【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

「これから動画配信や動画広告を作りたい」など、動画制作の課題を持っていないでしょうか。動画制作をする際は、外注か社内制作かの判断に悩むところです。

本記事では外注と社内制作の特徴や違いをご説明したあとに、ケース別でどちらがいいのかを示しています。今後の動画制作に活かしてください。

動画制作の外注と社内制作の違い

動画制作の外注と社内制作では、さまざまな違いがあります。それぞれのメリットとデメリットから比較してみてください。

・外注のメリットとデメリット

動画制作を外注する大きなメリットは、効率的に高品質な動画に仕上がることです。経験豊富な業者であれば、技術力が高くて良質なコンテンツが出来上がります。自社で動画制作のノウハウがない場合は、簡単な動画を作るだけでも一苦労でしょう。しかし、外注することで、最小限のリソースで高品質な制作物に仕上がります。

一方、外注をして品質を追求すると、費用が高くなります。予算が限られている場合は、クラウドソーシングなどの手軽なサービスを利用しがちですが、依頼先によっては品質が保証できないことがあります。

多くの予算が確保できないときは、個人やフリーランスで実績が豊富な人に依頼してみてください。

・社内制作のメリットとデメリット

動画の社内制作では、費用を抑えて自由度を高めることができます。自社が理想とする動画にするには微調整を繰り返す必要があり、社内制作ならばスムーズに進みます。既に自社で制作環境が整っているならば、高品質な動画制作が可能です。

一方で社内制作のデメリットは、リソースが限られることです。社内環境が整うまでは、品質や制作スピードが安定しないでしょう。動画制作の環境が全く整っていないケースでは、ハイスペックなパソコンの導入、設備投資、社員教育、人材採用など費用も時間もかかります。

以上が動画制作の外注と社内制作の特徴です。それぞれの違いを理解できたでしょうか。

【ケース別】動画制作の外注と社内制作の判断基準とポイント

ここではケース別に動画制作を外注するか、社内制作にするのか判断基準と取り組む際のポイントをご紹介します。

とにかく品質を重視したいときは外注

「とにかく品質を重視したい!」という場合は、経験や実績が豊富な業者に外注してください。理由は動画制作に関して高度な専門知識を持っているからです。自社の希望や理想に限りなく近づけた内容にできるでしょう。

品質を追求するケースは、テレビCMや動画広告が考えられます。それらはCG処理をしたり合成技術を使ったりするため、できるだけ技術力がある業者に依頼したいです。

ただし、高品質な制作物を求める際は、それなりの費用がかかります。予算を十分に検討して外注してください。

費用をできるだけ抑えたいときは個人への依頼か社内制作

費用をできるだけ抑えたいときは、個人やフリーランスへの依頼か社内で制作しましょう。個人に依頼する場合であっても、高い技術力がある人もいます。依頼する人を選ぶには、クリエイターが登録している案件のマッチングサイトなどがあります。

また、自社の公式SNSでクリエイターを募集してもいいでしょう。その際は過去の実績を見せてもらってスキルを確認してください。社内制作はリソースが確保できれが、費用を抑えられます。

ただし、社内制作は外注に比べて自社が担当する工数が増えるため、体制づくりがポイントです。

簡単に制作したいときはツールを使って社内制作

SNSや自社サイトなどに掲載する動画であれば、ツールを使って社内制作がおすすめです。ツールにはテンプレートなどがあり、必要最低限の内容で動画作成ができます。日常的に動画を発信する場合は、簡単に使えるツールを選んでください。

ツールを使うと手軽に動画編集ができるものの、似たようなテンプレートや編集機能から他社との差別化が難しいです。まずは簡単に使えるツールで編集に慣れて、徐々に重度の高いツールやシステムの構築に取り組んでください。

動画制作を社内制作にするときのポイント

動画制作の外注では自社が関わる工程が少ないため、注意点が少ないです。業者との進捗確認などを定期的に行なってください。一方の社内制作では全ての工程を自社で担当するため、ツール選びがポイントとなります。

動画制作ができるツールには、プロツールやクラウドツールがあります。プロツールは導入する企業が多く、動画編集に必要な機能が備わっています。使い方を覚えると社内制作であっても高いクオリティになります。

有名なプロツールは、Adobe社の「Premiere Pro」などがあります。ただし、編集スキルを身につけたり導入費用がかかったりするため、覚えておいてください。

クラウドツールは、コストを抑えて使うことが可能です。用意されたテンプレートを使って、直感的に編集できる場合がほとんどです。なかにはスマホやタブレットで編集作業ができる場合もあります。

手軽に制作したいときはクラウドツールを使ってみてください。ただし、海外製品が多いため、必要な外国語を理解する必要があります。このようにプロツールやクラウドツールには、違った特徴があります。

「まずはクラウドツール」→「多くの機能を使いたくなったらプロツール」など、自社のスキルレベルに応じて使ってみましょう。

最適な制作方法を検討しよう

YouTubeなどの動画配信サービスの普及により、企業がマーケティングで動画配信をする機会が増えています。これから動画制作に取り組む際は、外注と社内制作の特徴や違いを理解して、いずれかを選択してください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?