TikTok

TikTokをマーケティングで活用して成功した三つの事例とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TikTokを使ったマーケティングの活用例や特徴、アクティブユーザーについて詳しく解説をしている記事です。成功した三つの事例も具体的に紹介しています。これを読んでTikTokを使った商品や企画の宣伝活動の参考にしてみてください。

若い世代から火が付き、今や幅広い年齢層に急速に普及が拡大しているショートムービーアプリ「TikTok」は、現在世界約150の国や地域で使用されています。

日本でもアクティブユーザー数が右肩上がりになっていて、商品や企画の広告に活用する企業が増えてきているのが現状です。そこでTikTokの特徴やインフルエンサーマーケティングの活用例などを紹介していきます。

 

10代20代に人気のTikTokとは?

TikTokとは、15秒の動画を投稿できるSNSです。撮影した動画を投稿することで、不特定多数のユーザーから動画に対してコメントをもらったり、ユーザー同士でつながったりできます。誰でも投稿できる点と、音楽に合わせて口パクをするだけという手軽さから女子中高生を中心にユーザーが多く、現在では俳優やアーティスト・芸能人なども利用しており、企業がTikTokのインフルエンサーとコラボレーションする機会も増えてきています。

 

アプリのダウンロード数

アメリカのモバイルアプリマーケティング調査会社「SensorTower」の調査によると、ダウンロード数はiOS版とAndroid版合計で全世界10億を突破するなどSNSマーケティングを検討する上で無視できない存在です。そのうち約6億6,300万は昨年2018年内に行われたものでFacebookアプリやInstagramアプリを大きく上回る数字を記録しています。

 

 

ユーザーの数と年齢層

世界中でTikTokのユーザーは数多く存在しており、2018年6月には月間アクティブユーザー5億人に到達するなど高い伸びを示しています。アメリカのモバイルアプリマーケティング調査会社「SensorTower」の調査では同年12月に新規ユーザーが7500万を記録するほどです。これは前年比より275%と著しく数字を飛躍させているのがわかります。

国内においても約950万人(2019年2月)となっており、着実にユーザーを増えやしています。また「ICT総研」が行った主なSNSの利用率を調べるアンケート調査でTikTokの利用率が7.1%であることがわかりました。数字だけ見れば4大SNS(Twitter、Facebook、Instagram、LINE)よりも低いですが、前年はランク外だったことを考慮するとこれからも伸びが期待できるSNSです。

 

TikTokの三つの特徴

10代を中心に人気が爆発しているTikTok。どうしてこれほど多くのユーザーを魅了しているのか? マーケティングツールとしてTikTokを活用するときに押さえておきたい、TikTokの基本的な特徴を解説していきます。

 

手軽に投稿できる

一つ目は撮影した動画を編集する手間はほとんどない点です。YouTubeなどの動画サイトにはさまざまなジャンルの動画があふれているためオリジナリティが高くないと再生回数が伸びず埋もれてしまいます。それには編集技術が不可欠です。

しかし、TikTokならば、既存の音楽に身振り手振りをつけ、口パクのみで撮影が終わらせられます。編集も簡単に終わるのですぐに投稿が完了するのです。

こうした手軽さが女子中高生に非常に受ける要因となりました。

 

テンプレートが豊富にあるので始めやすい

TikTokを見ていると同じような動画が流れています。例えば、アメリカのアーティストDipioの楽曲『Revolution』のサビ前「It’s a revolution」という音楽に合わせて冴えない格好から、イケメンや美人の装いにチェンジするというもの。

他にも「♯こっちを見て」というタグを検索すると、アメリカのロックバンドThe Cabの『LaLa(Feelgud Radio Mixe)』の曲が流れた直後に「こっちを見ろ……こっちだ、こっちを見ろ、こっちだ。ねぇ……こっちを見て!」という男性のセリフが流れ、後ろを向いている人が振り返るといった内容が数多く存在しています。

こうしたテンプレートを活用することで手軽に動画の編集ができたり、再生回数を増やしたりしているのです。企業がTikTokを使ったマーケティングをする際にはテンプレートを作ることが重要となります。

 

操作がスピーディでユーザーを飽きさせない

縦画面のみで完結するユーザーインターフェースと簡単な操作方法は、女子中高生にとって魅力的なアプリです。流れてくる動画に付随しているボタンは、フォロー・いいね・コメント・シェアの4つのみ。流れてくる動画は上にフリックすると飛ばせるので片手でスピーディーに操作ができます。興味のない動画を飛ばして見たいものだけを見ることが可能なので興味がないという理由でユーザーをTikTokから離脱させずに済むのです。

 

マーケティングの運用で成功した三つの事例

実際にTikTokを使ってどういったマーケティングをすればいいのか? とお考えの方もいるでしょう。そこで活用をしてみて成功した事例をここでは紹介したいと思います。

 

TikTokでみんなで踊ろう「♯いつでもLチキチャレンジ!」

コンビニ大手「ローソン」では、おなじみの『Lチキ』を若い層に向けてマーケティングを展開しました。名付けて「♯いつでもLチキチャレンジ」です。

これは、「いつでもLチキ」の曲に合わせて踊り、「♯いつでもLチキチャレンジ!」のハッシュタグとともに撮影したダンス動画をTikTokに投稿するもの。人差し指で作ったL字=Lチキサインと、最後に「ぱくっ」という音に合わせて食べる仕草が「可愛い」と女子高生に受けてたくさんの動画が投稿されました。

また、キャンペーンモデルとして、雑誌Popteenでモデルの国末莉子さん(通称:リコリコ)を起用。彼女が発信した「いつでもLチキ」の動画は、1000人のユーザーが真似をしてTikTok内で拡散されたのです。宣伝したい商品とTikTokを組み合わせた成功事例です。

 

視聴数160%アップしたAbemaの『今日好きダンス』

インターネット放送局「Abema」の「今日、好きになりました」は、若者を中心に人気を集めている恋愛リアリティショーです。

高校生が繰り広げるリアルな恋愛模様が見られることで人気を博しています。更なる人気の獲得に貢献したのが番組の主題歌に合わせてかわいらしく踊る「今日好きダンス」でした。TikTok内に投稿されると大きな話題を呼び、女優の土屋太鳳さんや新木優子さんが自身のInstagramで「今日好きダンス」を投稿して更に反響を呼び、話題をさらいました。

その結果、番組の認知度もあがり視聴率が160%もアップ。「今日好きダンス」が流行ったことで、今まで番組を見ていなかったユーザーたちが番組を見るようになったのでしょう。

 

サントリー・ペプシJコーラの「わっしょいジャパン」

2018年にサントリーが「ペプシJコーラ」のCMをTikTokで製作したことで話題になりました。4月23日からから5月1日、5月7日と3週にわたって公開された動画は、再生回数が1500万以上を記録。演歌歌手の石川さゆりさん、ゆるキャラのにゃんごすたー、LUNA SEAとX JAPANのギタリストSUGIZOさん、You Tuberのフィッシャーズ、声優の上坂すみれさんなどの著名人がTikTok内でダンスを披露しました。

動画を見たユーザーが真似をして「ペプシJコーラ」のCM音楽を使った動画をTikTok上に投稿したことで更に拡散をされて商品名の認知が向上したのです。TikTokを使った動画マーケティングの成功を収めたプロモーションです。

 

まとめ

10代20代を中心に人気を集めるTikTokはマーケティングに活用しない手はありません。特に若者に向けて商品の認知度や企画を大きく広げたいと考えているならばぜひ動画を投稿してプロモーションを考えてみてください。

その際、注意してほしいのが「投稿を頻繁にすること」「ハッシュタグの活用」「他のSNSも活用すること」です。

アカウントを作っても投稿がほとんどされなければフォロワー数は増えません。こまめに更新をして動画を投稿しましょう。

また、ハッシュタグを入れることで多くのユーザから閲覧してもらえるようになります。TikTokには人気ユーザーがいるので、現在流行っているハッシュタグやどんな動画なのか学んでみることから始めるのもいいでしょう。

投稿する際はTikTokだけではなく、TwitterやInstagramといった他のSNSにも同じ動画を投稿しましょう。連携することで相乗効果が期待できます。ただし、動画を全部のせてしまうとTikTokのフォローに繋がらないので一部のみにするなどの工夫が必要です。

ぜひ、TikTokを活用したプロモーションを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お問い合わせ

インフルエンサーの特定や、インフルエンサーマーケティングの相談はこちら