【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

飲食店の集客においてSNSを活用している店舗は多いものの「実際に自店でどう応用したらいいのか分からない……」と頭を抱えるオーナーも多いのではないでしょうか。

飲食店を経営する上でどのように集客するかは、永遠の課題と言っても過言ではないでしょう。

本記事では、飲食店がインスタグラムやTwitter、YoutubeなどのSNSを活用して集客に結びつけるため、事例から学ぶ成功のポイントをご紹介します。飲食店の集客に興味のある方やSNSを活用した集客方法を知りたい方などはぜひ参考にしてみてください。

1.飲食店がSNSマーケティングを活用すべき理由

飲食店であっても、SNSを活用したマーケティングが有効です。その理由は、SNS媒体の特徴や、飲食店ならではの特徴が関係しています。

ここでは、飲食店集客にSNSを活用するべき理由についてみていきましょう。

〇SNSは広告と同じ作用がある

飲食店を運営する上で、その店舗の場所を大勢のお客様に知ってもらうことが重要です。もちろん料理や店内の雰囲気などが良いことも大切ですが、そもそも店舗へ足を運んでもらわなければ店舗の存在を知ってもらうことはありません。とはいえ、店舗を知ってもらうのもとても難しい課題の一つです。

SNS媒体というものは、店舗をもつ飲食店運営のマーケティングでも使用できる上、さらに効率的に周知させることができる広告となり得ます。このような特徴を理解し、適切に使用することで有効な広告にすることも可能となります。

SNSは広告と違い、無料で運営できユーザーがSNS上で情報を発信することも無料となるため、低コストで来客につなげることができるのです。

〇飲食店運営とSNSの相性がよい

飲食店集客にSNS活用をおススメする理由の一つに、飲食店運営とSNSの相性がよいことが挙げられます。飲食店で提供する料理や飲み物は、SNS媒体と相性がよくマーケティングにも効果的です。たとえば、インスタグラムでは、料理やレシピなどのグルメに関連する投稿が人気のジャンルとなっていますが、この理由は料理の見た目の美しさと画像を使って視覚的にアピールできるインスタグラムがマッチしているためです。さらに店内を紹介する場合は、長時間の動画が配信できるYoutubeとの相性が良かったり、キャンペーンの告知には短いテキストで拡散力のあるTwitterが向いています。目的に応じてSNSを使い分けることで効果的な集客につなげることができるのです。

2.SNSマーケティングを実施する際の注意点

飲食店運営にSNSマーケティングを取り入れる際は、その時代の流行や生活スタイルの変化により、飲食店運営は厳しいものへと変わってきています。

SNSマーケティングを行う場合は、デメリットやリスクをなるべく招かないように努めることが重要といえます。これから紹介する内容は、SNSマーケティングを取り入れる際の重要なポイントだと認識し意識するようにしましょう。

〇コンセプトの統一

成功事例の章でもお伝えしたように、SNSマーケティングを実施する際に大切なのがコンセプトの統一です。そのような媒体を活用した場合でも、このコンセプトを統一した情報の発信は押さえておく必要があります。コンセプトを統一しておくことで、発信される情報に統一感がうまれ、さらに美しさにより質の高さを演出することが可能となります。こうすることでユーザーに価値を提供しファンの獲得も期待できます。

またコンセプトの統一と同じくらい重要なことが、徹底力です。はじめはすぐにフォロワーが伸びなくても、継続することが重要です。コンセプトの統一と継続力はSNSマーケティングで成功するコツといえるでしょう。

〇情報の管理を徹底する

SNSマーケティングでは、たくさんの情報を発信すると同時に受け取ることにもなります。アカウントの運用者が情報を発信する場合は、どのような内容が適切か複数人で事前にチェックするようにしましょう。

こうすることでトラブルや炎上を未然に防ぐことができます。またユーザーからの情報を受け取るケースもあるので、そのような場合にはどうするか管理方法についても事前に決めておきましょう。

3.飲食店のSNSマーケティング成功事例

ここではどんな飲食店がSNSマーケティングで成功したのかをご紹介します。

ご自分の店はどれに近いのか探してみてください。

3-1.はなまるうどん

公式Facebook:http://https//www.facebook.com/hanamaruudon.jp/

大手飲食チェーン店である「はなまるうどん」も、SNSマーケティングを取り入れ、そして成功を収めています。

https://www.facebook.com/hanamaruudon.jp/photos/a.10150117080105699/10159807545515699

はなまるうどんの優れている部分は、発信する情報の統一性と、その徹底です。はなまるうどんが運営するFacebookに掲載される写真には、商品しか映っていません。人が映り込んだり、商品以外の様子が掲載されることもなく、コンセプトが徹底しています。発信する内容に統一性が見られないSNSは、フォロワーを集めることができませんし、マーケティング効果も期待できません。

3-2.Shake Shack

公式Instagram:https://www.instagram.com/shakeshackjpn/

ニューヨーク発のバーガーレストランShake Shackは、提供するバーガーや飲み物が、非常にカラフルです。そのため、見た目が美しく、若い世代を中心に人気となっています。見た目の美しさやカラフルな愛らしさをアピールするため、Instagramを使ったSNSマーケティングを実施し、成功を収めました。

https://www.instagram.com/p/CaJFkhsvet9/

投稿される写真に統一感があり、記載される文言も簡潔で評価できます。さらに、様々な取り組みを行っていることはもちろん、それらを積極的にアピールしている部分も優れていると言えるでしょう。日本には、謙遜という文化があり、海外と比較した際、積極的なアピールを苦手としています。これからのマーケティングでは、ポジティブなアピールが重要であり、それらを見ごとに行っているのがShake Shackです。

3-3.レストランミヨシ

公式Twitter:https://twitter.com/gyoda_miyoshi

短い文章と統一感のある写真を掲載し、SNSマーケティングを行っているのがレストランミヨシです。発信媒体として、Twitterを選択しています。

Twitterは、多くの文章を掲載するものでもありませんし、多くの写真を掲載する媒体でもありません。簡潔な情報を発信するツールだからこそ、消費者は手軽に情報を受信し、その結果拡散力の高い媒体となったのです。レストランミヨシが運用するTwitterでは、商品紹介から臨時休業まで、様々な情報を発信しています。Twitterだけで、全ての情報を把握できる点も魅力です。

3-4.ステーキのどん

公式LINE:https://page.line.me/?accountId=940qdtow

次にご紹介する外食チェーンの企業SNSアカウントは、「ステーキのどん」のLINEアカウントです。

ステーキのどんのアカウントでは、キャンペーン情報や期間限定メニューなどのお知らせが主に投稿されています。

ステーキのどんのアカウントの特徴は、LINEの機能を活用してフォロワーの利便性を向上させているところです。

ステーキのどん公式LINEより引用)

ステーキのどんでは、各店舗のアカウントと友だちになることによって「LINEで予約」という機能を使うことが可能に。

「LINEで予約」という機能は、他のアプリやウェブに移動することなく来店予約ができる機能のこと。

本機能を使うことで、来店予約がLINE上で完結するので、フォロワーはより気軽に・簡単に予約を取ることができます。

LINEは日常のコミュニケーションツールとして浸透しており、ユーザーの生活に一番近いSNSですので、LINE上で簡単に予約ができるようにしておくことでリピート率の向上にも繋がります。

3-5.サブウェイ

公式TikTok:https://www.tiktok.com/@subwayjapan

サブウェイのアカウントでは、おすすめのカスタマイズや調理の様子を伝えるショートムービーが投稿されています。サブウェイのアカウントの特徴は、動画を通じてフォロワーと積極的にコミュニケーションを取っているところです。

@subwayjapan

@papurika0409 への返信 チーズ好き必見!注文方法はコメント欄へ→#見ちゃう動画 #誰かに話したい #サブウェイ #mysubwaysub

♬ Sm Americana Rock 1 No Lead-JP – The Standard Model
@subwayjapan

@ripabo への返信 えびアボカドのおすすめカスタマイズ🦐🥑#サブウェイ #mysubwaysub #2022

♬ Pretty and fun Marimba song – Azuline

サブウェイはTikTokで、フォロワーリクエストのカスタマイズでサンドイッチを作る動画が頻繁に投稿しています。

上記の動画は、

コメントをくれたフォロワーとのコミュニケーション

商品理解を促し、新規顧客の獲得に繋げること

リピート率の向上

をしている点が参考になりますね。

それぞれ以下で詳しくご紹介しましょう。

〇コメントをくれたフォロワーとのコミュニケーション

自分のコメントが取り上げられ、動画のテーマに採用されるなんて、コメントしたフォロワーとしてはとても嬉しいですよね。動画を通じて1対1のコミュニケーションを取ることで、ブランドへの愛着をより深めてもらうことができます。

 〇商品理解を促し、新規顧客の獲得に繋げること

サブウェイはオーダーメイドのサンドイッチを作ることができるファーストフードチェーン店で、好み通りにカスタムができるという側面がある一方、(どうやって注文すれば良いの分からない…)という方も多いのではないでしょうか。本動画は、迷っている消費者の不安を解消するようなものとなっています。

キャプションには注文方法が詳しく記載されていますので、初めての方でも安心してお店に向かうことができます。

外食チェーンの企業でSNS運用をする際には、初めてのユーザーでも来店しやすいように、必要に応じて注文方法やお店の雰囲気等を伝えるようにしましょう。

〇リピート率の向上

新しいカスタマイズを知ったら思わず試してみたくなってしまうというユーザーも多いのではないでしょうか。動画内で様々な商品のカスタマイズを紹介することで、既存顧客のリピート率の向上に繋げることができます。

外食チェーンの企業でSNS運用をする際には、本事例を応用して、定番メニューのアレンジ方法やちょい足しレシピ等を紹介してはいかがでしょうか。

4.まとめ

飲食店経営には、これから先も多くの困難が待っているでしょう。新しい価値を提供することはもちろん、より効果的なマーケティングを実施していかなければなりません。提供する商品、サービスに力を入れることは当然ですが、それらを魅力的に発信し続けることも、必要事項なのです。

これからは、SNSマーケティングを正しく活用し、顧客獲得から情報発信まで、積極的に行動を起こしてみましょう。SNSマーケティングは、これまでの小規模な顧客層を、大幅に拡張する力も持っています。大きな可能性を手に入れるためにも、SNSマーケティングを効果的に実施していきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?