【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

デジタルマーケティング・Web広告において「リッチコンテンツ」という言葉を耳にしたことはありませんか?

分かっていると思うけど説明を上手くできないかもしれない…… なんて思っている人も多いでしょう。

そんな方に今回はリッチコンテンツについて詳しく解説をしていきます。

 

リッチコンテンツとはなにか?

リッチコンテンツとは、英語で「ぜいたく」や「豊か」を意味するリッチ(Rich)が示すとおり、動画(CG・アニメーション・ビデオ)や音声などを取り入れて表現されたWebサイト上のコンテンツのことです。

インターネットの通信技術が発達したお陰で容量の大きい動画をスマートフォンでも簡単に表示できるようになったおかげで動画広告や動画を盛り込んだリッチコンテンツの導入が増えてきています。

しかし、このリッチコンテンツですが実は現状ではGoogleにインデックスされません。つまりリッチコンテンツそれ自体はSEOに影響を及ぼさないということです。

リッチコンテンツはどう扱えばよいのでしょうか。導入された背景やメリットとデメリットについてあの章で紹介をしますので参考にしてください。

 

リッチコンテンツの背景

リッチコンテンツは、従来のテキストや画像で表現された静的コンテンツよりも、商品やサービスなどの魅力をユーザーが直観的・感覚的に理解しやすいことが特徴です。

電通が2019年6月に発表した内容によると、日本の2019年のデジタル広告市場は前年比14.5%の成長が見込まれ、なかでもモバイル広告が前年比21.2%、オンライン動画が前年比29.2%の成長と予測されています。

オンライン動画広告が伸びている理由には通信技術の発達があります。2020年には5Gの導入も決まっており、高速通信はより身近になっていくためスマートフォンでも容量の大きな動画広告などもスムーズに閲覧が可能になり、リッチコンテンツの重要度が増しているのです。

 

リッチコンテンツのメリットとデメリットは?

この章ではリッチコンテンツのメリットとデメリットについて詳しく解説をしていきます。しっかりと把握した上で導入するかどうか判断をしてください。

リッチコンテンツのメリット

リッチコンテンツは、文字情報だけでなく、動きや音声など五感を刺激する表現が可能なため、他社とのサービスの差別化が難しい場合でもユーザーにとって分かり易く解説する事が可能です。

例えば、みなさんネクタイの巻き方がわからなくて調べた経験はありませんか?画像だけだとどこをどう通したらいいのかわからなくても動画を見ると一目瞭然です。何かの方法を解説するなどのハウツー系のコンテンツには効果的なので自社サービスとの相性も考えて導入を検討してみてください。

また、動画や音声を通じて、目にするユーザーのユーザー体験を強化できるので文字情報より注意を惹きつけやすく滞在時間を長くすることができます。サイト内に直接動画を埋め込むことでユーザーの満足度を高め、滞在時間が伸びる事が「間接的に」SEO的な効果を発揮しやすくなるのです。

 

リッチコンテンツのデメリット

デメリットとしてどうしても外せないのがコスト面です。動画制作や音声編集等が必要なケースが多いのでどうしても高くなりがちです。そのためやみくもにリッチコンテンツを作ると費用がかさんでしまうので明確な目的を決めた上で導入をする必要があります。

動画について単にいい動画をアップするだけではいけません。容量の大きい動画をアップするとページ表示速度の低下を始め、ユーザー体験の悪化を招くリスクがあります。

ページ表示速度はGoogleのランキング要因となっているため、ユーザー体験を強化する目的に制作をしても逆効果になってしまうので注意してください。

 

リッチコンテンツの例

ここではリッチコンテンツとしてどういったものが導入されているのか紹介をします。自社のアピールしたい商品やサービスにぴったりのコンテンツを選んでください。

YoutubeやTikTokなどの動画コンテンツ

YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツは、TVCMのような「広告」として使用したり、解説動画やプレゼンテーションなど文章で説明すると複雑・分かりにくい内容を動画で表現したりしている企業が増えています。

動画はテキストよりも短い時間で多くの情報を音声と映像で伝える事が可能なため料理レシピアプリで作り方を動画主体で説明する、不動産の現地紹介記事にドローンによる空撮映像を盛り込むといった使い方をしています。

 

漫画コンテンツ

リッチコンテンツ分野の日本ならではの特徴として、マンガの活用が挙げられます。

マンガは画像ですが、その中でストーリーが展開しているため動画に近いリッチコンテンツです。

動画再生を制限しているユーザーにも、マンガ(画像)でストーリーを届けられるメリットがあります。マンガは見ただけで内容を把握できるためSNSでもシェアされやすいのが特徴で注目を集めています。

 

マーケティングにおけるリッチコンテンツの重要性

SEO・Webマーケティングにおいてコンテンツの充実はとても重要です。5Gの導入もあり、容量の大きい動画コンテンツの視聴をユーザーが気にしなくなる時代へと突入していきます。

そうなると検索エンジンに直接の効果がないリッチコンテンツもブランド体験・ユーザー体験をするという点においては、テキストだけで構成されたWebサイトよりも効果的と言えるでしょう。

ただし、ユーザー目線でのコンテンツ作りを心がけないと、ユーザビリティの低下やイメージダウンを引き起こす恐れがあるので常にユーザーを意識したコンテンツ作りが大切です。

 

まとめ

リッチコンテンツは制作コストや、通信容量の大きさ等、注意点を理解した上で活用すると自社サービスの訴求強化に繋がります。

自社の広告手法や、SEOにおいて突破口となりえますので導入を検討してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?