サービス紹介

無料なのに簡単!Googleマイビジネスの運用方法とメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Googleマイビジネス。名前はあまり聞いたことのない人の方が多いのではないでしょうか?検索やマップなどGoogleのサービスを利用しているとお店の情報が表示されているのを見たことあると思います。

クリックすると詳しい情報が表示されますが、これらの情報を管理運営いするのがGoogleマイビジネスです。無料で利用できて集客にも役立つとなると気になる人も多いでしょう。

そこで今回はGoogleマイビジネスについて詳しく解説をします。

 

Googleマイビジネスとは?

 

Googleマイビジネスの概要

Googleマイビジネスとは自社の店舗の情報を登録でき、かつGoogle検索やGoogleマップでその情報を表示させることができる無料ツールです。利用すればGoogle検索やGoogleマップのユーザーに自社の店舗をアピールすることができます。

知名度アップや集客向上を目指すうえで大きな働きを期待できるサービスです。しかも「店舗在宅」や「非店舗型サービス」など、実店舗を持っていないサービスも登録可能です。

 

登録方法

Googleマイビジネスに登録するのは簡単です。自分で登録していなくても、インターネット上の情報から自動的にページが作成されている場合がありますのでまずは登録されているかどうか確認しましょう。

まず、Googleマイビジネスの登録ページから登録画面へと進み、ビジネス名や住所、業種などの情報を入力します。必要項目を入力したら「続行」を選択しましょう。

地図上に基本情報と一緒に「このビジネスのオーナーですか?」というメッセージが表示されます。その場合、すでにページが作られているのでこのビジネスのオーナーですか?」をクリックすると、オーナー確認のページへと進んでください。

反対に「このビジネスのオーナーですか?」というメッセージが表示されず、さらに情報を登録する画面へと進んだ場合には、そのまま情報を登録していきましょう。入力が終わると確認のページへと進んでいきます。

オーナー確認のページへと進んだら、「このビジネスを管理する権限を持っており、利用規約に同意します」というメッセージの横にあるボックスをチェックして、「続行」をクリックして進んでください。その際、規約をきちんと読んで納得した上で進みましょう。

次に、オーナー確認コードの受け取り方法を選択する画面が表示されます。

確認コードの受け取り方法は以下の4つです。

 

・ハガキでの受け取り

・電話での受け取り

・メールでの受け取り

・Google Search Consoleでの即時オーナー確認

 

択肢の中から都合のいい方法を選択しましょう。

確認コードが手元に届いたら、Googleマイビジネスの登録ページからログインし、確認コードの入力欄に正確に入力して送信してください。完了のメッセージが届けば、登録完了です。もし不明点が出てきたらGoogleマイビジネスのヘルプページから問い合わせをしましょう。

Googleマイビジネスでできること

Googleマイビジネスでできることはいくつもありますがそれらについて詳しく説明をします。

 

自社の「正しい情報」を管理できる

じつは、Googleマップには第三者(ビジネスに関係のないユーザー)でも情報を登録できる機能があります。ビジネスオーナーではない第三者が情報登録することは、正しくない情報が掲載されるリスクを高めてしまいます。

しかし、Googleマイビジネスでは、第三者が直接的に情報の登録をおこなうことを認めていません。自分のビジネスは自身でしっかり管理できるため、正確な情報をユーザーに見てもらえるようになります。

投稿機能でリアルタイムな情報発信

店舗でおこなわれているキャンペーン・イベント・クーポンなどの情報を掲載することができます。タイムリーな情報を発信することで、ユーザーの関心を高めることが可能になるため集客しやすくなります。

 

ユーザーと交流できる

Googleマイビジネスはユーザーからの口コミや質問が投稿できるためサービスの要望、また何が良くて何が悪かったかを把握することが可能です。

ユーザーとの交流を通じて自社の店舗の良い点・悪い点を知ることができ、サービスの改善を図れます。

 

無料で集客活動ができる

知名度アップや集客向上を目指す際、通常なら費用がかかります。なぜなら、そうした取り組みをおこなうときは基本的に媒体などを利用するからです。

しかしGoogleマイビジネスは無料で利用できるツールです。コストをかけずにGoogle検索やGoogleマップで自社をアピールすることが可能です。ただし、実際に効果を出していくためには、きちんと運用をおこなう必要があります。

 

Googleマイビジネスを運用するメリット

無料で集客に役立つGoogleマイビジネスを利用することでどんなメリットがあるのでしょう。この章で具体的に紹介をしてきます。

お店や施設を多くのGoogleユーザーに見つけてもらえる機会が増えます。

一番のメリットは、利用人数の多いGoogle検索を利用するユーザーに対して、無料でアピールが出来ることです。

あなたのお店をGoogleマップ上のGoogleマイビジネスにしっかり登録する事で、ユーザーが位置情報などをもとに、周辺エリアで「近くのカフェ」などと検索したときに、Googleが無料であなたのお店の存在をアピールしてくれます。

 

お店や施設の情報を、正確かつ魅力的に、そしてタイムリーに発信できます。

自分のお店や会社のページにオーナー確認をしておけば、Googleマイビジネスの管理者権限を与えられます。確認を行うことで、第三者やGoogleからの情報の変更を、オーナー自身の判断で承認や拒否が出来るようになりますので、間違った情報の発信を防止することが可能です。

またマイビジネスに自分のお店や商品の写真を掲載したりイベント、クーポン情報を投稿したりすることでそのマイビジネスを閲覧した見込み客へアピールができます。

Googleマイビジネスを見たユーザーの行動を分析して次のアクションに活かせます

管理画面からアクセス出来るインサイトでは、自分のGoogleマイビジネスの閲覧数、検索数がわかります。ユーザーが検索する際に用いた語句から、ユーザーがもつ自分のお店へのイメージや、何を期待して来店するか考察して営業に取り入れることも可能です。

「Webサイトへアクセスした数」「ルート検索をした数」「電話をかけた数」など

Googleマイビジネスからの反響数を確認することが出きるためマイビジネスのページを見た後のアクションもわかります。

 

Googleマイビジネスはインバウンド(訪日観光客)にも有効です

Googleマイビジネスは日本へ観光にきた外国人の方に対しても有効です。自社のWebサイトを他言語対応化させるには、費用の発生することも多いですが、Googleマイビジネスならば無料で対応してくれます。

店舗名についても、様々な言語での表記設定が可能です。しかも目名や住所といった基本的な情報だけでなく、ユーザーの判断に大きな影響を与えるクチコミまでも自動翻訳してくれます。

 

Googleマイビジネスを整備した効果は持続的かつ資産になります

Googleマイビジネスは一般的な広告と違い一定の料金を払った期間だけ表示されるわけではありません。一度整備を行いよい環境で循環が始まれば、メンテナンスを継続的に行うだけ継続的に集客効果が高くなる可能性があります。

しかも周辺地域の集客に限ってGoogleマイビジネスはWebサイト以上に効果が望めます。広告媒体で集客を検討するならば、まずはGoogleマイビジネスを整備し、後にGoogle広告やその他の広告を導入しても遅くはありません。

 

Googleマイビジネスを運用するデメリットは?

Googleマイビジネスは必ず登録しなくてはいけないものではありません。放置しておいても構わないのですが、その際に生じるデメリットについて説明をしますので登録するか同化の判断材料にご利用ください。

 

口コミがすべて公開される

Googleマイビジネスで投稿された口コミはすべて公開されます。つまり、「美味しかった!」「よかった!」というポジティブな評価が書き込みがされる一方で、「この店舗はまずい!」「ここはサービスが悪い!」といったネガティブな評価が書かれてしまうリスクが高まります。

登録してなければ自分のお店の悪い点に対して改善策を打てないばかりかユーザーの声を聞かないといった悪印象を持たれてしまうでしょう。

 

Google検索で表示される写真を指定できない

Google検索とGoogleマップで表示される写真は自分で指定することができません。これはGoogleのアルゴリズムによって変わる仕組みなっているからです。

そのため登録しないで放置しておくとGoogleマイビジネスのトップ画像がお店の前の駐車場なんて事態が起きるかもしれません。防止するためには登録をしておいてトップ画像を登録しておく必要があります。

 

営業しているのに、知らないうちに閉業扱い

オーナー確認をしていれば、情報の修正が第三者によって提案された際は、その情報の正否を確認することが可能です。

しかし、確認をしていない場合は何のお知らせも届きませんので閉店扱いされてしまう恐れがあります。せっかくユーザーが検索をしてあなたのお店のページを表示してくれたのに「閉業」と表示されていたらどうなるでしょうか?

「本当に閉業かどうかこの目で確かめてみよう!」そう思って実際に足を運ぶでしょうか?

大抵の人は他の検索結果に表示された他の店に行くでしょう。そうした事態を避けるためにも登録をしておきましょう。

 

最後に

Googleマップ上で広告費を払わずに店舗を表示させられるのはGoogleマイビジネスだけです。現在、ほとんどがローカル検索であることからユーザーとマッチングさせるには無視できない存在です。

近隣で同業他社のGoogleマイビジネスと比較して、あなたの管理するGoogleマイビジネスを高評価してもらうために登録は必須です。オーナー確認と自分のお店のページがあるか確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

データに基づいた最先端のSNS・インフルエンサーマーケティングなら

マイクロインフルエンサーも含めたインフルエンサーの特定・SNS分析なら、

日本最大級の総合インフルエンサーデータベースを抱えるmisosil(ミソシル)へご相談ください!

インフルエンサーを活用したSNSキャンペーンのモニタリングや効果分析ツール「Tofu Analytics」なら広告効果や拡散に貢献しているインフルエンサーが一目瞭然。インスタのハッシュタグのレポート分析もお任せください。

独自のAIを駆使した分析技術で他社が抱えるインフルエンサーも含めて客観的に分析することが可能です。

また、インフルエンサー限定で格安でサンプリングすることができる「Tofu Experience」も新登場。

詳細はこちら