【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

自社、自社ブランドなどに関して会員制サイトを構築したいと考えていないでしょうか。しかし、「会員制サイトの構築は難しそう」と思う担当者もいるでしょう。とはいえ、WordPressであればプラグインを使うことで会員制サイトの構築が簡単に行えます。

本記事では、WordPressで会員制サイトの作り方をプラグイン導入の観点からご説明します。ぜひ、会員制サイトの構築に取り組んでみてください。

WordPressで会員制サイトを作る基本知識

WordPressで会員制サイトを構築するプラグインはそれぞれでできることが異なります。プラグインには主に以下のような機能があります。

・会員向けのコンテンツ公開

プラグインを導入すると、会員登録した人とそうでない人で閲覧できるコンテンツを分けることができます。たとえば、会員登録にあたり最低でもメールアドレスの入力を必須にすれば、リードの獲得が可能です。そして、登録してもらった人に特別なコンテンツをみて貰えばコンバージョンにつながるでしょう。

・有料コンテンツやサイトの作成

有料会員と無料会員に分ければ、サイト自体から収益を上げることができます。わかりやすい例をあげると、電子新聞の有料版があります。記事の一部は無料会員でも閲覧できますが、記事の大事な部分は有料会員しかみられないようになっています。ほかにも有料で音声や動画などを販売できるプラグインもあります。

・コミュニティの作成

コミュニティが作れるプラグインを導入すると、ユーザー同士の交流の場が構築できます。書き込みややり取りが増えるとそれがコンテンツとなり、会員数が多ければ自動的にコンテンツが生み出されることになります。そして、アクセス数やPV数の向上が見込めます。

・権限管理

プラグインによって細かく権限設定ができるものもあります。たとえば、月会費ごとに閲覧できるコンテンツに制限をかけて、特別感をだすことが可能です。また、会員制サイトからずれますが、社内サイトで権限を分ければ役職ごとにみられるコンテンツを変えることもできるでしょう。

以上のように、WordPressのプラグインを使うと、さまざまな対応の会員制サイトが構築できます。

WordPressで会員制サイトを作るときの注意点

会員制サイトをWordPressのプラグインにより構築する際は、以下の点に注意が必要です。

・権限が妥当か

会員制サイトはログインの権限があることが特徴です。そのため、会員ではないユーザーが簡単にログインできるようでは意味がありません。よって、外部ユーザーに権限を与えるような割り振りがないように注意が必要です。

対策としては、権限レベルを細かく設定できるプラグインを導入して、何もできない権限項目を追加してみてください。何もできない権限に一旦割り振って、運営側が確認したら権限を与えたり権限レベルを上げたりしましょう。

・セキュリティ対策は適切か

会員制サイトは場合によりユーザーの個人情報を取得します。個人情報の漏洩があれば、大きな問題になるため、セキュリティ面にも注意が必要です。特にWordPressはサイバー攻撃されやすい側面もあるため、悪質なユーザーを排除することが大事です。

セキュリティ対策はプラグインの機能だけに任せず、別の観点から排除できる仕組みも必要になります。

プラグインの選び方

WordPressで会員サイト用のプラグインを選ぶときは、以下の3点に着目してください。

・必要な機能があるか

どのような会員サイトを作るかにより、導入するプラグインも異なります。まずは会員サイトの目的をはっきりとさせて、それに応じた機能が備わっているのか確認してください。リード獲得が目的であれば入力フォームの内容確認、有料化したいならばコンテンツ販売ができるかなど用途に応じて選びましょう。

・定期的なアップデートがあるか

セキュリティの観点からもプラグインのアップデートが定期的にあるかどうかも大事です。アップデートがあれば確実に大丈夫とは言い切れませんが、古い形式のままのプラグインはセキュリティ面での脆弱さがあります。アップデートの実施頻度もプラグイン選びの基準にしてみましょう。

・テーマやほかのプラグインとの相性は大丈夫か

WordPressでサイトを構築すると、さまざまなプラグインを導入していると思います。会員サイト用のプラグインを入れるときは、既存のプラグインやWordPressのテーマとの相性を検討する必要があります。

なかにはプラグイン同士が干渉してしまい、うまく起動しないことも考えられます。また、なかには連携ができるなど相性のいいプラグインもあります。そのような相性を確認しながら導入してください。

WordPressで会員制サイトを作るときのおすすめプラグイン5選

ここからは、WordPressで会員制サイトを作るときにおすすめしたいプラグインをご紹介します。

WP-Members Membership Plugin

WP-Members Membership Pluginは、会員制サイトの構築が初めての方におすすめです。無料で使うことができて、シンプルな作りが特徴となっています。会員登録ページの作成、ブラックリスト機能、日本語対応など簡単にできるようになっています。

Groups

Groupsは既に多くの顧客がいる場合におすすめです。たとえば、セグメントごとに閲覧できるコンテンツを分けるなど、会員の管理に適しています。会員グループの構築が無制限であり、細かに設定できます。コンテンツの一部に制限をかける機能も備わっています。

ProfileGrid

ProfileGridは、コミュニティを作りたい場合におすすめです。会員向けのコミュニティ作成、コンテンツ販売、ユーザーのコンテンツ投稿、会員へのメール送信などの機能があります。メール送信とコンテンツ販売ができるため、サイトで売上げをアップさせたいときには導入したいプラグインです。

Membership &Content Restriction

Membership &Content Restrictionは、ECサイトを会員制にしたいときにおすすめできます。特定のユーザーに限定した商品販売、サイト内でのセール開催も可能です。また、登録フォームをショートコードの設置でできる手軽さもあります。

WP Private Content Plus

WP Private Content Plusは、会員サイトの一部のコンテンツに制限をかけられるプラグインです。コンテンツ内容の一部やサイト全体に制限をかけられるプラグインは多いものの、一部のコンテンツの閲覧制限ができるものは少ないです。一部のコンテンツだけに制限をかけたいならば導入してみてください。

WordPressにプラグインを導入して会員制サイトを作ってみよう

WordPressならばプラグインの導入で会員制サイトの構築が可能です。プラグインにより特徴が異なるため、自社の目的や用途に合わせてプラグインを選んでみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?