デジタルマーケティング、SNS・インフルエンサー活用成功マニュアルを限定配布中!東証一部企業も多数利用する方法とは?【まずは無料でマニュアルをダウンロード】

LINE内にオフラインで配布するようなチラシを配信できるサービスの「LINEチラシ」は小規模店舗やチェーン店にとってオンライン上で効果の高い広告が打てる施策の一つです。

エリアや広告を打つタイミングによってはより効果的に活用できるサービスとなっているので今回は「LINEチラシ」について解説をしていきます。

1.LINEチラシとは?

LINEチラシはこれまで新聞やポスティングがといったオフラインでの宣伝が主だったチラシやDM(ダイレクトメール)をLINEを通じて配信するサービスです。ユーザーの興味関心・生活エリア・タイミングに合わせて配信されるため閲覧率も高くなるのが特徴です。スマートフォンに最適化されており、さまざまな手法でチラシ情報を届けることができます。

近隣の店舗を「マイショップ」として登録したり、目当ての商品を「買い物リスト」に追加したり、ユーザーを店舗情報ページに誘導する機能も付いているので効果を実感しやすいです。

2.主な機能はこの三つ

LINEチラシでできる機能はどんなものがあるでしょう。この章では主に三つ紹介しますのでご覧ください。

2-1.各店舗ごとのチラシが見られる

LINEチラシを使い始めたユーザーはマイエリアを設定します。エリア内にあるチラシをおすすめとしてLINEが紹介してくれます。

LINEチラシを開けばそれぞれのお店の目玉商品・オススメ商品が並んでいて比較検討できるようになっています。そこで同業他社との比較もできますし、ショップへ誘導する際の導線のチェックをして改善していくといった方法でCVRを上げることも可能です。

2-2.ショップ情報・買いたいモノ情報を保存しておける

チラシを見て回ったら、お次はショップ情報・買いたいモノ情報を保存する機能があります。ハートマークをタップするだけで気軽に保存ができて、マイページにトップに表示されます。

するとお気に入りの店舗として登録されるので目につきやすくなるのでチラシを配るよりも効率的に店舗へと誘導しやすくなりますし、どういったチラシが好まれるのか検証することでより効果的なチラシを作成できるようになります。

2-3.お店とLINEのお友達になれる

オフラインのチラシにはない機能としてユーザーと繋がれるのがLINEチラシ最大の特徴です。「マイショップ」に登録した瞬間にLINEの友達になってトークが来る仕組みのためユーザーからの声を直接聞くことができます。

施策次第によっては店舗に足を運んでくれる回数が増えてくれるのでよりユーザーの方を向い広告やサービスが打ち出せるようになります。

3.LINEチラシのメリットは

LINEはチラシも含めて数多くの広告媒体を持っています。そこでLINEでチラシを配信するメリットとは何かを紹介しますので自社のサービスや商品を広告するのに適しているかを見極める材料にしてください。

3-1.国内No.1のユーザー数

2020年7月時点でのLINEの利用者は約8400万人です。国内で生まれたからなのか他のSNSを圧倒して一番利用されています。ユーザー数が多いということは、それだけ広告を見てくれる人が増えるため高い効果が見込まれます。

どれだけ優れた広告を掲載しても見る人がいなくては意味がありません。LINEであれば、圧倒的なユーザー数で多くのユーザーの目に触れることが可能です。

3-2.若者へのアプローチに有利

以前までは、簡易的なメッセージのやりとりはメールが主流でしたが、近年はチャットツールの浸透によりチャットでのやりとりが一般的となってきました。

その火付け役となったのがLINEで、手軽にメッセージを送れたり、お気に入りのスタンプで返答したり、絵文字を利用したりと若者のコミュニケーションツールとして確立しています。そのせいか若者の間では、LINEの利用は当たり前になってきています。

ほとんどの若者が利用しているからこそ、若者にターゲットを絞った広告であれば非常に大きな効果が見込めるのです。

3-3.APIを利用した効率的な広告運用が可能

これはチラシに限らずLINEを使った広告全般のメリットです。API(Application Programming Interface)を使うことで、データの活用や自動化処理の実現が可能になるため、さらなる活用が期待できます。

4.出稿までの流れ

この章ではチラシを掲載するまでの流れについて解説をします。まずはビジネスアカウントの作成からです。登録は無料で行うことができます。

アカウントの作成が終われば、次は販売パートナーへて入稿ポータルサイトへの登録をします。登録作業が終わるとポータルサイト利用申込書上で「サービス利用者」にメールでIDとパスワードが送信されます。

ここまでくれば登録は完了です。後は入稿ポータルサイトへログインをして商品情報などの必要データをアップロードしてください。指定された日時にチラシがLINE広告で掲載されます。

5.出稿の際のポイント

広告出稿する際のポイントとしては、まずは審査に通ることが重要です。チラシに限らずLINE Ads Platformでは、審査を通らないと広告を打つことができません。審査に通るポイントとしては、以下のようなルールに気を付けてください。

・表現のルール

・記号のルール

・テキスト量のルール

ユーザーが不快と思うような広告の内容や、スマートフォンでは推移できないサイトを広告先として指定できません。ユーザーにとって不利益になるような表現、広告内容もダメです。また、業界において自主基準となるような表現、最大級といった誇大広告に当たるようなものも審査を通過できないので注意してください。さらに、使えない記号やテキストの量などにも制限があり、それらを理解しないで広告出稿してもまず審査を通ることが出来ないため、アカウントを取得した後は、しっかりとルールを理解した上で出稿しましょう。

6.運用時のポイント

運用時のポイントとしては、ターゲットにあったクリエイティブの作成と適切なターゲティング設定が重要です。広告の効果を高くするためには、ターゲットに合わせたクリエイティブの作成が欠かせません。一人一人のターゲットを意識し、ターゲットに合わせた広告文、クリエイティブにすることがチラシの効果を最大限高める秘訣です。 広告出稿の際には、「18歳」「女性」「学生」「ファッションに興味がある」「バイトをしている」「実家に住んでいる」など、ターゲットよりもペルソナ設定をすることで、効果をより高めやすくなります。LINE Ads Platformではセグメントできる範囲も決まっていますが、それとは別にペルソナ設定をしておくといいでしょう。

デジタルマーケティング、SNS・インフルエンサー活用成功マニュアルを限定配布中!東証一部企業も多数利用する方法とは?【まずは無料でマニュアルをダウンロード】