【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイト運営者や担当者であれば、YMYLという用語を聞いたことがあると思います。しかしながら、YMYLとは一体何であるか把握しているでしょうか。

この記事では、YMYLについて概要やSEO対策をご説明します。サイト運営に活かしてください。

そもそもYMYLとは何か?

YMYLとは「Your Money or Your Life」の頭文字をとった略称です。具体的には「幸福や健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」を意味します。

近年のGoogleのアップデートによりYMYLのページは順位が変動しやすくなっています。また、アップデートのたびに変動が起きるキーワードの範囲が拡大しています。

今後、YMYL分野のページ投稿やサイト運営を行う際は、Googleの検索品質評価ガイドラインに書いてあることを理解して、対応していくことが大事です。

YMYLの具体的なジャンル

ここからは、YMYLに該当するジャンルをご説明します。Googleの検索品質評価ガイドラインを参考にすると、以下のカテゴリがYMYLに該当します。

・ニュース、時事問題:国際問題、政治など重要な問題を扱うサイト

・公共サービス、法律など:市民生活を維持するために必要な情報を扱うサイト

・金融:投資や保険を扱うサイト

・ショッピング:インターネット上で商品購入を行うECサイト

・健康、安全:医療、病院関係などのサイト

・グループ:人種や宗教、性別などを扱うサイト

・そのほか:フィットネス、栄養、進学や就職など人生に関連するサイト

以上は検索品質評価ガイドラインに掲載されているものであり、実際の検索にYMYL分野として必ずしも反映されているとはいえません。しかし、上記をYMYL分野と認識しておくほうが無難です。

サイト運営で注意すべきYMYL

ここでは、サイト運営で注意すべきYMYLに関してお伝えします。

無意識にYMYL分野の記事を書かない

インターネット上にはさまざまなサイトやブログがありますが、閲覧していくと無策にYMYL分野に手を出している場合があります。YMYL分野はコンテンツ内容の信ぴょう性が重要視されています。

たとえば、病気に関するページはYMYLに該当するわけですが、自身が病気のことについて調べたときに間違った情報が載っていたらどうでしょうか。

最悪の場合、体調が戻らないことも考えられるでしょう。ですから、YMYL分野のサイトやページには信ぴょう性が求められるわけです。

そのようなことを理解しているサイト運営者は多いと思いますが、実際に対策をしているケースは少ないように思います。YMYL分野への対策は後述しますが、無策でこの分野の記事量産をしないようにしましょう。

YMYL分野はドメインパワーに影響があるのか

YMYL分野はユーザーの人生に大きな影響を与えることから、品質評価、つまり検索順位の決定が厳しく行われます。そのため、YMYL分野のページが低品質であると、検索順位が大幅に下がってしまいます。

そこでサイト運営者が気にしているのは「YMYL分野の評価はページ単位なのか、ドメイン全体に影響するのか」でしょう。

仮にYMYL分野の評価がドメイン(サイト)全体に影響するとなれば大きな問題です。しかしながら、YMYL分野の評価がドメイン全体に影響するかは、はっきりわかりません。

SEOの専門家やトップブロガー、トップアフィリエイターのなかでも意見が分かれます。とはいえ、YMYLに関してアップデートがあった際に、ドメイン全体の新規記事の評価が悪くなった事例もあります。

よって、YMYL分野はドメイン全体に影響を与えると考えるほうが無難でしょう。

YMYL分野のSEO対策

YMYL分野のコンテンツ制作は難しさがあります。YMYL分野のコンテンツ制作に取り組む際は以下を意識してください。

極論だがYMYL分野に取り組まない

極論となりますが、YMYL分野に手を出さないというのは現実的なことです。繰り返しですが、YMYL分野は専門性や権威性、信頼性が高く求められます。

自社サイトにおいても、自社商品やサービスに関連するサイトでなければ、これから改めてYMYL分野に挑戦するのは時間や費用がかかります。

たとえば、美容や健康系であれば関連する資格を取得して権威性をだす必要があります。もともとそのような分野に専門性のある企業ならばいいわけですが、ゼロからスタートするには非効率な面もあります。

SNSを使った集客

YMYL分野はSEOで集客することが難しいため、SNSで集客することが効果的です。実際に個人の方でもInstagramやTwitterから集客して収益につなげるケースもあります。

企業においても同様の戦術で集客して、SEOだけに頼らず収益化をしてみるといいでしょう。

責任所在の明記

サイトの信頼性にも関わりますが、責任者情報や連絡先、サポート内容を明記することも有効です。ユーザーの視点に立てば、「誰が運営しているかわからない」サイトから健康や人生に関する情報を得ようとは思いません。

企業が運営するサイトならば、運営元である自社の情報をしっかりと明記しておきましょう。

情報のエビデンスをしっかりと明示

サイトやページの信頼性を獲得するには、情報のエビデンスをしっかりと明示することが大事です。

専門家に監修してもらってコンテンツを作るならば、その専門家のサイトからのリンクがあるなど実際に監修してもらっていることを明示してください。

専門家に監修をしてもらっていなくても、論文を参考にしているならばリンクを貼り付けるなど裏付けを明示しましょう。

定期的なコンテンツの整備

YMYL分野は特に情報の新鮮さが大事です。エビデンスが最新のものになっているように、定期的な整備が必要です。法律関係のコンテンツならば、法改正に対応して新たな内容にする必要があります。

YMYL分野は対策に難しさはありますが、信ぴょう性の高い情報を高品質にわかりやすく発信していくことを意識してください。

YMYLを理解してサイト運営をしよう

YMYL分野に関するページは評価が厳しくなっており、無策にコンテンツを発信しても効果が出ません。正確な情報とその裏付け、さらに最新の内容にすることを意識してコンテンツ作りをしてみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?