用語解説

オピニオンリーダーとは?彼ら彼女らを巻き込んでメジャー化を狙え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「オピニオンリーダー」という言葉に聞き覚えはないでしょうか?

マーケターの方やPR・広報を担当している方なら時折耳にするであろう「オピニオンリーダー」
本記事ではオピニオンリーダーが一体何を指すのか、どういった人なのかを解説します。

オピニオンリーダーとは?

オピニオンリーダーとは、流行に敏感で自ら積極的に情報収集を行う、いわば「トレンドを作り出す人」のことを指します。

キャズム理論でいうところのアーリーアダプターである、と捉えても間違いではありません。
彼ら・彼女らが新製品や流行を取り込み、好印象をもったときにそれが市場に受け入れられていく流れが生まれます。

画像の引用元: ITmedia – キャズム

イノベーターとの違いは、「市場に受け入れられるかどうか」という要素の有無です。
イノベーターは「新しい」「革新的である」というだけで飛びつきますが、オピニオンリーダーの感性はより一般的な人々・マスな存在に近いため、「オピニオンリーダーが受け入れるかどうか」が「市場にも受け入れられるか」の試金石となります。

 

マジョリティーとの関係

マジョリティー層はキャズム理論においてアーリーマジョリティーとレイトマジョリティーに分けられています。
分かれてはいるものの、「他の人が使っているかどうか」でアクションを行うという共通の特性を持っています。

この「他の人が使っているか」という判断に大きな影響を及ぼすのがオピニオンリーダーであり、アーリーアダプターの層です。

マジョリティーが普段目にしているSNSやメディア、雑誌やテレビなどでオピニオンリーダーが新製品やブランド・サービスの利用をしていることを知ったとき、マジョリティーは「これが今の流行なのか。乗り遅れてはいけない。」「こういうものがあるのか。使ってみよう。」といった反応をします。

わかりやすい例がファッションです。
ファッション誌でモデルや読モが流行を取り入れたファッションをしているのを見た読者層が、それを真似したファッションを取り入れていきます。

 

オピニオンリーダーを巻き込んでメジャー・マスを狙え!

SNSが生活に密着している現在、オピニオンリーダーは「インフルエンサー」とも呼ばれます。
インフルエンサー、つまり拡散力を持ち始めているのです。

従来は雑誌やテレビで知っていた「最先端の流行」は、今ではSNSで知るものになっています。
そのSNS上で、最先端の流行を取り入れた投稿をし、かつ多くのフォロワーを抱えているインフルエンサー。

彼ら・彼女らに製品やサービスを知ってもらい、受け入れられ、その先にいるマジョリティー層に届けてもらう。
これからはこのフローを重視したマーケティング戦略の立案や施策の実行を行うことが大切です。

オピニオンリーダー、つまりはインフルエンサーを活用するマーケティング方法はいくつかありますが、本ブログでもその概要についてまとめているので、是非そちらもご覧ください!

いま流行りのインフルエンサーマーケティングとは?事例や定義を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

データに基づいた最先端のインフルエンサーマーケティングなら

マイクロインフルエンサーも含めたインフルエンサーの特定・分析なら、

日本最大級の総合インフルエンサーデータベースを抱えるmisosil(ミソシル)へご相談ください!

インフルエンサーを活用したSNSキャンペーンのモニタリングや効果分析ツール「Tofu Analytics」なら広告効果や拡散に貢献しているインフルエンサーが一目瞭然。

独自のAIを駆使した分析技術で他社が抱えるインフルエンサーも含めて客観的に分析することが可能です。

また、インフルエンサー限定で格安でサンプリングすることができる「Tofu Experience」も新登場。

詳細はこちら