【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

昨今、サスティナビリティという用語をよく耳にします。しかし、意味などを把握しているでしょうか。国内企業においても、サスティナビリティに取り組んでいる事例が豊富にあります。

本記事ではサスティナビリティの意味や類似用語との違い、事例などをご説明します。ぜひ、サスティナビリティの理解を深めてください。

サスティナビリティとは

サスティナビリティとは直訳すると「持続可能」となりますが、自然環境や人間社会などが長期間にわたって機能を失わずに良好な状態を保つことを意味します。この意味は自然や社会に対して幅広くあてはまる考え方ですが、環境、社会、経済の3分野には特に取り上げられています。

サスティナビリティとCRSの違い

サスティナビリティという考え方が広まった影響で、派生した用語にCSRがあります。CSRは企業の社会的責任をいう意味です。日本では浸透した用語であり、企業は利益だけを求めるのではなく顧客や社会に対しても責任を負うべきとする考え方です。

サスティナビリティとは同様に使われていますが、明確な違いがあります。CSRは企業が主体の考え方であるのに対してサスティナビリティは社会全体で取り組む考え方です。

サスティナビリティは政府や個人も行うことが大事とされています。

サスティナビリティとSDGsの関係性

SDGsは持続可能な開発目標を意味します。具体的な考え方は、発展や豊かさを追求しつつも、貧困や飢餓、環境問題にも配慮して持続可能性も取り入れる考え方です。2015年9月に国連サミットで採択されて以降、日本はもとより世界中で注目されています。

なお、サスティナビリティとSDGsは相互に補完する関係にあります。サスティナビリティは大枠を示し、SDGsはさらにテーマを深堀するものです。

サスティナビリティの重要な3要素

サスティナビリティには重要な3つの要素があります。

  • 環境(Environment)
  • 公平性(Equity)
  • 経済(Economy)

すべて英語で表現すると頭文字が「E」となるため、サスティナビリティに重要な3Eということがあります。サスティナビリティでは、気候変動や森林破壊などの環境面、貧困やジェンダーなどの格差、貧困による富の再配分などが課題とされています。

身近な部分では環境への取り組みが取り上げられますが、公平性や経済においてもさまざまな課題が残されています。公平性では、特にコロナ化において貧困などが浮き彫りになりました。

また、経済では企業だけではなく、政府や個人も参加して成長戦略を検討することが重要です。

サスティナブル経営のメリットとは

サスティナビリティを意識した経営をサスティナブル経営とも呼びますが、さまざまなメリットがあります。

・ブランド価値の向上

環境問題や社会問題が注目されているなかで、企業も社会の一員として対策をして、積極的に取り組む姿勢はブランドのイメージアップにつながります。

・事業規模の拡大

たとえば、自動車製造のメーカーが向上において二酸化炭素の排出を抑える取り組みを成功すれば、その製品やシステムが新サービスとなります。貧困や飢餓などの改善に取り組めば、ソーシャルビジネスの創出につながります。

・従業員の満足度の向上

企業は従業員がよりよく働けるような環境を提供することで満足度が向上します。環境や社会的な課題に取り組む企業で働く場合とそうでない場合では、やりがいが異なります。

サスティナビリティに取り組む企業の事例

ここからはサスティナビリティに取り組む企業の事例をご紹介します。5社の取り組みをご覧ください。

トヨタ自動車

トヨタ自動車は2019年にサスティナビリティ推進室を設立して、SDGsやESGに本格的に取り組み始めました。2020年5月にはこれまで以上にSDGsに取り組むと発表して、非常用電源にもなる自動車の開発、CO2排出ゼロなどを掲げています。

エーザイ

エーザイは製薬会社であり、薬を中心に社会や環境に貢献する取り組みを実施中です。環境面でのサスティナビリティを実施すするために、2040年にカーボンニュートラルの実現を宣言しました。

また、循環型社会を形成する取り組みや奨学金を提供する財団の設置も行っています。

ユニクロ

ユニクロは、店舗で売れ残った衣類をリユースして各国のNGOやNPOなどを通じて被災地や難民キャンプに提供する活動をしています。リユースできない衣類は、加工して燃料などで再利用しています。

近年では廃棄されたダウンやフェザーを生まれ変わらせる、服から服へのリサイクルを行っています。

キャノン

キャノンは、新たな価値創造・社会課題の解決などのコンセプトを掲げて取り組みを進めています。環境分野での評価が高く、環境コミュニケーション対象の環境報告部門で3年連続優秀賞を受賞しています。

コニカミノルタ

コニカミノルタは、2030年に向けて長期的な経営計画を発表しました。気候変動に対するカーボンニュートラルを目指しています。有限な資源の有効活用、社会での安心・安全確保などを重要課題としています。

サスティナビリティを理解しよう

サスティナビリティは、直訳すると「持続可能」などを意味しています。国連サミットで採択されて以来、世界中で注目されています。

サスティナブルな経営は、企業にさまざまなメリットをもたらします。この機会にサスティナブル経営を目指してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?