事例

SNSマーケティングでは「世界観」を効果的にアピールすべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSマーケティング担当者向けに、SNSで世界観を効果的に作りこむ方法について解説します。実際の企業アカウントの例を参考にしつつ、ユーザーに対してより効果的に訴えかけるようなSNSアカウントの世界観をつくるためのポイントについて解説します。

企業がSNSを運用するうえで大事なこととは何でしょうか?この問いに対する答えは様々なものが考えられますが、どの企業に対しても、「世界観」がSNSマーケティング成功のカギとなることは間違いありません。

今回は、SNSマーケティングでの世界観とはどんなものか、どのように世界観を作るかについて解説します。

 

SNSマーケティングでの「世界観」とは?

SNSマーケティングにおいて、「世界観」という言葉はどのようなことを指すでしょうか。

まず、世界観という言葉の辞書での定義を確認します。

 

1 世界およびその中で生きている人間に対して、人間のありかたという点からみた統一的な解釈、意義づけ。知的なものにとどまらず、情意的な評価が加わり、人生観よりも含むものが大きい。楽天観・厭世(えんせい)観・運命論・宗教的世界観・道徳的世界観などの立場がある。

2 俗に、文学・音楽などで、その作品がもつ雰囲気や状況設定。「人気漫画の世界観が楽しめるカフェ」

出典:小学館『大辞泉』(https://daijisen.jp/

 

簡単に言えば、「世界観」とは「世界がどういうものか、どのようにあるべきかについての考え方」です。特にSNSマーケティングの場面では、「SNSアカウントをどのような世界だと考えているか、SNSアカウントという世界の中で何がしたいか」という風に定義することができます。この世界観の設定・世界観の表現方法によって、SNSユーザーへの訴求力が左右されます。特にSNSにおいてはユーザーが即座に反応しコンテンツが拡散されるため、SNSの世界観を作りこんで効果的にアピールすることが重要です。

 

SNSで世界観をうまく作り上げている企業アカウントの例

SNS上で企業の世界観を効果的に表現している企業アカウントの例を見ていきます。

①Chanel

言わずと知れたラグジュアリーファッションブランドの代表格シャネルは、SNSにおいても独特の世界観を作り上げています。

時代にとらわれない感性でファッション界に革命を起こした創設者ココ・シャネルの遺志を継いだChanelは、「古い価値観にとらわれない自由で自立した女性像」をポリシーとしています。「黒・白・ベージュ・ゴールド・赤」を重要な色と位置づけ(参考:Chanel「Inside Chanel」https://inside.chanel.com/ja/colors-of-chanel)、Chanelの製品にはこれらの色が高確率で使用されています。特に「黒」は女性の輝きを引き出す重要な色として位置付けられていて、「リトルブラックドレス」など黒色が際立った製品が多数発表されています。

ChanelはSNSにおいても、「自立した女性」のための世界観を効果的に表現しています。

同社のInstagramでは製品紹介よりもアーティスティックな画像、動画のウェイトが大きく、モノクロトーンが基調のものが多めです。文章は基本的に簡潔な短文で、冗長に語ることはしません。

 

よく見ると、重要な色とされる「ベージュ・ゴールド・赤」も頻繁に登場します。ビビットな色彩が主体の画像でもモノクロトーンを指し色的に配置することで、アカウント全体としての雰囲気に統一感を持たせています。

 

このように投稿全体に統一感を持たせブランドイメージを連想させる配色を効果的に使用することで、「自立した女性」に訴えかけるような、洗練された媚びないイメージの世界観を作り出しています。

 

②井村屋

「あずきバー」でおなじみの井村屋株式会社も、SNSの世界観づくりに成功している例です。同社のTwitterの投稿は度々話題になっていますが、その独特のゆるい雰囲気に注目されることが多いようです。

まず直球な商品宣伝の割合が低く、一見井村屋と関係なさそうな個人的なツイートがあったり、他社のアカウントとコミュニケーションをとったり、一般消費者であるユーザーのコメントにリプライを丁寧に返していたりと、アカウント全体から親しみやすさを感じられます。顔文字や絵文字を多用したり、Twitter内でよく見かけるような文体を使用しているのにも注目です。

 

 

 

こちらのアカウント担当者は、井村屋の公式Twitterを「コミュニケーションアカウント」として考え、ユーザーからの声を聞くことに重きを置いている、ということです(参考:SMMLab「【ソーシャルメディア業界1年生が企業SMMご担当者に直撃!】井村屋株式会社編」https://smmlab.jp/article/post-33614/)。

その言葉通り、「気軽に誰とでもコミュニケーションをとれる」というTwitterの強みを最大限に活用し、ゆるく親しみやすく、誰もが気軽にコミュニケーションをとれるような世界観をうまく作っています。全体として、そのゆるさで顧客の声をハードル低く引き出すことに見事に成功していると言えます。

 

SNSで世界観を作りこむための6ポイント!

Chanel、井村屋のようにSNSの世界観を作りこむためにはどんなポイントについて考える必要があるかについて解説していきます。

①アカウントの目的は何か

まずアカウントを通してどのような目的を達成したいかを決めましょう。ブランドイメージの向上、ユーザーとのコミュニケーション、若年層の企業認知度の向上、などが考えられます。

ここで重要なのは、SNSの目的を単に「製品や企業の宣伝」としないことです。単調なSNSにはフォロワーがつかずSNSの意味がなくなってしまいます。ユーザーの関心を引き出せるような目的設定を心掛けましょう。

②ターゲット像

SNSを利用するのはどのような人物か、いわゆる「ペルソナ」を考えることでアカウントの世界観が変わります。10代の女子向けか20~30代の男性向けかで雰囲気ががらりと変わるのは想像に難くないでしょう。

具体的には、年齢層・性別・居住エリア・職業・趣味・関心事などを考えます。このうち年齢・性別・関心事は最低限考え、あとは必要に応じて作りこみましょう。アパレルブランドなどすでに客層が特定されている企業は細かく作りこむべきですが、食品会社など誰もが使うような商材を扱う企業はかえって絞り込みすぎないほうがいい場合もあります。

 

③投稿のコンセプトはどうするか

コンセプトはSNSの世界観の心臓と言ってもいい要素です。ターゲットが決まったら、ターゲットの関心を引くようなコンセプト、言い換えれば「アカウント全体の雰囲気をどうしたいか」を決めます。10代の女子学生向けならポップでかわいらしく、30代社会人男性をターゲットにするなら都会的で洗練されたイメージ、などといった具合です。

このコンセプトを投稿の際に意識することで、統一感のある世界観を作りやすくなります。

 

④どのSNSツールを使うか

コンセプトによって、使うべきSNSツールは変わります。Chanelのようにブランドの世界観の表現を重視するなら写真中心のInstagram、井村屋のようにコミュニケーション主体ならTwitter、といった具合で使い分けられます。目的やコンセプトにあったSNSツールの下調べが肝心です。

 

⑤文体

ターゲット・コンセプトに合うような文体を意識することも重要です。10代の若者向けなら砕けた言い回しを、社会問題に関心のある層向けであれば落ち着いたトーンにする、といったように、世界観にあった文体を選びましょう。

 

⑥画像・動画

画像・動画等のコンテンツの雰囲気にも統一性を持たせることで、より世界観を作りこめます。特にInstagramのような写真中心のSNSでは、アカウント全体での画像の統一感が重視されます。

具体的には、Chanelのように色調に統一感を持たせたり、使用するフィルターを限定したり、などといった工夫が求められます。コンセプトに合致する画像作成を心掛けましょう。

 

まとめ

企業でSNSアカウントを運用する際は「どういう世界観のアカウントなのか」を意識することで、ユーザーへの訴求力が格段に上がります。紹介したアカウント例、ポイントを参考にして世界観を作りこみ、話題を呼ぶようなSNSアカウントを目指してみませんか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

データに基づいた最先端のSNS・インフルエンサーマーケティングなら

マイクロインフルエンサーも含めたインフルエンサーの特定・SNS分析なら、

日本最大級の総合インフルエンサーデータベースを抱えるmisosil(ミソシル)へご相談ください!

インフルエンサーを活用したSNSキャンペーンのモニタリングや効果分析ツール「Tofu Analytics」なら広告効果や拡散に貢献しているインフルエンサーが一目瞭然。インスタのハッシュタグのレポート分析もお任せください。

独自のAIを駆使した分析技術で他社が抱えるインフルエンサーも含めて客観的に分析することが可能です。

また、インフルエンサー限定で格安でサンプリングすることができる「Tofu Experience」も新登場。

詳細はこちら