デジタルマーケティング、SNS・インフルエンサー活用成功マニュアルを限定配布中!東証一部企業も多数利用する方法とは?【まずは無料でマニュアルをダウンロード】

自社サイトの運営について、スタッフの負担の軽減や効率的な記事制作を目指すときに採用を検討するのが外注ライターです。

外注ライターを採用すれば、リサーチや記事執筆といった手間のかかる工程を任せることができて、サイト運営の効率化につながります。

しかし、外注ライターに依頼して失敗するケースもあります。この記事では、外注ライターに依頼してよくある失敗事例や優秀なライターをみつけるコツやステップを紹介します。

外注ライターの採用に役立ててください。

 

外注ライターで失敗するケース

外注ライターに記事制作を依頼した際に、以下のような失敗をする場合があります。

 

類似した内容の記事が複数あがってくる

類似した内容の記事が複数あがってくるのは、1キーワードで1記事の依頼をしたときに多いです。

たとえば、「女性 スキンケア ランキング」「女性 スキンケア おすすめ」というキーワードを1記事ずつ依頼すると、結果的に紹介されるスキンケア商品が同様のものであったり、商品の選び方の見出しなども同じようなものになったりします。

ですから、抽出するキーワードで表面的な違いがあっても1つの記事でまとめることがいい場合もあります。

 

ターゲットのニーズとテーマのずれ

外注ライターに、大まかなテーマだけを伝えると自社が意図するターゲットのニーズとテーマにズレが生じることがあります。

たとえば、自社としてはクラウドソーシングがどんなものかを解説する記事を望み、「クラウドソーシングについて書いて欲しい」と依頼したときに特定のサービスに特化した内容の記事書くなどのズレが生じるがあります。

これは外注ライターの管理の問題もありますが、ターゲットの本質的なニーズを把握できていないことも原因でしょう。ライターとのコミュニケーションを密にする必要があります。

 

記事の展開が不自然

記事のテーマやターゲットのニーズを自社とライターでしっかりと共有できたとしても、お互いが想定する記事の展開がマッチしない場合もあります。

読者は情報がスムーズに展開されている記事にわかりやすさを感じます。

たとえば、化粧品の選び方に関する記事において、おすすめの商品を紹介した後に選び方のコツが書かれていると不自然なストーリーになります。

読者にわかりやすい記事にするには、「こんな悩みはありませんか」「その悩みにはこの成分が効果的です」「この商品にはその成分が含まれています」という流れが大事です。

記事展開においても、自社と外注ライターでギャップが生まれないように連携が必要となります。

 

見出しの粒度の不揃い

見出し作成を外注ライターに任せたときに起こるのが、見出しの粒度の不揃いです。

「ペット」という大見出しがあったとすると、「犬」「ねこ」「ウサギ」といった小見出しが自然な見出しの粒度です。

しかし、「ペット」という大見出しに対して「犬」「ねこ」「動物」という小見出しだったらどうでしょうか。ペットいう大見出しに動物という構成が不揃いとなります。動物にペットが含まれるわけであり、大見出しと小見出しの関係性がおかしくなっています。

また、見出しを名詞で統一しているにもかかわらず動詞で終えているものがあるのも不揃いとなります。

 

指示した内容と違う内容で納品される

タイトルや見出しを自社とライターですり合わせても、納品されるときに指示した内容と異なる記事が納品されることがあります。

文章を書くときは理解力が必要ですが、それが乏しいライターは不明点を質問してこないことも多いです。そのため独断で記事制作を続けることになり、自社の思惑と異なる内容の記事が提出されてしまうのです。

また、構成力が乏しいライターも魅力的な文章を書くことができない傾向があります。タイトルや見出しのつけ方と同様で、文章を書く際も次のストーリーを考えていくことがポイントです。

 

内容の浅い記事が納品される

外注ライターにも執筆が得意な分野、苦手な分野があります。ライターが苦手とする分野の記事執筆をすると、どうしても内容の浅いものになります。

たとえば、学生ライターに勉強のコツについて書いてもらうのは得意かもしれませんが、社会人の心構えについて書いてもらうのは難しいでしょう。

外注ライターに依頼するときは、そのライターの能力に合わせたテーマを検討するようにしてください。

 

優秀な外注ライターを見極めるための採用のステップと採用後のコツ

優秀な外注ライターを採用すれば、ミスマッチが少なく費用に対する効果も向上します。以下で優秀な外注ライターを採用するステップと採用後のコツを解説します。

1.テストライティングを行う

まずはクラウドソーシングなどを利用して、案件を立てます。その後、自社のライターにふさわしいと思う応募者にテストライティングを課して合否を決めます。

自社で取り扱う商品やサービスについて、知識がありそうな人や理解力のある人を応募内容から判断してテストライティングを受験させましょう。

ただし、あまりにも人選を吟味するとライター候補の人数も限られるため、主観的によさそうな人材がいたらテストライティングをしてみてください。

 

2.テストライティングの合格者に大量発注

テストライティングを経て、合格したライターには記事を大量発注してみましょう。もちろん、予算の都合などもあるでしょうから必要以上に発注しなくても構いません。

大量の記事を発注することでライターの能力もわかり、自社としてもライター管理に慣れてくるはずです。

 

3.優秀なライターだけが残る

多くの記事を複数のライターに依頼すると、途中で辞めるライターもいます。ライター自身のモチベーションが続かなくなるなどの理由が考えられます。

このふるいにかけるような現象により、最終的には優秀なライターだけが残ります。一定の期間、ライターとして残る人は自社のやり方を理解しているわけですので、大事にしたいところです。

 

優秀なライターが残っても記事制作の全てを外注に任せない

優秀なライターが残ったとしても、記事制作の全工程を任せないようにしましょう。その理由は記事制作の全てを任せると、前述したような失敗を招く恐れがあるからです。

それから、優秀なライターが辞めることになると、サイト運営の大きなダメージとなります。自社の社員も記事制作の工程に関与して、ライターとともに築き上げれば辞めたあとも対処できるでしょう。

 

外注ライターを効果的に起用する

外注ライターに記事作成を依頼することは、サイト運営の効率化につながります。しかし、ミスマッチがないように注意が必要です。この記事で紹介した採用のステップや、採用後のコツを理解して外注ライターに依頼しましょう。

デジタルマーケティング、SNS・インフルエンサー活用成功マニュアルを限定配布中!東証一部企業も多数利用する方法とは?【まずは無料でマニュアルをダウンロード】