【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

今やさまざまな業種でポイントサービスを導入しています。スーパー、コンビニ、飲食店、美容室、スポーツクラブ…。挙げたらキリがないほどです。また、ポイントシステムに関しても歴史が古く、次々と新しい機種に生まれ変わっています。

本記事ではポイントシステムの基本知識、主な機能、おすすめのツールなどをご紹介します。これからポイントシステムの導入を検討しているならば、ぜひ参考にしてください。

ポイントシステムとは?

ポイントシステムとは、飲食店などの店舗やECサイトなどでユーザーが商品を購入したときに付与するポイントを管理するシステムです。システムの概要は非常にシンプルですが、ポイントシステムの導入により集客や販売促進につながります。

これまではポイントカードにスタンプを押すといったスタイルでしたが、システムを導入すると顧客管理などもできます。その結果、マーケティングに活かせるわけです。

ポイントシステムの主な機能

ここではポイントシステムの主な機能をご紹介します。

顧客管理

ポイントシステムには顧客管理機能が備わっています。店舗やECサイトを何度か利用してもらえば、顧客のデータが集まりますので販促に活かせるでしょう。

例えば、「〇〇さんは毎月中旬に△△を購入している」とわかれば、その時期に合わせて商品の手配をすることができます。

ポイント発行・管理

ポイントシステムで最も主幹的な機能が、ポイントの発行や管理です。顧客ごとに発行した具体的には、ポイント数の加減、期限切れのポイント償却、イベントやキャンペーンに合わせたポイント設定などの機能があります。

また、顧客の回転率が高い店舗であれば、ポイントの処理能力が高いものを導入しましょう。

分析

ポイントシステムではそこまで重要視しないことが多いものの、分析機能は顧客満足度を向上させるために大切な機能です。

ポイントシステムを活用して、日々の販売実績を把握する。また、それに応じてどのような商品やサービスが必要になるか、考える。人間が考えるには限界がありますが、システムに頼れば精度の高いシミュレーションをしてくれます。

ただし、いくら素晴らしいシミュレーションを弾き出しても、社内にうまく活用できるスタッフがいないと導入コストが無駄になるでしょう。システムの導入時は社内教育も大事な要素です。

販売促進

最近のポイントシステムには、顧客管理と分析結果から顧客に最適な商品情報を提供できる機能が備わっているものが多いです。

それにより顧客それぞれに最適で適切な頻度で情報配信をしたり、誕生日や来店回数によって特典を用意したり、ブランディングも可能になりました。

外部連携

大企業を中心に顧客管理などさまざまなシステムやツールを導入しているケースが多いです。その場合、既存のシステムとの外部連携がネックになります。外部連携ができないポイントシステムであれば、なかなか導入しにくいです。

ただし、最近では外部連携ができるポイントシステムも多く展開されており、既存システムとの有効な連携ができます。

おすすめのポイントシステム5選

ここでは、おすすめのポイントシステムを5つご紹介します。

アイスタンプ

アイスタンプは店舗を構える業界向けのサービスです。スタンプやクーポンの配信など、マーケティング領域について一括管理ができます。これによりリピーターにつなげていき、売上げの向上を目指します。

店舗業界においてリピーターの獲得は非常に重要であり、その施策にアイスタンプを取り入れてもいいでしょう。アイスタンプの導入をおすすめしたいのは、飲食店や美容室などです。

アイスタンプはこちら

CROSS POINT(クロスポイント)

CROSS POINT(クロスポイント)は、ECサイトと実店舗でのポイントが共有できるシステムです。また、独自のアプリ設計により顧客との接点を強化しています。 POSシステムなどの外部連携も可能であり、販路拡大もできるでしょう。

ECサイトと実店舗の両方を運営しているならば、CROSS POINTが適しています。

CROSS POINT(クロスポイント)はこちら

Point infinity(ポイントインフィニティ)

Point infinity(ポイントインフィニティ)は、日立ソリューションが開発したポイントシステムです。異なる事業間であってもポイントを共有することができて、送客効果が見込めます。また、ポイントを活用してキャンペーンを設定できて、より集客力をアップすることができます。

他にもランクに応じたインセンティブポイントの付与、ポイントと商品との交換など幅広い機能が備わっています。

Point infinity(ポイントインフィニティ)はこちら

TEMPO

TEMPOは、専用端末やアプリが不要でありさまざまなデバイスですぐに使えるシステムです。電話番号だけで簡単に顧客情報が登録できて、SMSメッセージによってポイントの付与通知ができます。

顧客ごとの専用マイページがあり、顧客に合わせた情報発信も可能です。簡単な操作で顧客管理ができるため、試しに導入してみたい場合にも適するシステムになります。

TEMPOはこちら

P+KACHI(ピーカチ)

P+KACHI(ピーカチ)は、利用ユーザー900万人を誇るポイント管理サービスです。スマホが会員証がわりになり、メール配信時やアンケート回答時にポイントが付与される仕組みです。顧客の定着を目指したいときに、適するツールといえます。

また、顧客がスマホでバーコードをかざすと、管理デバイスに顧客情報が瞬時に表示されます。他にも顧客の属性や来店履歴が管理できるなど、マーケティングにも重宝します。

P+KACHI(ピーカチ)はこちら

ポイントシステムやアプリを導入してみよう

ポイントシステムは、単に顧客にポイントを付与するだけではなく、顧客情報の管理にも役立ちます。積み上げた情報を活用してリピーターの獲得など、マーケティングにも効果的です。

本記事を参考にして、ポイントシステムを導入してみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?