【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

国内のYouTube市場は拡大を続け、個人や芸能人、スポーツ選手など幅広い人々が参入しています。また、YouTubeを日常的に利用する人も多く、企業としてはマーケティングにも活かしたいところです。

この記事ではYouTubeを使ったマーケティングや成功事例を解説します。特に資本が潤沢でない中小企業に必見の内容です。

 

YouTubeを使ったマーケティング戦略とは

YouTubeを使ったマーケティングは、動画を通じて自社サイトへ誘導したり、メルマガ登録やLINE公式アカウントのリストの収集につなげたりします。

TwitterやFacebookなどSNSを使ったマーケティングと同様で、成約につなげるためにYouTubeを活用すると考えましょう。

 

中小企業がYouTubeマーケティングを行うメリット

YouTubeを使ったマーケティングは、中小企業にはメリットが多いです。そのメリットは以下のとおりです。

 

コストを抑えて効果が得られる

広告では認知度の高いテレビCMは数十万円以上の費用がかかり、場合により数千万円になることもあります。それだけの費用をかけても、流される回数は限られています。

しかし、YouTubeならばプラットフォームを無料で使うことができて、削除しない限りコンテンツが残ります。さらにYouTubeはまだテレビに比べて視聴者数は少ないものの、十分な市場規模があります。

YouTubeで視聴者は気に入ったチャンネルを登録することもでるため、面白いコンテンツや興味をひくコンテンツを多く発信してファンを獲得することができます。

このように、莫大な資金で広告をだせない中小企業にもYouTubeマーケティングは効果をもたらします。

 

情報を多く伝えられる

SNSでの情報発信は文字数などに制限があり、さらに画像や文字、短時間の動画で視聴者に訴えることになります。

ところが、YouTubeならば自由な形で伝えられます。文字、音声、映像を駆使して、再生時間も気にせずにコンテンツを制作することが可能です。視聴者に伝えたいことを漏らさず流せるのもYouTubeのメリットになります。

SNSと切り離さず、YouTubeも連携させるとさらに大きな効果をもたらすでしょう。

 

消費者に行動を促しやすい

YouTubeマーケティングはやり方次第でさまざまな戦略が生まれます。たとえば、動画で商品の紹介をして、成約までもっていくことが可能です。これはいくつかの動画を段階的に更新して、顧客育成をしながら販売することもあります。

ただし、そのような手法はもともとの認知度が高い大企業なら有効な手法ですが、中小企業には難しいやり方です。

なぜなら、更新された動画をみた消費者は中小企業だとすぐに信用しにくいからです。そのため、メルマガやLINE公式アカウントなどに登録を促すコンテンツを更新していき、登録してくれた消費者との信頼関係を構築していきましょう。

消費者に有益な情報や自社を紹介して、「詳しくはこのブログで!」「メルマガ登録者でお得情報をゲットしよう!」など、アクションを促してみてください。

 

細かなターゲティングができる

YouTubeはユーザーの住んでいる地域、広告のクリック、視聴時間帯などのデータが確認できます。そのデータを使えば、ターゲットにマッチする動画制作に活かせます。

さらに、分析用の動画を複数本作ってユーザーの行動をテストしてみるのも効果的です。テレビCMのように1本でも高額な費用が発生すると、テストもできません。YouTubeは利用料が無料であるからこそ、さまざまな施策が可能になるわけです。

 

YouTubeマーケティングの成功例

最後にYouTubeマーケティングに成功している企業を紹介します。どのようにYouTubeを活用しているか、学んでみましょう。

 

株式会社即決営業

株式会社即決営業は、セールスやマーケティング、自己啓発などに関するYouTubeチャンネルを開設し、毎日更新しています。セミナー動画を数分程度にしているものが多いですが、動画制作の制作労力に対して再生回数が多くなっています。

また、動画内にLINE公式アカウントへの誘導もあり、そこから販売等につなげています。

 

Coke ON(日本コカ・コーラ株式会社)

「Coke ON」は日本コカ・コーラ株式会社が開発した、自動販売機連動アプリです。

「Coke ON」を使うことで、対応している自販機でジュースを買うごとにスタンプがもらえる仕組です。そして15個のスタンプを集めると、ジュース1本と交換できるる用になっています。

日本コカ・コーラ株式会社は「Coke ON」の認知度拡大のために、有名ユーチューバーとコラボしています。ただし、中小企業が有名ユーチューバーとコラボするのは費用負担が大きくなります。

中小企業であれば自社商品と親和性が高く、そこまで知名度がないユーチューバーとコラボしてみてください。そうするとコストを抑えて効果を出せるでしょう。

 

ファクトリーギア

ファクトリーギアは工具専門店であり、YouTube(工具屋てっちゃん)を使って商品紹介をしています。顧客からの質問が多い内容を丁寧に解説しているため、お客さんの信頼を獲得している印象です。

コメント欄には視聴者からの感謝の言葉が並ぶことが多く、そのような信頼が販売につながっているのでしょう。また、ブログも運営しておりYouTube動画1本で27万円の売り上げにつながったことを報告しています。(http://8en.jp/youtubemovie/puma-sw-231/

そちらのブログをYouTubeマーケティングに活かしてもいいでしょう。

 

YouTubeをマーケティングに活かそう

日常生活の一部になりつつある、YouTube。YouTubeは企業もマーケティングに導入し始めています。特に中小企業にはメリットの多いマーケティングの方法です。ぜひ、YouTubeを活用したマーケティングを実践してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?