【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

1.女性フィットネスインフルエンサーの魅力

近年注目されているインフルエンサーマーケティングにおいて、女性フィットネスインフルエンサーが大変優れていると高い評価を得ています。インフルエンサーマーケティングは、フォロワーの多い、影響力のあるインフルエンサーを起用すれば成功するという単純なものではありません。企業の特徴はもちろん、マーケティングする商品、サービスの特徴と起用するインフルエンサーの特徴が的確にマッチしていなければ、成功しないのです。

さらに、インフルエンサーのジャンルによって、適さないマーケティングも存在します。このような注意点がある中、女性フィットネスインフルエンサーは高い評価を得ているのです。なぜ、筋トレ女子インスタグラマーがマーケティングに適しているのか、具体的な理由を解説していきましょう。

〇効果が明確

消費者の購買行動を促進するためには、商品の効果が明確でなくてはなりません。効果が曖昧なもの、目に見える形で効果が表れないものは、購買行動に結びつけにくいと言えます。筋トレ女子のInstagramでは、効果が明確に表現しやすく、購買行動に繋げやすいのです。例えば、ダイエット食品やウェイトコントロール食品などをPRする時、ボディラインを明確に表現することができ、効果を的確に消費者に訴えることができます。

このように、商品やサービスの効果を明確にすることによって、消費者が抱えている購入前の不安「マッチングリスク意識」を減少させることができるのです。減少させることによって、購買行動が活発化します。マッチングリスク意識とは、購入後のリスクに関する不安感のことです。「失敗したらどうしよう」「効果がなかったらどうしよう」という不安が、購買行動を止めてしまいます。これらを減少させるためには、目に見える形で、商品の効果をアピールする必要があるのです。

〇ストイックな姿に好感を持つ

インフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーとフォロワーの関係性が非常に重要です。インフルエンサーに好感が持てなかったり、尊敬できなければ、信頼することができません。信頼できないインフルエンサーが発信する情報によって、消費者が購買行動を起こすことはないのです。

購買行動では、認知の次に、信頼が必要となります。商品やサービスを知っているだけでは購買行動に繋がりません。商品やサービスに対する信頼を持つことによって、行動を起こすのです。この「消費者の信頼」を得るのが、インフルエンサーとなります。こうした理由から、ストイックな姿勢を見せ続ける女性フィットネスインフルエンサーは、マーケティングに適しているのです。

〇長期的に観覧する

女性フィットネスインフルエンサーのメリットは、長期的な観覧者が多い点です。筋トレというジャンルは、すぐに効果が見られるものではありませんし、日々新しい情報が投稿されます。体重や体脂肪率も変化しますし、鍛える部位によってトレーニング方法も異なるのです。常に新しい情報、異なる情報が発信される点、変化が見られるInstagramのため、長期的に観覧します。長期的に観覧することによって、信頼関係を築きやすくなりますし、マーケティング活動も目に入れやすくなるのです。

〇共感を生み出しやすい

信頼関係が築きやすい女性フィットネスインフルエンサーは、フォロワーが離れるリスクが少なく、こういった部分もマーケティングに適しています。フォロワー数がどれほど多くても、インスタグラマーとフォロワーの間に信頼関係がなければ、入れ替わりが激しくなってしまうでしょう。入れ替わりが激しければ、購買行動に結びつけにくく、マーケティングに適しているとは言えません。ストイックな姿に共感を集めやすく、また長期的関係を築くことができる女性フィットネスインフルエンサーは、フォロワーとの関係性が良好であることから、購買行動が期待できるインフルエンサーなのです。

また、エンゲージメント率も高いため、フォロワー数が小規模であっても、企業側にメリットを与えやすい存在だと言えます。

〇幅広いジャンルにマッチする

女性フィットネスインフルエンサーは、様々なマーケティングジャンルにマッチングしやすいインスタグラマーです。女性であることから、ファッション系やコスメ、美容系にも展開しやすく、ウェアや器具、プロテインなどの食品系などにも応用ができます。

インフルエンサーマーケティングでは、マーケティングを行うインフルエンサーと、商品が適切にマッチしているほど効果をあらわすのです。インフルエンサーがこれまで行っていた投稿と、全く異なるジャンルのマーケティングを行っても、購買行動は期待できません。そればかりか、ステマ疑惑を持たれたり、企業やインフルエンサーへの不信感が募り、双方にとってデメリットが生じやすくなってしまいます。このようなリスクを減らせるのが、女性フィットネスインフルエンサーなのです。

2.女性フィットネスインフルエンサーと企業の提携事例

女性フィットネスインフルエンサーは、多くの企業から注目されています。そのため、様々な提携を行っているのです。ここからは、筋トレ女子として多くの注目を集めているインスタグラマーを紹介し、企業とどのような提携を行ってきたのか事例としてご紹介していきましょう。

2-1.Ryoca/@pualani_ryoca_onitore_rizap118

https://www.instagram.com/p/B7PyplxBULy/

RyocaさんのInstagramでは、筋トレ前の体重及び体脂肪を掲載し、現在の様子やトレーニングの内容を公開していました。さらに、アンバサダーを務めるトレーニングジムの食事内容を公開したり、日々のボディ変化も載せているため、ダイエッターや筋トレ女子にとって大変興味深い内容となっています。Ryocaさんがアンバサダーを務めるトレーニングジムは、「食事内容が過激すぎる」「筋トレではなく食事制限で痩せている」など、ネガティブな噂も見られました。しかし、RyocaさんがInstagramに日々の食事内容を掲載することによって、そういったネガティブ要素や誤解も解け、企業にとって大きなプラスとなっています。

2-2.Kaede Doi/@kaede.007

https://www.instagram.com/p/BxUowDznIiQ/

KaedeさんのInstagramでは、日本人とは思えないほどの魅力的なメリハリボディを見ることができます。お洒落なトレーニングウェア、ボディラインを活かす普段着など、参考にしている女性は少なくありません。適度に食事を楽しみながら、トレーニングに励む姿は、多くの女性に活力を与えています。

普段から女子力の高いKaedeさんは、脱毛PRなどを行っていました。筋トレ女子にはもちろん、女性にとって脱毛は興味深いジャンルの1つです。安い金額で実施できる脱毛サロンが多数登場しているものの、消費者側はいまいち信用できません。しかし、水着姿を公開しているKaedeさんがPRすることによって、消費者に安心感、信頼感を与えることができます。

2-3.madoka/@madoka_1107

https://www.instagram.com/p/BrcY3uYgxuG/

madokaさんのInstagramでは、筋トレ姿だけではなく、世界各国を楽しむ姿も見ることができます。日本では見られない景色、美ボディと異国のファッションが組み合わさった写真は、いづれも魅力的です。

madokaさんは、海外旅行も多いことから、時計のPRを行っていました。旅先に時計は必需品ですし、異国のファッションとマッチするお洒落な時計は大変重要です。さらに、筋トレ女子にとって時計は重要な物でしょう。様々な要素が絶妙にマッチした、企業提携と言えます。

2-4.Azusa Dancy/@az.dancy

https://www.instagram.com/p/B7V11oAhUdE/

Azusaさんは、ボディビル日本チャンピオンにも輝いた筋トレ女子界の有名人です。鍛え抜かれた体は、同性以外の目も惹きつけ魅了します。Azusaさんと同じように、美しく鍛え上げられたボディを手に入れたいと、食事内容やトレーニング内容を真似する人も少なくありません。このような状況、また多くの要望を受けたため、Azusaさんは、トレーニングセミナーを実施しています。セミナーでは日々のトレーニングから、大会前のトレーニング、細かい食事メニューなどを紹介し、参加者から多くの高評価を得ていました。今後は、ダイエットやトレーニング時の食事メニュー開発、プロテイン開発など、幅広い活躍が期待できるインスタグラマーです。

2-5.ai/@_haniiiskip

https://www.instagram.com/p/BkpSagYjS2e/

ダイエット系に近しい特徴を持っているのがaiさんのInstagramです。これまで紹介した筋トレ女子は、大会に出たり、審査員を務めたりするなど、筋トレの道を究めている人がほとんどでした。大変参考にはなるものの、初心者にはわかりにくい文言が使われていたり、ストイックすぎて共感できない部分もあります。aiさんのInstagramは、初心者でもわかりやすく、取り組みやすいワークアウトを掲載していました。

aiさん自身の体型も親しみやすく、「共に成長していく」という共感を得やすいInstagramです。共感が高い程、購買行動に繋がりやすくなります。企業との提携では、筋トレ本を出版したり、FiNCアンバサダーとして活動していました。

2-6.中村真央/@mao_baby

https://www.instagram.com/p/B5yzRQHlAzg/

maoさんは、ボディビルダー兼ホステスという異色の経歴を持っています。スポーツ系アトラクション番組に、出場したこともありました。ホステスという外見が重要視される職業に就いているだけあって、非常に魅力的な外見をしています。日常的に身につけているファッションも、大変お洒落で、女性たちの目を引きつけていました。また、トレーニングの様子も公開していますが、ストイック過ぎるトレーニングとなっており、ギャップに惹きつけられる人が続出しています。

全ての女性が憧れてしまうような、美しい外見を持つmaoさんは、筋トレ女子にはかかせない高タンパク質食品のPRを行っていました。

2-7.yuki/@yuki_f13

https://www.instagram.com/p/B7nzSIihiaj/

yukiさんは、筋トレと美容系がミックスされた、インスタグラマーです。他の筋トレ女子とは異なり、Instagramにはトレーニング姿ばかりが掲載されているわけではありません。コーディネートや愛用コスメ、外出先の様子など、女性らしい写真が多数掲載されています。しかし、筋トレ女子らしく、トレーニングの様子、トレーニングアイテムなども掲載されていました。

企業との提携では、美容系要素も加わり、サプリメントのPRやコスメ系のPRを行っています。今後は、トレーニングウェアなどの企画、コスメ開発など、筋トレと美容系をミックスした場での活躍が期待されるインスタグラマーです。

2-8.渋谷美穂/@miho_fitness

https://www.instagram.com/p/B2JUcpLHLsD/

mihoさんは、男子顔負けの立派なシックスパックを保有する、腹筋女子です。ストイックに鍛えすぎていることから、某テレビ番組で取り上げられ、「やりすぎ」判定となっていました。

mihoさんのInstagramでは、トレーニングの様子だけではなく、様々なポージングも掲載されています。ボディビル、筋トレ女子にとって、筋肉を美しく見せるポージングは非常に大切な事柄です。しかし、ポージングに特化したInstagramはなかなか存在しません。そのため、mihoさんのInstagramは非常に参考になるでしょう。

企業との提携では、缶詰のPRやポージング公認講師など、幅広く行っています。

2-9.栗原ジャスティーン/@shell.jay

https://www.instagram.com/p/B70jxYbnucV/

ジャスティーンさんは、中学生からモデルとして活躍し、ファッションブランドの立ち上げ、トレーニングと積極的に活動しています。また、トークバラエティ番組に出演したこともありました。優れた行動力を持っているジャスティーンさんは、可愛らしいシェイカーが欲しいという理由から、シェイカーを作成し、販売しています。

モデルとしても活躍しているため、企業との提携では、コスメのPRも行っていました。現在は妊娠中であり、激しいワークアウト、積極的な活動等は見られません。今後は、ママとして産後シェイプアップ系、補正下着など、新しいジャンルへの参加が期待されるインスタグラマーです。

2-10.ゆんころ/@yunkoro519

https://www.instagram.com/p/B5-BeiyBFP8/

ゆんころさんは、雑誌モデルとして活躍しながら、ファッションの会社を立ち上げるなど、実業家としても活動しています。Instagramでは、お洒落な私生活やファッション、愛用コスメを紹介しつつ、筋トレ女子らしくトレーニングの様子も公開していました。トレーニングの詳しい内容は、YouTubeで公開されています。

美しい美貌を活かし、脱毛系のPRやコスメのPR、自身がプロデュースするファッション系のPRなど、マルチな提携を行っていました。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?