【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

最近ではほとんどの方が日々の日常で取り入れている人気のSNSである「Instagram」

新しく知り合った方のアカウントを見たい、フォローしたいときに名前やユーザー名を教え合うこともできますが、少し手間がかかりますよね。

そんなInstagramのプロフィールを簡単に見ることができる「QRコード」という機能があることをご存じでしょうか。

InstagramのQRコードはLINEなどのSNSと同様に、自分のQRコードを送ったり、カメラで読み取ってもらうだけで簡単に自分のプロフィール画面を見てもらえたり、フォローしてもらえる機能です。

背景画面を絵文字や自分の画像に変更して、自分仕様に設定することができるのも魅力的なポイント。

今回はそんなInstagramのQRコードの出し方、デザインの変え方、読み取る方法まで、画像とともにわかりやすく解説していきます。

1.InstagramのQRコードとは

InstagramのQRコードとは、自分だけに作られたQRコードをInstagramのカメラで読み取ってもらうだけで簡単に自分のInstagramアカウントをチェックしてもらったり相手のアカウントをフォローすることができる機能です。

ユーザー名や名前を検索したり、URLを送り合うことなく簡単にアカウント情報を伝えることができます。

非常に便利な機能ですので、是非使ってみましょう。

2.インスタのQRコードを作成する方法(出し方と共有)

それでは、まず最初にInstagramのQRコードの出し方(見せ方)について詳しく説明していきます。

2-1. 設定画面または検索画面からQRコード生成する

まず、自分のInstsagramアカウントのプロフィールページを開き、右上にある「メニューボタン」を押します

メニュー一覧に「QRコード」が表示されるので、こちらを押してみましょう。

すると、自分だけのInstagramアカウントのQRコードが表示されます。

こちらを相手に共有するだけで、簡単にプロフィールを見てもらえたりフォローしてもらうことが可能です。

2-2. 自分のQRコードを保存またはSNS(LINEやTwitter等)でシェア

InstagramのQRコードのデザインには、「カラー」「絵文字」「セルフィー」の3種類があり、自分の好きなデザインに変更することが可能です。

  • カラー:背景画面をタップするごとにQRコード全体を5種類の色合いに変更する
  • 絵文字:スマホにもともと入っている絵文字から好きなものを選び、変更する
  • セルフィー:自分が撮った写真を背景に変更する

上部にある「カラー」「絵文字」「セルフィー」のボタンをタップすることで、簡単に背景

デザインの切り替えができ、背景をタップすることで色合も変更可能です。

3.InstagramのQRコードを読み取る方法

ここからは相手から共有してもらったInstagramのQRコードを読み取る方法をご紹介していきます。

読み取る方法は、

  • カメラでInstagramのQRコードを読み取る
  • 他のアプリに共有してから読み取る
  • 保存したQRコード画像を相手に送って読み取る

以上の3パターンがあります。詳しくご説明していきましょう。

3-1.カメラでInstagramのQRコードを読み取る

QRコードを読み取る方法はQRコードを見せる手順と同様の流れを追います。

まず、自分のプロフィールページの右上にある「メニューボタン」を押します。メニュー一覧に「QRコード」が表示されるのでタップしましょう。

すると、自分のInstagramアカウントのQRコードが表示され、その下部にある「QRコードをスキャン」をタップします。

そうするとスマホのカメラが起動してスキャン画面が表示されます。

読み取り画面の枠内に相手のQRコードをかざすだけで自動的に相手のアカウント画面が映し出されますので、そこからプロフィール画面に進んだり、フォローすることが可能です。

3-2.他のアプリに共有して読み取る

自分のQRコードの画像を保存して送らなくても、共有ボタンでほかのアプリに共有することでQRコードを読み取る方法もあります。

プロフィールのメニュー ⇒QRコードの順で自分のInstagramアカウントのQRコードを表示しましょう。

QRコードが表示された画面の右上に「共有ボタン」があるので、こちらをタップします。

タップすると、LINEやメール、メッセージなど他のアプリが表示されるので、共有したい相手のアプリを選択しましょう。

例:LINEアカウントに共有する場合

例として、LINEのアカウントに共有する方法をご紹介いたします。

LINEを選択すると「選択中」の画面が表示され、QRコードを送る相手のアカウントを確認することができます。ちなみに複数人でも選択可能です。

選択が終わると、右上に「転送」のボタンがあるのでこちらをタップします。

そうすることで、LINEのアカウントに自分のInstagramアカウントのQRコードとURLが送られます。QRコードを送られた側はリンクをタップすることで送り主のInstagramアカウントに移動することができます。

3-3.保存したQRコード画像を相手に送って読み取る

続いてQRコードをスクリーンショットし、画像として相手に送って共有する方法もご説明していきましょう。

まず、プロフィール右上メニューの「QRコード」から、自分のQRコードを表示させます。

自分のInstagramのQRコードが表示され、画面右上にある「共有ボタン」をタップしましょう。

共有メニュー内の「画像を保存」をタップすることで、今使っているスマホのカメラロールにInstsagramのQRコードが保存されます。

保存したQRコードは、普段写真を見せたり送るように、メッセージアプリやSNSのアカウントから画像として送ることができます。

4.インスタのQRコードは加工・編集してオリジナリティが出せる

インスタのQRコードは、背景の色やデザインを変えて自分好みにカスタマイズすることができます。友達と一味違ったデザインのQRコードを作成してみてください。

4-1.QRコードのイメージカラーを変更する

QRコード上部のボタンがカラーになっていることを確認し、背景部分をタップすると色が変えられます。

グリーンやブルーなどの寒色系のグラデーションや、オレンジやイエローなどの暖色系のグラデーションがあるので、気に入ったカラーに設定してみてください。

4-2.絵文字を散りばめた背景にする

QRコードの上のカラーボタンをタップし絵文字に切り替えると、小さい絵文字が背景に散りばめられたデザインが楽しめます。

どこでもいいので背景をタップすると、全種類の絵文字が表示されるので、好きな絵文字を設定することができます。

4-3.セルフィーで撮影したものを背景にする

QRコード上部のボタンを数回タップしセルフィーへ切り替えると、自分の顔などをインカメラで撮影したものを背景にできます。

撮影画面中央の枠内に顔などを当てはめ、画面下のシャッターボタンを押すだけでOKです。背景をタップすれば、セルフィーのエフェクトが変更できます。

上手く撮影できなかった場合は、画面右上のもう一度撮影または撮り直しをタップすると、再度撮影が可能になります。

5.まとめ

QRコードを使用することで、簡単にInstagramのプロフィールを共有し合うことができます。

自分だけのInstagramアカウントのQRコードを、可愛らしいデザインやオリジナリティあるデザインに変更できることも魅力的ですね。是非、自分仕様にデザインを変えて楽しく情報交換してみてください。

Instagramのアカウント情報をチェックしたいときにユーザー名を検索したり、URLを送りあう必要がなく、読み取りや共有も簡単に行うことができる非常に便利なQRコード。

相手との情報交換がより簡単にスムーズにできるので、これから是非参考にしてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?