【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

SNSを活用したマーケティングが日常的になっており、企業においてはSNSを本格的に運用したいと考えているかもしれません。

そこで味方になってくれるのがSNS運用代行です。本記事ではSNS運用代行の概要やメリット・デメリット、選び方などをご紹介します。

SNS運用代行とは?

SNS運用代行とは、自社のSNS投稿や管理、分析などを代わりに行なってくれるサービスや業者です。月々の料金を支払う代わりにSNS運用に関する幅広い業務を依頼することが可能です。

今やSNSの運用は企業にとって当たり前になってきていますが、「本業が忙しい」「社内にノウハウがない」などの場合にはSNS運用代行の利用が有効です。SNS運用を依頼することで集客などに良い効果が生まれます。

SNS運用代行に依頼できる内容

SNS運用代行に依頼できる内容は以下をご覧ください。

  • アカウントの開設
  • 投稿内容の作成(写真、動画、テキスト)
  • 投稿
  • コメントやDMの確認・返信
  • レポート
  • ミーティング
  • 広告運用 など

以上のように、SNS運用代行を利用するとSNS運用に関する全般的な業務を依頼することが可能です。費用相場は後述しますが、料金が高いほど幅広い業務を依頼できます。

SNS運用代行の費用相場

SNS運用代行の月額費用は、概ね10万円以下、20〜30万円、50万円以上に分けることができます。費用により依頼できる作業範囲が異なるため、以下を参考にしてください。

・月額10万円以下:記事作成、投稿代行

・月額20〜30万円:記事作成、投稿代行、コメント確認・返信、簡単なレポート

・月額50万円以上:記事作成、投稿代行、コメント確認・返信、簡単なレポート、定期ミーティング、広告運用

費用を検討するときは、どの業務を依頼したいのかを明確にしておくと、プランで迷うことが少なくなります。

SNS運用代行のメリット

ここからは、SNS運用代行のメリットをご紹介します。

本業に注力できる

SNS運用代行を利用すると、自社は本業に注力できます。SNSは個人が趣味感覚で利用できるツールであり、企業も手軽に導入することが可能です。しかし、マーケティング施策のひとつとして運用する場合は、片手間ではできません。

投稿内容を企画したり、画像や動画を用意したりとすべきことが多いです。自社でSNS運用に取り組む場合は手間がかかることがあり、本業がおろそかになる可能性もあるでしょう。

そこでSNS運用代行に依頼すれば本業に集中できるようになるわけです。

成果がでやすい

SNS運用代行は、SNS運用のプロでありSNSを活用したマーケティングを熟知しています。そのため、ノウハウがない企業にとっては、自社でSNSを運用するよりも成果につながりやすいです。

確かな経験や実績がある業者であれば、SNS運用代行を利用する価値があるでしょう。

リスクの低減化

SNSは手軽に運用できる反面、情報漏洩や投稿内容によっては炎上する可能性があります。自社にSNSの運用に関してのノウハウが蓄積されていない場合は、良かれと思った投稿でも炎上を招くことが考えられます。

誤った運用方法によるリスクを低減したい場合は、やはりSNS運用代行に依頼をした方がいいでしょう。サービスや業者によっては、情報漏洩や炎上を常に監視してくれるため、トラブルを未然に防ぐことが可能です。

SNS運用代行のデメリット

SNS運用代行にはデメリットもあるため、以下の2点は覚えておきましょう。

費用が発生する

当然のことながら、SNS運用代行を利用するときは費用がかかります。前述のとおり、最低でも月々10万円程度の費用が発生します。ここで大事なのが、費用対効果です。仮に月々10万円の費用を払ったとして、それを上回る利益が出なければSNS運用代行を利用している意味がないでしょう。

SNSの運用はすぐに結果に結びつかないこともあるため、数ヶ月や半年などは赤字であっても継続することとなります。それだけの予算が確保できるかを十分に検討する必要があります。

社内にノウハウが蓄積しない

SNS運用代行を利用すると、自社でSNS運用に関してほとんど、もしくは一部を担当しません。よって、自社にSNS運用のノウハウが蓄積されません。SNS運用を長期的に行うのであれば、いきなりSNS運用代行を利用するよりも自社でコツコツと取り組むことがおすすめです。

自社にSNS運用のノウハウが蓄積されていけば、利益も出ますし、その利益をもとに一部だけをSNS運用代行に依頼する方法もあります。

SNS運用代行の選び方

SNS運用代行は多岐にわたります。自社に最適な業者を見つけるときは、以下に着目してください。

具体的な手法を持っているか

SNS運用は単に投稿を継続するだけではありません。そのため、自社の要望にマッチする最適な手法を持っているかがポイントです。集客が目的ならば、どのようにして集客をしたいかを伝えて、具体策が提示されるかを見極めてください。

運用実績の有無

SNS運用ではターゲットに向けて、興味をひくコンテンツを作ることが大事です。SNS運用代行によって得意分野が異なりますので、自社のターゲットについての運用実績があるかも確認しましょう。

目標数値と効果測定の明確化

SNS運用代行をいくつか比較する上で、目標数値と効果測定の方法が明確になっているかが重要です。「ブランドサイトへのSNSからの流入を2倍にする」など具体的な目標数値が提示されるか、そして、どのように効果測定をするかの確認が必要です。

明確な料金と業務内容

SNS運用代行の費用は決して安いものではありません。ですから、プラン料金や業務内容をしっかりと提示しているかもポイントです。適正価格であるかどうかは、複数のサービスや業者を選ぶことでみえてきます。

SNS運用代行を利用しよう

SNS運用代行は、何かと手間がかかるSNSの運用を外注できるサービスです。SNS運用代行を利用することで、自社は本業にコミットできるなどメリットがあります。

一方で社内ノウハウが蓄積されないなどの注意点も覚えておきたいところです。また、SNS運用代行を選ぶときは本記事でお伝えした内容をもとに比較してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?