【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Googleマイビジネスは、ローカルビジネスの集客に欠かせないツールです。公式ホームページやブログ、特定の広告を使わなくても登録するだけでインターネット上から新規のお客さんを呼び寄せられるため多くのマーケティング会社で小規模店舗に導入を勧めています。

そのGoogleマイビジネスを使う際に是非活用してほしいのがクーポン機能です。集客にもの凄く役に立つけど意外と知られていないこの機能について紹介します。是非利用して集客に活用してください。

1.Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは、Googleが提供するサービスの一つで情報を登録すると、Google検索結果・Googleマップなど、Googleのサイト上に無料で情報を表示でき、最新情報を更新・管理できるようになるツールです。

在宅や非店舗型ビジネスなどで店舗がない場合も、Googleビジネスに登録できます。その場合、必ずしも住所を表示する必要はありません。

2.Googleマイビジネスのクーポン機能

そのGoogleマイビジネスで始まっているのがクーポン機能です。初回特典という形でお客さんに提供して週間テーマを狙うサービスです。

2-1.Googleマイビジネスのクーポンはどこに表示される?

クーポンは、Googleマイビジネスページのクチコミやビジネスの説明の下に「最新情報」として他の投稿と一緒にまとめられています。スマートフォンからでも「最新情報」タブをタップすることで確認することができます。

クーポンでアップされた投稿には「クーポンを見る」ボタンがついており、クリックするとクーポンコードや詳細が表示されます。

お客さんは、このクーポンコードを店舗に提示するか、オンラインで利用の場合はコードを入力することで利用可能です。

3.Googleマイビジネスでクーポンを投稿するメリット

Googleマイビジネスでクーポンを発行できるようになったのは2018年6月頃からです。

しかし、クーポン機能を利用しているビジネスはほとんどいませんでした。

現在は、ユーザーがお店を探すときにGoogle検索やGoogleマップを利用する割合はどんどん増えていっています。

その中でクーポンを打ち出さないのは新規のお客さんを呼び込むチャンスを自ら放棄しているようなものです。

他の店舗と差をつけるためにも、今からクーポンを発行してより多くのユーザーに利用してもらい、集客を増やすためのチャンス作りに変えていくのが集客のためには必要だし、大きなメリットだといえます。

4.クーポンの設定の仕方

この章ではクーポンを設定する方法を紹介します。すごく簡単にできるのですぐに発行して活用しちゃいましょう!

4-1.マイビジネスメニューの「投稿」をクリック

Googleマイビジネスの管理画面に入り、マイビジネスメニューの「投稿」をクリックします。

4ー2.「特典を追加」タブをクリック

投稿画面が表示されたら画面の上にある「特典を追加」のタブをクリックしてください。クーポンに関する投稿画面が表示されます。

4-3.必要事項を入力

特典のタイトルと特典利用可能期間の開始日と終了日は必須で入力しましょう。

指定期間中は投稿がマイビジネスの表に表示された状態になります。

 「詳細を追加(省略可)」のプルタブをクリックすると、特典の詳細やクーポンコードを入力できる項目が出てきます。

入力は必須ではありませんが、クーポンコードを設定したほうがどのくらいのユーザーがGoogleマイビジネスからクーポンを使用してもらったかを測りやすいので、ぜひ設定することをおすすめします。他媒体で打ち出しているクーポンコードと分けておくのがおすすめです。

4-4.入力内容に漏れがないか確認したら「公開」をクリックして完了

入力した内容に間違いないかチェックをしてください。問題がなければ公開ボタンをクリックして完了です。しばらくすると、ローカルページに投稿が反映されます。

5.Googleマイビジネスのクーポン機能で期待できる集客効果

Googleマイビジネスは、インターネット上で公開できるプロフィールです。ビジネス版のフェイスブックと捉えても良いでしょう。

また、オンラインショップとしての機能も兼ねており、それまで構築に時間と金銭コストが必要だったネット販売の敷居をグッと下げています。

インターネットの情報を充実させるということは、店舗利用者に「どのようなお店なのか」「どのようなサービスなのか」ビジネスの実態を透明化させられる効果があります。

6.まとめ

いかがでしたか?Googleマイビジネスでクーポンを活用しているビジネスはまだまだ少ないです。

今からクーポンを発行して多くのユーザーにアピールすることで、他の店舗との差別化を図り、集客を増やすきっかけ作りにできます。

他媒体のクーポンコードと分けてコードを設定しておくと、Googleマイビジネスからクーポンを利用した人数がわかりやすく、効果を測りやすくなります。

この記事を参考に、クーポンを上手く活用して集客を増やしていきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?