【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

「SNS採用に取り組んでも成果がでない」

「そもそもSNS採用をどうすればいいかわからない」

このような悩みをお持ちではないでしょうか。

SNS採用はさまざまな企業が取り組んでいますが、全てにおいて成果がでているわけではありません。

そこで、本記事ではSNS採用で成果を出すポイントを解説します。コンテンツ案や事例も紹介しますので、人事担当者はぜひ参考にしてください。

SNS採用で成果を出すためのポイント

SNS採用で成果を出すために、最低限、押さえておきたいポイントを解説します。

求職者のニーズを理解する

最初に求職者のニーズを深く理解することが不可欠です。求職者がSNS上で何を求め、どのようなコンテンツに興味を持っているのかを正確に把握する必要があります。

たとえば、業界の動向に関する情報や、仕事のヒント、キャリアアップに役立つアドバイスなど、彼らが求める情報を提供することが重要です。

企業の魅力を発信する

企業の魅力を最大限に発信するためには、単に採用情報を提供するだけでは不十分です。企業の文化や値観、社内の雰囲気を伝えることで、求職者が企業に対して親しみや興味を持つようになります。

社員一人ひとりの生の声や、日々の業務でのエピソードを共有することで、企業のリアルな姿を伝えることができます。

こうした企業文化や雰囲気を紹介するコンテンツは、企業への理解を深め、求職者との信頼関係構築にも寄与します。

継続的な情報発信

継続的な情報発信や日常的な企業情報の共有は、求職者との良好な関係構築に欠かせません。求職者は単に採用情報だけでなく、日々の企業の様子や社員の生の声にも大きな関心があります。

たとえば、社員インタビューや社内イベントの様子を動画や写真で共有したり、社員の日常のつぶやきをSNSで発信したりすることで、求職者はより身近に企業を感じることができます。

SNSの特性を理解する

SNSの特性を理解することは、効果的なSNS採用戦略を立てるうえで欠かせません。なぜなら、FacebookやX(旧Twitter)、InstagramといったSNSはそれぞれコミュニケーションのスタイルや特徴が異なるからです。

各SNSの特性を理解したうえで、ターゲットとなる求職者がどのSNSを利用しているか把握し、その嗜好に合わせた情報発信をすることが重要です。 

SNS採用で活用できるコンテンツ案

社員インタビュー

社員インタビューを動画配信すると、スタッフの生の声を求職者に直接届けることが可能です。

社員一人ひとりの思いや仕事に対する姿勢を伝えることで、文章では伝わりにくい人柄も動画を通じてアピールできるでしょう。

入社(応募)のきっかけや試験に臨むまでの過程など、さまざまなカテゴリーにおいて社員インタビューをしてみてください。

社内の様子

社内の様子を写真や動画で共有することも効果的です。リラックスした社内の雰囲気や社員同士の良好な人間関係が伝われば、求職者の企業イメージがよりポジティブなものになることでしょう。

たとえば、社員の普段着姿で打ち解けて談笑する様子、社内イベントで楽しそうに交流する姿は、社内の雰囲気の良さをアピールできる場面です。

また、プライベートな時間でも仲の良い社員同士が食事に出かけるようすをSNSでシェアすると、社員の結束力や人間関係の良さを求職者に訴求できます。

企業情報

企業情報として、歴史や事業内容、社会貢献の取り組みを発信してみましょう。企業の理念やビジョンを知ることは、求職者が判断する手助けになります。

たとえば、企業が掲げるミッションやビジョンを分かりやすく解説したり、社会貢献活動の背景にある思いを伝えたりすると、求職者は企業の文化や価値観をより深く理解できます。

アニュアルレポート(年次報告)などの公式発表だけでなく、社長や社員の生の声を取り入れて、人間味あふれるコンテンツに仕上げましょう。

SNSプラットフォームに合わせたコンテンツ

Facebook、X(旧Twitter)、Instagram、LinkedInなど、各SNSプラットフォームの特性に合わせた情報発信を行うことで、より多くの求職者にリーチできます。

たとえば、フォーマル(正式な)な情報はLinkedInで、よりカジュアルな社内の様子はInstagramで共有するなど、プラットフォームごとの強みを活かした情報発信が効果的です。

SNS採用の成功事例

SNS採用の成功事例を確認し、自社の施策を決定する際の参考にしましょう。

JR九州

JR九州の採用アカウントは、フォロワーが小規模ですが、必要に応じて投稿しています。さまざまな事業部に所属する社員へのインタビューを通じ、仕事内容を紹介しています。

JR九州の採用アカウントでは、線路の整備現場で働く社員のインタビューとともに、現場の写真が掲載されています。

就活生への訴求力を高めるためには、社員の飾らない普段の様子を取り入れることが効果的です。 

アカウントはこちら

パーソルキャリア

パーソルキャリアの新卒採用アカウントは、月に数回のペースで投稿しています。投稿内容は、社員紹介や面接官インタビュー、インターンシップ情報など、就活生にとって有益な情報ばかりです。

特に特徴的なのが、Instagramの強みを活かした視覚的訴求力の高い画像と、的を射た見出しづけです。就活生が知りたがっているであろう内容を的確に把握し、必要な情報を提供しています。

投稿の質も高く、面接官のアドバイスや社員の仕事風景など、次々に見入ってしまう内容となっています。このような投稿を通じて、企業への好感度が高まり、志望する学生も増えてくるものと期待できます。

アカウントはこちら

SNS採用を取り入れよう

昨今、一般的になりつつあるのがSNS採用です。SNSの特性を活かすことで、効果的に人材採用につなげられます。

しかし、やみくもに投稿しても効果的な採用ができないため、ポイントを押える必要があります。さまざまな企業の採用アカウントを分析して、自社のアカウント運営に活かしてみましょう。

【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?