【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

さまざまな検定の受験や資格取得は、能力やスキルを客観的に示すことが可能です。そのため、資格の取得などに積極的になる方もいるのではないでしょうか。 また、マーケティング関係においてもさまざまな検定や資格があります。この記事ではマーケティングに関する検定や資格について紹介しますので、就職や転職、自分の能力アップにぜひ活かしてください。

マーケティング関係の資格は必要なのか?

マーケティング関連の検定や資格は多岐にわたりますが、そもそも必要なものなのか疑問に思っている方もいるでしょう。 マーケティング業務をするにあたり、資格を持たなくても活躍居ている方も多いです。自社内にも優秀なマーケティング担当がいるかもしれません。 ところが、業界や企業により業務に関する知識や経験には偏りが出てしまいます。 資格の取得や勉強をすると、マーケティングンに関して総合的に理解できたり消費者の声を分析するための統計学が身についたり、さまざまなメリットが生まれます。 知識を習得するには一定量の時間がかかりますが、普段のマーケティング業務では得られない知識量となるため検定や資格に挑戦するのは有効です。

マーケティング資格の選び方

マーケティングに関する検定や資格は多岐にわたりますので、どの資格に挑戦していいか迷うこともあります。単に知っている検定や資格を受験していくのは非効率的となるため、目的別に検討してみてください。

「マーケティングの基本を学びたい」、「マーケターとして何をすればいいか知りたい」

→マーケティング検定、マーケティング・ビジネス検定など

 

「商品が売れるサイトを作りたい」「WEBマーケティングを学びたい」

→ネットショップ実務士、WEBライティング技能検定、ウェブデザイン技能検定など

 

「WEB広告の作り方が知りたい」「商品が売れるWEB広告がつくりたい」

→Google AdWords認定資格、Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験など

 

「マーケティングの数値を読み解けるようになりたい」「データ分析でわかることをしりたい」

→ウェブ解析士、データ解析士

 

「営業社員としてスキルアップしたい」「各部署との調整をうまくしたい」

→WEBリテラシー試験、JWA Webディレクション検定 など

 

このように、目的別に適した検定や資格があります。まずは自分がどのような理想や目標があるのか振り返って、検定や資格を選んでいきましょう。

マーケティング関係の検定や資格6選

ここからは、マーケティング関係の検定や資格を6つ紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定

「マーケティング・ビジネス実務検定」は、マーケティング未経験者など知識の浅い方でも取り組める検定試験です。検定はA級、B級、C級にわかれており、B級とC級は初心者でもチャレンジできるレベルです。

A級:戦略の立案・意思決定

B級:業務の運用

C級:基礎問題

大まかに試験内容を示すと上記のようになり、C級ならば30時間程度の学習で合格するといわれています。1時間の勉強時間を毎日確保すれば、C級の合格は1カ月程度で達成できるでしょう。

ネットマーケティング検定

「ネットマーケティング検定」はマーケティングのなかでもネットマーケティングに関して、スキルや能力を試す試験です。 試験勉強をしていくと、Webマーケティングの基本知識や市場調査、リサーチ、商品の販売方法など網羅的に身についていきます。 また今現在、Webマーケティングにかかわっていて、今までじっくりと勉強する機会がなかった方に適する検定です。

Webアナリスト検定

「Webアナリスト検定」は、Googleが提供している解析ツール「Googleアナリティクス」の使い方を体系的に学べる検定です。 実務レベルでGoogleアナリティクスを利用しているならば、この検定試験の勉強をすると、効果的なツールの活用につながります。 具体的にはGoogleアナリティクスの見方や使い方だけではなく、そこからどうやって課題を解決していくか読み解く力が身につきます。 検定試験としては珍しく、プロ講師から1日5時間の講習を受けたあとにオンラインテストを受ける流れとなっています。

ネットショップ実務士(ネットショップ検定)

「ネットショップ実務士」は「ネットショップ検定」に合格すると取得できる資格です。検定はレベル1~3までありますので、段階的にチャレンジしてもいいでしょう。 初歩段階といえるレベル1であれば、50時間前後の勉強で合格できる可能性が高いです。ただし、Googleアナリティクスに関する知識がある程度あれば、10時間程度での合格も可能でしょう。 試験内容は商品の販売、サイト設計、売り上げマネジメント、業界の動向調査といった実務に活かせるものとなっています。

IMA検定

「IMA検定」では、即実践できるスキルが身につきます。自らインターネットで集客して、Googleアナリティクスを使ったアクセス解析、改善策のレポート作成と実行など、実務スキルを全体的に学んでいきます。 実績をだしたいマーケティング担当者にはおすすめの資格ですが、就職サポートもしていますので、仕事を探している方でも有効なカリキュラムとなっています。 Eラーニングと受験がセットとなっており、2カ月ほどでカリキュラムが完了します。

中小企業診断士

「中小企業診断士」は今回紹介している検定や資格では最もレベルが高いです。中小企業の経営課題を解決するための診断やアドバイスを行う資格となりますが、マーケティングにも有効な資格でもあります。 経営とマーケティングは関係性が深いため、中小企業診断士の知識を活かしてWEB系ならばSEOや集客の企画・立案、提案ができるようになります。 試験は経営課題と選択による専門科目試験、面接、経歴審査という過程があります。一次試験、二次試験ともに合格率が20%ほどであるため、計画的な学習が必要といえます

マーケティング関係の検定や資格に挑戦してみよう

企業にとってマーケティングは必要なことです。新たな知識やスキルを身につけるためにも検定や資格は有効です。どのような目的があるのかを振り返り、検定や資格に挑戦してみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?