【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Instagramには、アーカイブ機能があり過去の投稿を残すことが可能です。この記事では、Instagramのアーカイブ機能について基本的な知識や使い方、戻し方などをご説明します。

また、ビジネスアカウントでアーカイブを活用する方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Instagramのアーカイブとは?

Instagramのアーカイブとは、ストーリーや投稿した写真などを保存する機能です。また、Instagramでアーカイブされたものは非公開になり、ほかのユーザーには見えないようになります。

アーカイブとして残した写真などはもとに戻すことも可能であり、一時的に非表示にすることも可能です。

アーカイブできるのは3つ

Instagramでアーカイブできるのは、以下の3つです。

・フィード投稿

・ストーリー

・ライブ

以上のアーカイブを残すことができるため、用途に応じて使ってみてください。

アーカイブのやり方と見方

ここからは、フィード投稿、ストーリー、ライブに関してアーカイブのやり方や見方をご紹介します。

フィード投稿

アプリでInstagramを起動後、アーカイブした投稿を開いて画面右上の三点マーク(メニュー)から「アーカイブする」を選ぶだけです。アーカイブした内容をみるには、メニューボタンを開いて「アーカイブ」をタップすれば確認することができます。

・ストーリーズ

ストーリーズは、設定をすると自動的にアーカイブされます。もともとストーリーズは投稿して24時間すると消えますが、設定により自動的に残すことが可能です。設定方法は、アーカイブ画面で三点マークをタップして「設定」「ストーリーズをアーカイブに保存」をオンにするだけです。

・ライブ

Instagramのライブ配信は最大4時間まで可能であり、そのアーカイブを残すことができます。ストーリーと同様の手順で設定をオンにすると、自動的にアーカイブされます。ただし、ライブを保存できるのは30日間ですのでご注意ください。

アーカイブの戻し方

一度、アーカイブにして他のユーザーから見えないようにしたけれど戻したくなることもあります。なお、アーカイブから戻すのは、フィード投稿のみとなります。

戻し方はアーカイブ画面から三点マークを選んで「プロフィールに表示」をタップすると、フィード投稿に戻すことが可能です。ちなみに、削除する際もこの流れから行えます。「プロフィールに表示」と「削除」から「削除」を選んで消してみましょう。

ビジネスアカウントでアーカイブを活用する方法

ここからは、ビジネスアカウントでアーカイブを活用する方法をご紹介します。アーカイブは過去の投稿を残すという単純なものではなく、視点を変えるとうまく活用することができます。

一時的にアーカイブしてタイムラインに流さない

1枚の写真を分割して投稿するグリッド投稿は、アーカイブに残すことで効果的な運用につながります。グリッド投稿は1枚では意味をなさない投稿を何度も繰り返すことになります。

無意味な投稿を繰り返すことで、フォロワーを失う可能性がでてくるわけです。そんなときは投稿後、すぐにアーカイブすることでフォロワーのタイムラインを独占せずに済みます。

グリッド投稿をする際は、アーカイブ機能を使ってフォロワーに気遣ってみましょう。

終了したとキャンペーンの投稿などをアーカイブする

ビジネスアカウントならば、自社商品などのキャンペーンでさまざまな投稿をすることでしょう。しかし、キャンペーンが終了したり販売が終わったりした商品に関しては、投稿が残ったままになります。

終了したキャンペーン情報を残しておくと、ユーザーやフォロワーがプロフィールを訪れたときに、ごちゃごちゃとして見にくくなります。

よって、キャンペーンなど期間限定の投稿はアーカイブして、ユーザーから見えないようにしておきましょう。

過去のストーリーズをハイライトにする

前述のとおり、ストーリーズは自動的にアーカイブすることができます。ただし、基本的にアーカイブの内容はフォロワーには見えません。「フォロワーにストーリーズを見せたい」という場合は、見せたいものだけを選んでプロフィールに固定表示しましょう。

これがハイライトという機能です。また、「●●の着用例」「サマーセール情報」などとグループを作っておくと、フォロワーが閲覧しやすいです。ハイライトは、プロフィールの自己紹介下の「ハイライトを追加」から増やしていきます。

アーカイブの注意点

最後にアーカイブの注意点をご説明します。注意点には必要以上にアーカイブしないことがあります。

アーカイブをするとフォロワーから見えなくなるため、「お気に入りの投稿が無くなった」「あのキャンペーン情報を振り返ろうと思ったら無かった」など、フォロワーからの印象が悪くなることも考えられます。

よって、アーカイブをする際は何かしらの理由があるときだけにしておきたいところです。

アーカイブを使いこなそう

Instagramにはアーカイブ機能があります。アーカイブをすることで、フォロワーから見えなくなるため投稿内容の整理が可能です。

フィード投稿、ストーリーズ、ライブの3つについてアーカイブができますので、必要に応じて活用してみてください。必要以上にアーカイブする点に注意して、アカウント運用にアーカイブを活かしましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?