【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

WEB担当者はSEO対策のためにさまざまなことを検討していると思います。そのなかで重要なのは、質の高いオリジナルコンテンツを発信することです。

少し前までであれば、Googleのクローラーの精度はそこまで高くなく、多少のリライトをしたようなコンテンツでも評価されていました。

しかしながら、そのような時期は過ぎ去り、検索エンジンは定期的にアップデートが行われています。そのため、常に検索エンジンの仕様を気にしながら、それに対応することが必要となっています。

とはいえ、検索エンジンがアップデートを繰り返しても、オリジナルコンテンツは一定の評価がなされます。そこで、この記事ではオリジナルコンテンツの作り方を中心に解説します。

よく聞くオリジナルコンテンツとは何か?

まずは、オリジナルコンテンツの概要をご説明します。

そもそもコンテンツとは何か?

そもそもコンテンツとは何か、念のために復習しておきます。

コンテンツと聞くと記事をイメージするかもしれませんが、それだけではありません。記事のほかに、画像や動画、説明情報、商品訴求などさまざまなものがコンテンツに含まれます。

ただし、どうしてもコンテンツ=記事というイメージがありますので、この記事でもそれを前提として解説します。

オリジナルコンテンツは独自観点を入れコンテンツ

オリジナルコンテンツとは、独自観点を入れたコンテンツです。独自観点とは、体験や経験など他者と差別化できるものです。

Googleはオリジナリティを重要視しており、独自観点を入れたコンテンツが今後も評価されていきます。

検索エンジンはオリジナルコンテンツを評価する

Googleがオリジナルコンテンツを評価することは、公式的に発表されています。

「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。」(引用:日本語検索の品質向上に向けて|Googleウェブマスター向け公式ブログ

以上のように、オリジナルコンテンツが評価されることを常に意識しましょう。裏を返すと、重複コンテンツはユーザーの利便性を害するためにオリジナルコンテンツの必要性が高いといえます。

 SEO対策にならないコンテンツの特徴

ここからは、オリジナルコンテンツとSEO対策にならないコンテンツの違いをご説明します。前述のとおり、競合サイトを多少リライトした程度のコンテンツは評価されません。

また、文章自動生成ツールなどツールやシステムを活用したコンテンツもコピーページと判断されます。当然ながらコピペの記事は評価されませんし、場合により著作権違反になる可能性があります。

それから注意して欲しいのは、自作したけれどオリジナルコンテンツと判断されないケースです。このケースは意外に多いと考えられます。

その理由は、上位表示を目指すときは現状で上位にきているサイトを参考にしながらコンテンツを企画することがほとんどだからです。

見出しや文章の言い回し、構成の流れを変えてもいいたいことはどのサイトも変わりません。その場合、表向きの内容が違って見えてもオリジナルコンテンツとはいえません。

似たような内容のコンテンツをGoogleがオリジナルコンテンツと判断するかどうか公表していません。しかし、オリジナリティに欠けると思うほうがいいでしょう。

オリジナルコンテンツの作り方

オリジナルコンテンツの作り方は、以下に注意してみましょう。

体験したことを入れる

すでに述べているように、オリジナルコンテンツを作るには自ら体験したことや経験したことを取り入れましょう。例えば、自社商品について社員が使った体験談を掲載することも手法のひとつです。

画像や動画などを記事内に散りばめながら、自社商品について書いていけば完全オリジナルの文章になります。ただし、自社商品をPRしたいがためにメリットだけを伝えるのではなく、注意点などを加えるようにしましょう。その方がよりユーザーに優しいコンテンツになります。

アンケートを実施

オリジナルコンテンツで最も効果的なのは、自らの経験や体験を入れることです。しかし、全てにおいてそうはいかないでしょう。その場合は、第3者からの意見を活用すると効果的です。

たとえば、自社商品やサービスについて、無料期間や無料サンプルを使ってもらいアンケートを取る方法があります。アンケートをとるときは、選択回答ではなく記述式にするとコンテンツに活かしやすいです。

商品についていい点、改善点などを具体的に記述してもらえるように設問を用意しておきましょう。

自分の意見を入れる

オリジナルコンテンツにするには、自分(自社)の意見を取り入れることも有効です。特に自社商品やサービスに関して周辺情報を発信する記事では、オリジナリティがだしにくいものです。

そのときは、コンテンツごとに自らの意見を入れる工夫をしましょう。「自社では…と考えています。」などの意見があるとオリジナルコンテンツとして評価が高まります。

理想は見出しごとに自らの意見を入れることですが、難しいならば最後の見出しで入れるだけでも構いません。

コンテンツの質を上げる(検索意図の読み取り)

体験や意見、アンケート結果を記事に掲載することもコンテンツの質を上げる要素ですが、もうひとつ意識して欲しいことがあります。

それは検索クエリとの関連性を考慮したコンテンツにすることです。つまり、ユーザーの検索意図をしっかりと読み取ることもコンテンツの質の向上に繋がります。

検索意図を読み取り、さらにオリジナリティを付け加えると上位表示できるコンテンツになります。

オリジナルコンテンツを作ろう

検索エンジンに評価されるには、記事にオリジナリティが必要です。独自の内容を取り入れることはブランディングにも繋がるため、ぜひ、取り組みたいところです。

自社独自の体験や経験、顧客の声などを存分に活かしてオリジナルコンテンツを作りましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?