【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Instagramは11月17日(米国時間)、フィード投稿としてシェアされた15分以下の動画をリール動画としてシェアするテストを日本/インドネシアで開始すると発表しました。

リールの編集ツールを一部使えるようになるほか、リール専用タブに動画が表示されることでより多くの利用者に再生されるというメリットが期待できます。

1.Instagram、リール(Reels)に15分以下の動画を共有するテストを開始

 Instagramは、フィード投稿として15分以下の動画をシェアすると、リール動画としてシェアされるテストを日本とインドネシアの2ヶ国で始めることを発表しました。

15分以下の動画をリール動画としてシェアするテストを開始より引用)

 今回のテストでは、対象の利用者がフィード投稿として動画をシェアしようとすると、15分以下の動画がすべてリール動画として投稿される。リールと同様に、動画への音源(60秒以下の動画のみ)やスタンプ、テキストなどの追加が編集ツールで行える。また、利用者のアカウントが公開設定の場合、動画がリール専用タブに表示される可能性もある。そのため、より多くの利用者に動画が発見される可能性があります。

現在、Instagram上では多くの利用者が動画コンテンツを日常的に楽しんでいます。今年10月、フィード動画とIGTV動画を「Instagram動画」として統合したことに続き、利用者が動画コンテンツを発見したり、投稿したりする体験をよりシンプルなものにするため、今回のテストを実施します。

本日以降、テスト対象の利用者がフィード投稿として動画をシェアしようとすると、15分以下の動画はすべてリール動画として投稿されます。リールと同様に動画に音源を追加したり(ただし、動画が60秒以下の場合のみ)、スタンプやテキストなどの編集ツールが使えるようになります。また、利用者のアカウントが公開設定の場合、動画がリール専用タブに表示される可能性もあるため、より多くの利用者に発見してもらうことが可能になるでしょう。

15分より長い尺の動画(最大60分)を投稿する場合は、リールではなくInstagram動画としてシェアされ、プロフィール上の動画タブに表示されます(※)。また、Instagramライブ、ストーリーズ、ライブ配信のアーカイブ動画に変更はなく、15分以下であってもリール動画としては表示されません。

このテストは、本日から日本とインドネシアで段階的にロールアウトします。テスト対象の利用者からのフィードバックを踏まえて、他の国にテストを拡大、あるいは本格的に導入する時期を決定する予定です。

※15分より長い動画を投稿できるのは、デスクトップからのアップロードのみ

つまり今回のテストで対象となったユーザーは

  • フィード投稿に動画を投稿しようとすると15分以下の動画はすべてリール動画として投稿される
  • 1分以内の動画はリールと同じ編集ツールが使える
  • リールタブに表示される可能性があり、長尺動画も他ユーザーに見てもらいやすくなる

などの変化があります。

2.まとめ

Instagramリールは、従来は別途BGM・エフェクト・テキストなどの追加による編集が必要でしたが、作成が必要でしたが、今回のテストでは編集などしていないごく一般的な比較的長い動画もフォロワー以外の人に見つけてもらえる可能性がありますので、動画コンテンツによるコミュニケーションがより活性化していくでしょう。

Instagramからおすすめ表示されてより多くの人の動画を見てもらえるチャンスが増えますので、上手く取り入れてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?