【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Instagramの投稿は、フィード・ストーリーズ・発見タブなど様々な場所でアルゴリズムによってパーソナライズされています。これは、ユーザーの関心が高いと推察されるコンテンツを優先的に表示させる仕組みで、Instagramでのユーザー体験をより良いものにしています。

アルゴリズムを正しく理解し、対策を行うことで、フィードやストーリーズでの投稿の表示順を上げ、発見タブでのリーチ拡大を狙うことができます。

本記事では、表示順を決める要素や、表示順を上げるためにできることを解説していきます。

1.Instagramのアルゴリズムとは

まずはInstagramのアルゴリズムについて解説をしていきます。

1-1.Instagramのアルゴリズムとは

Instagramにおけるアルゴリズムとは、簡単に言うと「Instagramのシステムがあなたや他ユーザーにどんな投稿を表示させるか判断する仕組み」のことです。

Instagramでは高度なAI(人工知能)を使って、ユーザーの一人一人が気に入る投稿を自動的に表示しています。

たとえば「発見タブ(虫眼鏡マーク)」においては、ユーザーの一人一人で表示が異なっており、見ているユーザーが気に入ってくれそうな他ユーザーの動画や写真を優先的に表示させるようになっています。

1-2.Instagramアルゴリズムの理解がなぜ重要なのか

なぜInstagramのアルゴリズムの理解が重要なのかというと、自分のInstagram投稿を見てもらえる可能性が高まるからです。

Instagramではさまざまな要素から「人におすすめできる投稿か否か」を判断し、評価が高い投稿を積極的に他のユーザーに見せるようにしています。

これはつまり、Instagramのアルゴリズムを理解し自分のコンテンツを改良することで、他ユーザーに表示されやすくなり、必然的にいいね!やフォロワーの獲得につながりやすくなるということを意味しています。

1-3.Instagramのアルゴリズムで使われるシグナル(指標)は数千におよぶ

Instagramのアルゴリズムでは

  • Instagramに投稿した人
  • Instagramを見ている人
  • Instagram投稿

の様々な要素をチェックして表示するコンテンツを変えています。

この、表示するコンテンツを決める様々な要素は「シグナル」と呼ばれており、Instagramにおいては数千ものシグナルを使って多角的・総合的に分析してコンテンツの表示を判断しています。

1-4.Instagramのアルゴリズムはフィード、ストーリーズ、リールで異なる

Instagramのアルゴリズムで使われるシグナルは

  • フィード(タイムライン)
  • ストーリーズ
  • リール

のそれぞれで異なる仕組みが使われており、Instagramの各機能について理解する必要があります。

とはいえ、数千にもおよぶ指標をすべて良い評価にすることは不可能です。

Instagramそれぞれの機能で重要となるシグナルは後述しますので、紹介する重要なシグナルをまずは押さえいきましょう。

【重要】システムではなくフォロワーに目を向けることが大前提

Instagramのアルゴリズムを解説するといいましたが、本質的には「ユーザーにとってメリットのあるコンテンツを発信し続けること」が最も重要です。

Instagramのアルゴリズムを理解することで確かに、他のユーザーに表示されやすくなり、フォロワーを獲得する上で有利になるのは大きなメリットです。

しかし、テクニックに溺れると本来重視すべき「ユーザーファースト」の視点がおろそかになってしまいます。

「ユーザーファースト」の投稿をすることで結果的にInstagramのアルゴリズムで有利に働きますので、ぜひフォロワーに目を向けることを忘れないようにしましょう。

2.フィードとストーリーズのランク付け

フィードやストーリーズでは、フォローしているアカウントやフォローしているハッシュタグの投稿が表示されますが、前述のとおり、表示順は時系列ではありません。フィードであれば一番上に、ストーリーズであれば左側に、ユーザーがもっとも関心があると思われるコンテンツが表示されます。

フィード投稿の表示順については、2022年3月に「お気に入り」と「フォロー中」の2つの表示オプションが発表されました。これによって、利用者それぞれの興味関心に合わせて投稿の表示順が変わる既存の「ホーム」表示のほかに、「お気に入り」と「フォロー中」を選択することで投稿が時系列で表示されるようになりました。

フィードやストーリーズの表示順の決定には、次の3つの要素を含むシグナルが重要であるといわれています。

  • 関心度:ターゲット層の関心にあったコンテンツであるか
  • 親密度:アカウントと利用者がどのくらい親密であるか
  • 鮮度:最近の投稿であるか

〇Instagramにおける関心度

関心度とは、ユーザーの過去の行動から関心事項を傾向化し、関心がありそうなコンテンツを表示させます。例えば、猫の動画をよく見ている人には、猫の動画を優先的に表示させます。

〇Instagramにおける親密度

親密度とは、ユーザーとアカウントの繋がりの深さを指しています。これは、ユーザーが過去に取った行動をもとに計算されます。フィードで重要なインタラクションは、滞在時間、コメント、「いいね!」、保存、プロフィールタップの5つです。つまり、過去のコンテンツをよく見てくれている・よくリアクションしてくれているフォロワーには表示されやすいということです。積極的にコミュニケーションをとることが推奨されています。

〇Instagramにおける鮮度

鮮度とは、投稿の新しさを指しており、古い投稿よりも新しい投稿が優先される仕組みです。ストーリーズはもともと24時間しか表示されないため、鮮度はフィードのみに適用されます。また、投稿後どのくらいの速さでインタラクションがあったかも重要視されています。

フィードとストーリーズで重要とされるシグナルは、おおよそ重要度順に次の通りです。

1.投稿に関する情報

投稿の人気度と、投稿に関する一般的な情報は重要なシグナルのひとつです。人気度とは何人がその投稿に「いいね!」などのアクションを実行したかなどを含み、一般的な情報とは投稿日時、動画投稿の場合はその長さ、(スポット情報がある場合は)投稿が関連付けられた地域などを指します。

2.投稿者の情報

閲覧者の投稿者に対する関心の度合いも重要です。直近の数週間で、閲覧者がその投稿者と何回やり取りをしたかなどが含まれます。

3.閲覧者のアクティビティ

閲覧者が「いいね!」した投稿数なども優先されるシグナルです。これによって、どんな投稿に関心を持つ可能性があるのかが明らかになります。

4.閲覧者と特定の利用者のやり取りした履歴

閲覧者が特定の利用者と相互にコメントのやりとりをしているかどうかなどから、その投稿にどれくらい興味を持っているかを判別します。

閲覧者のアクティビティなどは投稿者側でコントロールすることが困難ですが、重要度の高い「投稿に関する情報」は投稿者側が意識すべき項目です。

まず、インタラクション(「いいね!」等のアクション)が高いことが重要であるとされているので、エンゲージメントを集めることに注力すると良いでしょう。思わずアクションしたくなるような内容の投稿を実施します。

そして、投稿のタイミングや動画の長さなど、投稿自体の情報も重要であるとされているため、どんなコンテンツがリーチやエンゲージメントを取れているのか、分析を行う必要があります。傾向はアカウントによって異なるので、一般論ではなく、自社のフォロワーはどんなコンテンツを好むのか、アカウントごとに分析を行うようにしましょう。

エンゲージメントを高めることができれば、2つめの「投稿者の情報」に関するシグナルも自ずと高まってくるはずです。エンゲージメントが高いコンテンツを分析することで、自社アカウントのフォロワーが求めるコンテンツがわかり、ユーザーが見たくなる、反応したくなるコンテンツを発信することができます。

2022年9月に行われたInstagram Master Class内では、各サービスごとに独自のアルゴリズムがあるとして、フィード投稿のランク付けに重要となるのは以下5つであると説明されました。

  • 利用者が投稿を数秒見る可能性
  • いいねする可能性
  • コメントする可能性
  • 保存する可能性
  • プロフィール写真をタップする可能性

注意点として、Instagramには、同じユーザーの投稿を連続して表示させない、というアルゴリズムも存在します。このため、短時間で投稿を連投すると、いくつかのコンテンツの表示順は下がることになるでしょう。投稿をしっかり届けたい場合は、前回の投稿からある程度の時間(数時間〜1日程度。フォロワーのアクティブ度によって変わる)をあけて投稿することをおすすめします。

また、当然ながらコミュニティガイドラインに違反していると判断された投稿はランクが下がり、投稿の表示順が下位となります。ガイドラインは必ずチェックし、違反しないように留意しましょう。アカウントが制限されている場合は、設定>アカウント>アカウントステータスに表示されます。伸び悩んでいると感じた場合は確認しておきましょう。問題ない場合はシグナルを適切に貯めることができていないので、フォロワーを分析して投稿コンテンツに役立てましょう。

そして冒頭で述べた通り、Instagramのアルゴリズムでは、再投稿コンテンツよりもオリジナルコンテンツが高く評価されます。人気のコンテンツを集めて運用しているキュレーション系アカウントや、リポストメインの運用を行なっているアカウントは、対策が必要となるでしょう。

なお、これらのアルゴリズムは、一般ユーザーのアカウントでも、プロアカウント(ビジネス用のアカウント)でも、同様に適用されます。アカウントの種類やカテゴリーは、アルゴリズムに影響しません。

また、コンテンツの種類も、アルゴリズムに影響はありません。例えば、動画の投稿が静止画よりも表示されやすいということはありません。ただしこれは、ユーザー側の「関心度」に影響されるもので、動画をよく見るユーザーには動画が優先的に表示されますし、動画を見ないユーザーには表示が少なくなります。

Instagramは新しい機能をリリースした際は、その機能を広めるため、優先的に表示させることがあります。

例えばリールの登場時は、フィードや発見タブでリールを見かける機会が多くありました。また、モーメントスタンプなども表示されやすい傾向です。新しい機能が登場したら、積極的に利用してみることをおすすめします。

3.リールのランキングアルゴリズム

自分が撮影した動画や写真に音楽、エフェクトなどを付けて投稿できるInstagramの「リール」機能。現在では、Instagram上の全ての動画が「リール」として管理されており、新規フォロワーに接触しやすいコンテンツです。

リールのアルゴリズムについて、注力すべきは以下4点。

1.完全視聴率

動画投稿であるリールは、最後まで見られた動画か、そうでないかによってユーザーに好まれる投稿かどうかが別れます。そのため、音楽に合わせた動画の切り替え(トランジション)を使い、視聴者を飽きさせない工夫が必要です。

続きを視聴してもらうために、動画内へ文字入れするのも良いでしょう。

そもそも短い動画にすることも、ひとつの手法です。

2.いいね、コメント、シェア

通常のフィード投稿においても同様ですが、他のユーザーからの反応があったかどうかが重要です。誰に向けたどんな動画コンテンツであるか、ということに注力してリールを作成するようにしましょう。

3.新たなコンテンツ創出

リールでは、さまざまな音源やエフェクトを利用することができます。動画を見た他のユーザーが、同じ音源やエフェクトを利用してコンテンツ創出したかどうかは重要なシグナルとなります。

4.過去のインタラクション

投稿者と閲覧者との間になんらかのコミュニケーションが行われていた場合は優先的に表示されるようになります。ここでいうコミュニケーションとは、フォローやいいね、コメント、ダイレクトメッセージなどを指します。Instagramにおいてリールは、新規フォロワー獲得のための大切なコンテンツですが、既存のフォロワーとのコミュニケーションも大切にしたほうがよいということがいえるでしょう。

特に、過去のインタラクションが活用できそうです。積極的に既存フォロワーとコミュニケーションをとっていく=エンゲージメントを醸成することでよりシグナルを集めることができます。

既存フォロワーとのコミュニケーションとして、コメントキャンペーンやコメント監視・返信対応といった施策を行うのもよいでしょう。

4.発見タブのランキングアルゴリズム

発見タブは、自身がフォローしていないユーザーのコンテンツが中心となって構成されており、新しいコンテンツとの出会いを作ってくれる場所です。企業にとっては、新しいユーザーと接点を持てる場所でもあるため、投稿が発見タブに表示されることは、リーチやフォロワーを増やすという点において、とても価値があります。

では、発見タブに表示させるには、どうしたら良いのでしょうか。

発見タブやリールタブに表示されるコンテンツは、閲覧者によって大きく異なります。閲覧者がどんなことに興味があるかを推察するため、Instagramは、過去に「いいね!」「コメント」「保存」をした投稿などのシグナルを調べ、興味のあるトピックを判定します。そのトピックにもとづき、興味があると思われる投稿を順に表示していきます。

発見タブに表示されるコンテンツを決める重要なシグナルは、おおよそ重要な順に以下の通りです。

1.投稿に関する情報

発見タブでは、投稿の人気度が重要です。人気度は、他のユーザーが「いいね!」「コメント」「保存」した数と、そのリアクションの素早さをシグナルとして見ています。この反応数や反応の速さは、フィードやストーリーズよりも発見タブで重要なシグナルです。

2.投稿者とのやりとりの履歴

過去にやりとりしたことのある、フォローしていないアカウントからのコンテンツは優先して表示されます。例えば過去に「いいね!」はしたけどフォローはしていないアカウントからの次のコンテンツなどです。

3.閲覧者のアクティビティ

閲覧者が過去に「いいね!」したり、保存したり、コメントしたりした投稿や、発見タブでどのような行動を取っていたかがシグナルとなります。これらのアクティビティから、どんな投稿に関心を持っているかを判別します。

4.投稿者の情報

過去数週間にインタラクションを集めたコンテンツを投稿しているユーザーの投稿が表示されます。これによって、幅広い人々の魅力的なコンテンツに接触する機会を作っています。

また発見タブでは、推奨ガイドラインが適用されます。これによって、不快感を与える投稿やセンシティブな投稿はおすすめされないようにランクが下げられます。推奨ガイドラインでは成人向けサービスの推奨も規制されているため、タバコや電子タバコなどの使用を促すコンテンツは、発見タブやリールタブで表示されないようになっています。

再投稿コンテンツよりもオリジナルコンテンツが評価されます。これは、TikTokなど他のSNSで作成したコンテンツで、ロゴや透かしのあるリサイクルコンテンツも同様で、リールタブや発見タブでレコメンドされる可能性が下がります。同様に、解像度の低い動画や政治的問題に焦点を当てた動画、政治家や政党によって作られたリールも表示が避けられています。

5.Instagramでの表示をコントロールする方法

Instagramのアルゴリズムによってフィード、ストーリーズ、発見タブ、リールにおける表示がパーソナライズされていますが、自分に表示させるコンテンツをある程度制御することができます。

5-1.親しい友達を選ぶ

「親しい友達」機能はInstagramストーリーズで、自分で選んだ人・グループにのみストーリーズをシェアできる機能です。

知り合いのみにストーリーズを共有したいときに使えます。

親しい友達の設定手順▼

  1. 自分のプロフィール画面を表示
  2. 右上のメニューボタンから「親しい友達」をタップ
  3. 親しい友達リストに追加したいユーザーの横にある「追加」をタップ。ユーザーは上部の検索ボックスから検索できる。

5-2.おすすめされた投稿を「興味なし」としてマークする

おすすめされた投稿が気に入らない場合は、おすすめされた投稿を「興味なし」としてマークできます。

興味なしとしてマークされた投稿および関連するカテゴリーの投稿はInstagramのアルゴリズムにより極力おすすめ表示されないようになります。

おすすめ投稿を「興味なし」としてマークする手順▼

  1. 興味のない投稿をタップ
  2. 投稿の「…」(オプション)ボタンをタップ
  3. 「興味なし」をタップ

5-3.興味ないユーザーをミュートする

興味ないユーザーはフォローを外せば済みます。

もし「表示されている投稿とユーザーに興味がない。でもフォロー外すのは気まずい」という場合はユーザー単位でミュートできます。

ミュートされたアカウントはフォローされたままになりますが、投稿が自分に表示されなくなり、ミュートされたことは相手に通知されません。

興味無いユーザーをミュートにする手順▼

  1. 興味ないユーザーの投稿を表示
  2. 投稿の「…」(オプション)ボタンをタップ
  3. 「投稿をミュート」または「投稿とストーリーズをミュート」をタップ

6.Instagramアルゴリズムその他の注意点

続いてInstagramアルゴリズムのその他の注意点を紹介しましょう。

6-1.Instagram利用規約・ガイドライン違反は投稿が削除されたり、最悪アカウントが凍結される

Instagramでは人々の安全を守るためにコミュニティガイドラインを定めています。

このガイドラインに違反した投稿は表示回数が減ったり、削除されます。

具体的には、暴力的なコンテンツ、センシティブなコンテンツ、タバコや電子タバコのコンテンツは表示されません。

さらに、ガイドライン違反を繰り返すと、投稿自体ができなくなり、最終的にはInstagramアカウントが凍結されますので注意しましょう。

6-2.不確かな情報や誤った情報も表示されにくくなる、あるいは排除される

Instagramでの投稿は信頼のおけるものでなくてはなりません。

事実関係が確認できていない不確かな情報や、誤り・ウソの情報はInstagramアルゴリズムによって排除されますので情報の信ぴょう性にも気を配りましょう。

7.まとめ

Instagramのアルゴリズムを理解することで、シグナルを高める(獲得する)ために、どのようなコンテンツを投稿すればいいのかヒントを得ることができ、コンテンツを優先的に表示されるよう改善できます。

とはいえ、最も重要なのは自分のフォロワーがより楽しめる・有益だと感じてもらえるコンテンツです。

まずは「コンテンツの質」を磨き、ヒントとして今回紹介したいくつかの要素を意識して取り入れていくとよいでしょう。

【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?