【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

近年、チャットボットを活用する企業が増えています。顧客と企業の関係を強めたり見込み顧客の獲得につながったりするのがチャットボットです。

本記事ではチャットボットを開発する手順を解説します。また、開発ツールもご紹介しますので、参考にしてください。

チャットボットは自社開発ができるのか?

チャットボットはAIを利用した自動会話システムです。チャットボットを利用することで、顧客への対応に人材を割くことがなくなり、顧客としてもスムーズな悩みの解決につながります。

ビジネスでは非常に有効なツールですが、システムを活用するだけではなく自社で開発することも可能です。次章ではチャットボットの開発方法をご紹介します。

チャットボットの開発方法

自社でチャットボットを開発する方法は、大きく分けて以下の3通りです。それぞれの内容をみていきましょう。

イチから自社で開発する

イチから自社で開発するというのは、プログラミングによって開発していくことです。自社にエンジニアやプログラマーが在籍しているのであれば、イチから開発していくことができるでしょう。

一方でエンジニアなどが在籍していなければ、全てを自社で開発することは難しいです。ノウハウがない企業にとっては難しい選択肢といえます。

APIを活用する

APIとはアプリケーションやソフトウェアの一部を外部サービスに向けて公開することです。APIを活用するとアプリケーション同士で連携ができるようになります。

例えば、FacebookやSlackなどのコミュニケーションツールを活用しているならば、APIを利用してチャットボットを連携できます。Facebookの場合は、メッセンジャー機能にチャットボット機能を搭載するといいでしょう。

具体的な利用方法としては、Facebookの広告を通じて問い合わせがあった場合にメッセンジャーで定型文を自動返信することが可能です。

開発ツールを使う

前述したコミュニケーションツールを活用したチャットボットの利用のほかにも、開発ツールを活用する方法があります。開発ツールを使うことで専門的な知識がなくても、チャットボットの開発が可能です。

ただし、活用するツールによってカスタマイズ性が低くなるなどの注意点があります。使い勝手が悪くならないためにも、開発に向けた事前準備が大事になります。次章でチャットボット開発の事前準備をみていきます。

チャットボット開発の事前準備

チャットボットを開発するときは事前準備が重要です。事前準備は以下の4つの項目があります。

開発目的の明確化

チャットボットの開発で最も重要なことが目的の明確化です。どのようなチャットボットが必要なのかを深堀してください。

例えば、顧客からの問い合わせ対応で人員が足りていないならば、簡単な質問をチャットボットで自己解決してもらうことがいいでしょう。チャットボットでの対応が難しい場合に従来通りの対応をすればいいわけです。

また、ECサイトを運営しているならば、ユーザーに合わせた提案ができるようにしたいところでしょう。顧客の行動履歴が残るようなチャットボットを開発して、質問履歴から最適な提案ができるようにします。

このようにチャットボットの開発目的はそれぞれで異なるため、現状の課題を洗い出してみるといいでしょう。

利用ユーザーの明確化

チャットボットの利用ユーザーを明確にすることも大事です。理由はユーザーに合わせたチャットボットにしなければニーズが満たせないからです。

例えば、柔軟なシナリオ設定をすることで、顧客の属性や会話データに応じてユーザーに合わせた情報が提供できます。つまり、ユーザーのニーズを適切に把握することがポイントです。

ニーズを集める

チャットボットではユーザーが必要な回答を用意することが必要です。そのためにニーズを把握することが重要となるのです。

顧客が何を求めているのか、何を解決したいのかなどニーズに関するニーズを収集していきましょう。ニーズを集めるには、過去の問い合わせ内容やアンケートを利用してください。

とはいえ、チャットボットですべてを解決できるわけではありません。無理にチャットボットで対応しようとすると、効果が得られないことが考えられます。ニーズをもとにチャットボットで対応する範囲を決めてください。

開発人材を確保する

チャットボットを開発するうえで、開発や運用の人材を確保する必要があります。チャットボットは開発して終了ではなく、継続的なアップデートが必要です。例えば、顧客への回答ができない場合は、その理由を検証して改善する必要があります。

チャットボットの開発目的を軸に、使いにくいチャットボットにならないように取り組んでいくわけです。そのためには人材を確保して、できれば専任にする方がいいでしょう。

チャットボット開発ツールおすすめ3選

ここからは、チャットボットの開発ツールでおすすめの3種類をご紹介します。

LINE Bot Designer

国内最大級のコミュニケーションツールのLINEにチャットボットを作成するAPIが備わっています。公式LINEアカウントの自動配信、自動応答機能はプログラミングの知識がなくても搭載できます。

LINE Bot Designerはこちら

Amazon LEX

Amazon LEXは、「Alexa」と同じディープラーニング機能を利用できる開発フレームワークです。音声認識機能を組み込んだチャットボットが作成できるとあって、多くの企業が導入しています。

顧客の対応、コールセンターの自動応答にも利用できる汎用性の高いチャットボットを作りたいときには適しているでしょう。

Amazon LEXはこちら

Hachidori

Hachidoriは、AIを搭載したチャットボットです。チャットボットに任せた問い合わせ対応だけではなく、マーケティングにも活用できる点が強みでしょう。シナリオに合わせた最適なリアクションによって、見込み顧客の獲得や既存顧客との関係性強化に活かせます。

Hachidoriはこちら

チャットボットを開発しよう

顧客対応などに有効やチャットボットは開発ツールを使うと、ノウハウがない場合でも作成できます。事前に開発目的を明確にしてユーザーのニーズを集めましょう。本記事では開発ツールもご紹介しましたので、ツール選びの参考にしてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?