【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

時代とともに変化する検索エンジンにあわせて、SEO戦略は日々変化し続けています。いまやキーワードを意識した記事を作るだけでは、対策としては不十分です。

そこで今回は、コンテンツを整理し、より良いSEOを築くための新たなメソッド「トピッククラスター」について解説をします。コンテンツをキーワードだけではなく、トピックごとにまとめてSEOを最適化してください。

1.トピッククラスターとは

トピッククラスターモデルとは、キーワードではなくトピックに重点を置いた SEO 戦略のことを言います。サイトの構造を改善し、コンテンツの関連性を Google が認識しやすくなるようにして、全体として検索結果の順位向上につながるように対策していきます。

様々なトピックで書かれたブログ記事の多くは分類されていません。その結果、似た内容の記事となり、各記事が競合してしまう可能性が高くなります。記事のコンテンツが重複し、URLも似通ってくると、検索結果のページ(SERP)でお互いのトラフィックを奪い合ってしまうのです。

だからこそトピックを整理することでSEOを最適化させて検索結果に反映させる必要があります。

2.SEOでトピッククラスターをおすすめする理由

過去数年間、ほとんどのSEOコンテンツ戦略は「キーワード対策のみ」が行われていました。なぜ、トピッククラスターが今必要とされているのでしょうか?

一つは、ローカル検索増加にともない「ロングテールキーワード」の重要性が上がったことです。かつては「ピザ」と検索したら「世界最高のピザ」が検索結果に表示されていましたが、最近はユーザーの位置情報に基づいて「ユーザーがいまいる地点の近くにあるピザ屋さん」が表示されるようになりました。

しかし、Googleは新しいニーズに気づき、アルゴリズムを変化させ、新しい言語処理機能を導入して、自然なローカル検索を可能にしたのです。それによってユーザーの意図を理解し、その意図を反映した有益でタイムリーなコンテンツを表示するようになりました。

この状況はトピッククラスターはGoogleフレンドリーな存在です。

各サブクラスター以下のページが、特定のロングテールキーワードのトピックをカバーすることで、関連トピックのリーダーとして検索上位に浮上しやすくなるのです。

もう一つは、キーワード戦略のみではカニバリゼーションの恐れがあることです。

キーワード戦略のみに焦点をあてたSEOは、有力なキーワードを見つけ、それらのキーワードに関連する記事を作り、関連するコンテンツにリンクするというものでした。

しかしこの方法だけでは、類似キーワードとロングテールキーワードを中心に構築された、同じような記事が大量に作られてしまう事態が起きる可能性があります。しかも、他の記事でも取り上げられているテーマを複数作ってしまうと、いわゆるカニバリゼーションの恐れがあるのです。

だからこそトピックを整理して似たような記事が作られないよう対策をしておく必要があります。

3.SEO視点でトピッククラスターを導入するメリット

多くの企業オウンドメディアで導入が進むトピッククラスターですが、SEOの観点からはどのようなメリットがあるのかを紹介します。

3-1.サイト構造が分かりやすい

1つ目は、サイト構造が分かりやすくなる点が挙げられます。

サイト構造が明確であれば検索エンジン側が内容を把握しやすいだけでなく、ユーザー側の利便性も高まるためサイト全体の評価が上がりやすくなります。

SEOでは記事単体の質はもちろんのこと、ドメインランクなど、サイト全体の評価が大きく左右されます。

特に最近では検索エンジンがサイトの信頼性や権威性を重視している点からサイト全体の評価はSEOにおいて重要な指標の一つです。

トピッククラスターを採用すれば、サイト構造が分かりやすくなるため、SEOの評価が高まりやすくなるのです。

3-2.一つの記事で評価されると、別の記事も評価されやすい

2つ目のメリットは、1つの記事が評価されると、他の記事も評価されやすい点です。

トピッククラスターが導入されていないメディアでは、コンテンツが羅列されているだけで、コンテンツ同士の関係性が弱くなります。すると、一つの記事で高評価を受けても、メディア内にある関連記事の評価を同時に高めにくくなるのです。

しかし、トピッククラスターを採用すると特定のトピックについてコンテンツが集まっているため、一つの記事で評価されると、トピック内の記事が評価を受けやすくなります。

3-3.網羅的に情報を提供できる

3つめは、網羅的に情報を提供できるようになることです。トピッククラスターを導入すれば、これまでのキーワード戦略と異なり、ーワードの検索ボリュームなどは考慮されません。

あくまでピラーコンテンツから始まり、そこから「トピック」でクラスターコンテンツを作成していきます。

それにより、ユーザーにとっても検索時にたどり着いた情報と近い分野の内容にもアクセスしやすくなるのです。このように、単純な内部リンクの設置だけではなく、ユーザーの立場からも利便性が向上します。

それに伴い、SEOが最適化されて検索結果の上位に表示されやすくなるのです。

4.トピッククラスターの作り方

概要やメリットが理解できたところで、実際にトピッククラスターの作り方を紹介します。

4-1.記事を分類し、トピッククラスターに紐付ける

すでに複数の記事コンテンツがメディア内に存在する場合、トピッククラスターを設定する前に、下準備が必要です。

すでに投稿されている記事をトピッククラスターにまとめられるように、ジャンルごとに記事を整理してください。

次の工程でピラーコンテンツを考え、メインとなるジャンルを決定する場合は大まかで構いません。もし、新規でサイトを構築するならば次の工程へ進んでください。

4-2.ピラーコンテンツを考える

記事が紐付けられたら、次は各トピッククラスターのメインテーマとなる、ピラーコンテンツを考えていきます。

ピラーコンテンツを考える際に重要なのは、あまりに広い範囲に設定しないことです。想定ユーザーがイメージしやすいように、ペルソナを設定するのも手です。

例えば「金融」だと、様々なトピックが考えられるため「50代会社員向け金融情報」など範囲を狭める必要があります。

4-3.クラスターコンテンツを選定する

ピラーコンテンツが決まったら、枝葉となるクラスターコンテンツの選定です。クラスターコンテンツは、ピラーコンテンツのトピックを内包しつつも、よりニッチな情報を提示します。

例えば「50代会社員向け金融情報」がピラーコンテンツだとすると、クラスターコンテンツは「50代から始める株式投資」とさらにテーマを狭めていってください。同時にキーワード選定はSEO対策にも通じる部分であるため、各種ツールを用いながら、適切なキーワードを選定しましょう。

すでに投稿されている記事をトピッククラスターに紐付ける場合、トピックが重複する記事が同じキーワードで上位表示するために順位を下げる、いわゆる「カニバリゼーション」が生じている可能性があります。ですので、コンテンツのチェックも忘れずに実施しましょう。

4-4.リンクの整理

最後は、トピッククラスターにピラーコンテンツとクラスターコンテンツをリンクづける作業です。関係のないリンクを削除し再びリンクを挿入する作業は、コンテンツの量が多ければそれだけ時間がかかってしまいます。

しかし、トピッククラスターに各コンテンツがリンク付けされていないと、十分にトピッククラスターの利点を活かすことができません。面倒であっても必ず実施しましょう。

5.まとめ

人々の検索行動も、そのテクノロジーも、年々変化してきています。こうした変化に対応するためには、戦略も柔軟に変えていく必要があります。

SEOに関しても、キーワード戦略のみの対策では、検索エンジンの変化に対応しきれなくなっています。既存の取り組みだけでは成果が得られなくなってきたと感じたら、ぜひトピッククラスターを活用してください。SEOだけでなく、ユーザー体験も向上するはずです。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?