【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

ホームページやブログを運営しているならば、アクセスをどのように集めるか頭を悩ませていると思います。人によっては、アクセスはそこまで重要ではないという意見を持っている方もいます。

しかしながら、記事というのは多くの人に読まれてこそ価値が高まると考えられます。特に昨今はTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSが普及しており、多くの人が読む記事はシェアがされやすく後押しにもなります。

とはいえ、ブログやホームページの記事は継続的に更新していかないと、安定的なアクセスを生みにくいものです。そのような認識は間違っていないのですが、運用したばかりのブログやドメインパワーが弱いブログでも1記事で劇的なアクセスを集めることが可能です。

この記事では、1記事で劇的なアクセスを集めるコンテンツ戦略を5つの内容にわけてご説明します。

読まれる記事タイトルの鉄則

はじめにご説明するのは、読まれる記事のタイトルのつけ方です。多くの方がご存知だと思いますが、記事のタイトル次第でアクセスは大きく変わります。タイトルの付け方の鉄則として、以下の2つのことを念頭に入れておきましょう。

・32文字以内におさめる

・記事を読みたくなるようなものにする

記事タイトルは32文字以内に収めることがポイントです。理由はGoogleなどの検索エンジンで検索結果が表示される際は32文字以上になると「…」で切られてしまうからです。

さらにいうと、31文字以上の方がいいでしょう。31文字以内の記事タイトルにするとTwitterに表示されても1行におさまります。現在、ブログやホームページのコンテンツをTwitterでお知らせして集客する手法が主流になっています。

Twitterのユーザーにも記事の存在をわかってもらうには、31文字以内のタイトルにすると効果的です。

また、記事タイトルは魅力的にすることを意識してください。ユーザーの8割くらいは記事タイトルをみてクリックするかどうか決めるといわれています。

ユーザーは「自分の悩みを解決してくれるのでは?」と期待を寄せる記事タイトルをクリックするものです。ですので、タイトルをつけるときは、記事を読んで得られるメリットを伝えることが大事になります。

アイキャッチは必ず設定する

記事を書いたときにアイキャッチは必ず設定するようにしてください。これはSEOにどの程度関係しているかはっきりといえませんが、ユーザーへ視覚的に訴えかける点では有効です。

アイキャッチを入れた方がアクセスも良くなる傾向がありますし、SNSなどで告知する際も視覚的な効果が期待できるでしょう。また、視覚的な効果に関しては、メラビアンの法則で説かれています。

メラビアンの法則の中身を知ると、どのようなものが人の行動に影響を与えるかがわかります。話の内容などの言語情報は7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であるとの研究結果が出ています。

このような人間の行動心理からも、アイキャッチ画像をしっかりと設定して視覚的に訴えることを忘れないようにしましょう。

読者に有益な記事をとことん追求

今回、ご説明する内容で最も大事といえることは、「読者に有益な記事をとことん追求」することです。記事タイトルが優れていても、アイキャッチ画像が魅力的でもコンテンツ内容が薄ければ読者はすぐに離脱してしまいます。

ですから、記事の内容を充実させることが大事になります。読者に有益な記事の作り方は以下を意識しましょう。

・ターゲットを絞る

・読者が望んでいる情報を盛り込む

記事を書くときは、ターゲットを絞り込むことが大事です。「この情報なら多くの人に有益だろう」など、幅広い層をターゲットにすると、誰にとっても有益にならない場合があります。

よって、記事を書くときはたったひとりに向けて書く意識で、ターゲットを絞り込んでみましょう。ちなみに、この記事はタイトルにもあるように「1記事だけで劇的なアクセスを得たい人」に向けて書いています。

ターゲットを絞り込んだら、その人が望んでいる情報を手厚く盛り込んでください。読者が何を望んでいるのか徹底的にリサーチして、それらを記事内容に入れ込むと素晴らしいコンテンツが仕上がります。

読者に読まれる記事を把握する

記事内容とともに重要になるのが、「記事の見せ方」です。見せ方を間違えてしまうと、読者に読まれない記事となり、コンテンツとしての価値もなくなります。そこで意識して欲しいのは、読者に読まれる記事やシェアされやすい記事です。

読者が望むのは、何かをする方法や悩みを解決するような記事、知りたいことが簡潔に箇条書きでまとめられている記事です。特に何かのやり方、悩みを解決するような記事を望むユーザーは多いです。

宣伝も忘れない

記事を書いただけでは、検索エンジンの評価だけに頼った集客になります。もちろん、SEO対策が最も重要ではあるものの、記事に対しての集客はそれだけではありません。

前述のとおり、記事を仕上げたらSNSなどで広めることも大事です。リストを保有しているならば、メルマガで配信してもいいでしょう。メルマガからでも1割ほどのユーザーは記事に飛んでくることがあります。

また、RSSといってブログを更新すると登録者に通知がいく仕組みもあります。こちらも1割ほどのユーザーが記事にアクセスすることがあり、貴重な集客方法となるでしょう。

ブログやホームページと親和性が高いのは、Twitterとなります。Twitterはテキスとベースとなるため、ディスクリプションと記事のURLをそのまま貼り付けるだけでも誘導が可能です。

このように、SEOだけに頼らない集客もポイントになります。

1記事でも劇的なアクセスを集めることは可能

ブログやホームページにアクセスを集めるには、コンテンツが大事です。ほかにも記事タイトルを魅力的にして、アイキャッチを設定しましょう。Sまた、NSなどで集客をすることも悪れないでください。

それらの流れに沿っていけば、ブログを開設して間もない場合やドメインパワーが弱くても爆発的なアクセスを集めることが可能です。ぜひ、取り組んでください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?