「ランディングページで売り上げを伸ばしたい」

「どのようにしてランディングページを作ればいいのかわからない」

など、ランディングページについて疑問点をもつことがあるでしょう。この記事ではランディングページの作り方を中心に詳しく解説します。

これからランディングページの作成をする際は、ぜひ参考にしてください。

  

ランディンページ(LP)とは

ランディングページとは、訪問者が最初にみるページです。ただし、一般的なWEB関連において、ランディングページは「サイト訪問者に何らかのアクションを起こさせるページ」です。

具体的には訪問者の悩みに共感し、原因を解説、その後、解決策を伝えて購入につなげる役割があります。1ページにそれらの情報が網羅されていることもランディングページの特徴です。

  

ランディングページ(LP)の作り方

ランディングページは以下の手順で作ってみてください。

 

目的を決める

ランディングページを作るうえで、最も重要なのが目的を決めることです。ランディングページを作ってどんなことをしたいか、しっかりと考えましょう。

「商品を売りたい」「メルマガ登録をさせたい」「資料請求をさせたい」などランディングページの目的はさまざまです。

たとえば、「商品を売りたい」という目的ならば訪問者は商品を手に取れないため、写真や情報を多くする必要があります。一方で資料請求やメルマガ登録が目的ならば、購入させるよりもハードルがさがるためメリットを伝えるだけでもいいでしょう。

 

ペルソナと訴求軸を決める

ランディングページの目的が決まったら、ターゲットのペルソナ分析、訴求軸を決めます。ペルソナとは、自社商品を利用する顧客で最も重要な人物モデルです。

年齢、性別、居住地、職業、年収、世帯など細かに設定することで、訴求方法も定まってきます。また、ランディングページは作成したら終わりではありません。

効果測定をしながら繰り返し施策を実行する必要があるため、ペルソナが決まらないと方向性もぶれてしまします。

 

構成を決める

ペルソナが決まったら、ランディングページの構成を決めます。ランディンページは1ページで訪問者に訴求するため、どのように展開するかが重要です。プレゼンテーションのように順序立てて構成を決めていきましょう。

具体的には次のような構成を参考にしてみてください。

 

  • ファーストビュー(キャッチコピーやメイン画像など)
  • ボディコピー(関心換気、信頼獲得)
  • クロージング(購入フフォームなど)

以上のような構成はワイヤーフレームと呼ぶことがあり、型にはめていくことでランディングページの作成が可能となります。

ワイヤーフレームはツールを使うと直感的に操作することもできるため、作業の効率化を考える場合は導入してみましょう。

 

コンテンツの作成

構成ができたら、それに従ってコンテンツを作成していきます。

ファーストビュー、ボディコピー、クロージングの順にコンテントを作成しますが、それぞれ以下に注意してください。

 

・ファーストビュー

キャッチコピーは最重要。読者にとってのメリットを訴求ができているかがポイント。アイキャッチ画像は訪問者のからの第一印象に影響する。行動換気(CTA)をファーストビューにもってくるとランディングページの効果が上がる。

 

・ボディコピー

ランディングページで最も大きな面積となる部分。訪問者の悩みに寄り添う「共感」から入り、商品購入よるメリットを伝える。自社の実績を加えると信頼感や安心感も生まれる。

 

・クロージング

行動換気や購入フォームにより訪問者に行動を起こさせる。行動換気はイメージやテキストにより表示することが多い。

 

デザイン

コンテンツが仕上がったら、デザインを追加していきます。デザインは訪問者の印象に直結するため、その後の反応に影響があります。ペルソナが読み進めたくなるようなデザインを意識しましょう。

 

・写真などを活用して見た目の印象を残す

・フォントサイズを変えながらメリハリをつける

・文字の強調や装飾でみやすくする

・反転などを活用する

・文字や写真の間隔の統一、調整 など

 

以上に取り組んでデザインを完成させてみてください。

 

開発、・コーディング

開発やコーディングとは、どのサーバーを使うか、URLをどうするかなどの細かな部分です。繰り返しますが、ランディングページは公開後に修正や改善が必要です。

そのため、修正ありきで開発を行い、後から編集ができるようにしておくことがポイントです。

 

公開・効果測定

ランディングページを公開したら、さまざまな数値を分析して効果測定をします。その後、必要に応じて修正していきましょう。

 

ランディングページ(LP)を作るときの注意点

ランディングページを作るときは、以下に注意してください。

・改善をする

・訪問者にベネフィットと伝える

・問い合わせではなく成約に着目する

 

すでにお伝えしているようにランディングページは改善していくことが重要です。ファーストビューやエントリーフォームの最適化、表示速度の改善など幅広く手直しをして訪問者に有益なページに仕上げましょう。

また、ランディングページで大事なのはベネフィットを伝えることです。

「この商品を使うとあなたは~になります。」など、訪問者自身をどのように変化させるか、そのイメージをもたせることがポイントになります。

そして、そのような改善や取り組みのなかで、問い合わせが増えていきます。問い合わせが増えると達成感や充実感を味わうものです。しかし、ランディングページは問い合わせを得ることではなく、成約につなげることが目的です。

問い合わせ数に一喜一憂せず、成約につながる改善を地道に続けていきましょう。

 

ランディングページ(LP)を作ってみよう

ランディングページは商品やサービスの販売、メルマガ登録、資料請求などさまざまな目的に使うことができます。

ランディングページを作るときは、この記事で紹介した流れで取り組んでください。また、常に改善を続けながらよりよいランディングページを作りましょう。