

例えば、花王では「カワイイはつくれる」というキャッチフレーズのテレビCMで流して、知名度を向上させています。

  1. ベネフィットの強調

ベネフィットは、自社の商品やサービスを利用することでどんなメリットがあるかです。消費者は商品の説明よりも、その商品を使うと悩みが解決できるかを重視します。ですから、ベネフィットを強調してターゲットの興味を惹くことがポイントです。

  1. 競合を明確にする

競合がいなければ、それに越したことはありません。しかし、市場には競合がいるものです。ターゲットマーケティングでターゲットばかりに注目してばかりではなく、競合も分析してみましょう。

市場調査や細分化の段階で競合がいれば、競合の分析をして自社のベネフィットを明らかにしてください。そして、消費者に分かりやすいようなキャッチフレーズとベネフィットを強調していきましょう。

ターゲットマーケティングに取り組んでみよう

ターゲットマーケティングは、ターゲットを絞り込んで自社商品を構築していくマーケティング手法です。現代のように消費者のニーズが多様化しているときは有効な戦略です。

特にターゲットの絞り込みは、細かな部分まで設定することがポイントになります。そして、消費者にわかりやすいキャッチフレーズやベネフィットを考えて、アピールしてみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?